FX専業 フォレックスマーケット日々の市況

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。⇦ でしたが、指標や市況をお伝えする感じに変更となりました。

2021/12/02 戦績

 2021/12/02 木曜日 戦績

USDJPY        +105,700円

EURUSD         +66,106円

GBPUSD        +171,935円

AUDUSD         +23,499円

NZDUSD         +28,137円

USDCAD         +54,089円

USDCHF         +23,281円

EURJPY        +112,300円

GBPJPY        +462,900円

AUDJPY         +51,600円

NZDJPY         +73,300円

CADJPY         +96,100円

CHFJPY         +58,300円

EURGBP          +4,313円

EURCHF                -

TOTAL       +1,331,560円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +3,828,075円

 

月間戦績(12月)

TOTAL       +2,487,955円

 

月間戦績(11月)

TOTAL      +23,761,184円

 

年間戦績(2021年)

TOTAL     +240,990,650円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +866,241,056円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +2,246,241,071円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

昨日12月2日木曜日早朝4時、米FRBが次回FOMCで議題のたたき台になるベージュブックを公開しました。

jp.reuters.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

www.bloomberg.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

ぶっちゃけ次回のFOMCの方針は、つい先日パウエル議長が発言した「テーパリング前倒し話し合うゼ!」と言う内容を決め打ちしたい市場の皆さんは、ベージュブックの内容を精査したくない雰囲気だったため、今回は完全スルーすると思っておりましたところ、予想通り派手にスルーして下さいました⇩

まあ、それでも一応はベージュブック発表直前の10分くらい前から 7~8Pipsくらいドル売り入ってた?って感じで、公開された午前4時にはピコって一瞬だけ反応したような気もするんですが、単にスプレッドの広がりをビジュアル化しただけのような気もします(笑)。ああ、Bid描画だからスプレッドの広がりだと逆なのね?

 

昨日の外国為替相場ですが、新型コロナウイルスの変異株情報待ちなのか、あるいは雇用統計待ちなのか分かりませんが、あまり動かなくなってしまいましたが、望みすぎでしょうかね?⇩

日本時間で日付が変わりニューヨーク時間本番にどう動いたのかは分かりませんが、本日の雇用統計には若干期待をしておりますのでよろしくお願いしたいところです。


 

誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます。が、先週は祝日の関係で日本時間で土曜日の発表が無く、日本時間で今週火曜日の発表となっておりました。

IMMポジション(2021年11月23日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 20,285 117,538 -97,253 -4,127
EUR (099741) 204,214 220,666 -16,452 -12,626
GBP (096742) 50,122 84,701 -34,579 -2,980
CAD (090741) 44,320 47,455 -3,135 -11,844
CHF (092741) 6,241 17,617 -11,376 -2,487
AUD (232741) 40,523 103,788 -63,265 -2,112
NZD (112741) 27,835 13,896 +13,939 -26
RUB (089741) 25,617 7,553 +18,064 -4,561
VIX (1170E1) 39,888 121,824 -81,936 -19,449
金Gold (088691) 326,409 91,998 +234,411 -25,369
パラジウム(075651) 2,992 4,758 -1,766 +272
原油 (067651) 510,586 102,929 +407,657 -8,128

 

IMMポジション(2021年11月16日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 24,635 117,761 -93,126 +12,225
EUR (099741) 198,181 202,007 -3,826 -7,599
GBP (096742) 50,443 82,042 -31,599 -19,506
CAD (090741) 44,147 35,438 +8,709 +3,605
CHF (092741) 5,502 14,391 -8,889 +8,154
AUD (232741) 30,760 91,913 -61,153 +2,271
NZD (112741) 26,388 12,423 +13,965 +1,083
RUB (089741) 30,357 7,732 +22,625 +1,922
VIX (1170E1) 70,188 132,675 -62,487 +17,434
金Gold (088691) 360,529 100,749 +259,780 +9,599
パラジウム(075651) 3,108 5,146 -2,038 +916
原油 (067651) 510,169 94,384 +415,785 -5,527
過去のIMMポジション
fxse.hatenablog.jp

この上の数値は11月23日火曜日の数字でして、あのVIX急上昇があった少し前です。いつも思うんですが、VIXの急変前に「そこ、そっち動いていたら損するだろ?」と言う動きをすることが多く、今回もロング持ったままなら爆益だったのにって思うんですが、どうなってるんですかね?「先物だからヘッジなんだし、いいんじゃねえの?」と思う方もおられるかもしれませんが、この発表されてる数字は、ヘッジとして建てている分と、純粋に値動きを追求している分は別カウントになってます。

CFTCが発表するIMMポジションは、こんな風になってまして⇩

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/fxse/20170604/20170604092833.png

通常我々のような外為市場で博打してる者は、赤枠で囲った NON-COMMERCIAL(非実需) の方を気にしており、毎週の集計もこちらの数字となってます。一つ右側には、NONが付いてない COMMERCIAL(実需) があり、こちらが「実需としてヘッジしている分」になってますから、ヘッジで利用してる人がいるから市場の値動きと逆向きでいいわけでもありません。まあ、いろいろあるんでしょう。⇦ これで片付ける(笑)

ついでなので、もう少し細かく説明しますと、赤枠で囲った NON-COMMERCIAL(非実需)の下「LONG」と「SHORT」の右側に「SPREADS」と言うものがあります。これは、トレーダーからの報告書を吟味して、両建てになっている LONG と SHORT の両ポジションを推定した合計の半分になります。NON-COMMERCIAL(非実需)の右、COMMERCIAL(実需)は上に書いた通りで、更に右の TOTAL は LONG と SHORT のそれぞれ合計なんですが、非実需と実需の LONG と SHORT のそれぞれの数字と、更に双方とも SPREADS を含めた数字が合計の数字になっててややこしいです。一番右側の「NONREPORTABLE POSITIONS」ですが、これはそのままの意味の報告されてないポジションで、報告義務がない小規模のトレーダーなんかの積み上げられた数量と言う事になります。

用語の説明は CFTCの公式ページにもあります⇩

www.cftc.gov

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

上の説明は、そもそも公式ページ見ながら書いただけですし(笑)。


 

いつもと同じように、昨日の指標結果を貼っておきます。

日本国11月
0850JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
マネタリーベース
(前比)
 +9.9%  +9.3%
マネタリーベース
季節調整(前比)
 +4.7%  +8.5%
マネタリーベース(月末残高) 664兆0289億円 660兆4444億円
オーストラリア10月
0930JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
貿易収支 +118.24億豪ドル
+122.43億豪ドル
+110.00億豪ドル +112.20億豪ドル
オーストラリア10月
0930JST
前回値
(速報値)
市場予想
(中心値)
結果
小売売上高
(前比)
確定値
+4.9% +4.9% +4.9%
オーストラリア10月
0930JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
住宅ローン残高
(前比)
 -1.4% +1.5%  -2.5%
住宅ローン残高
居住用物件(前比)
 -2.7% +3.0%  -2.5%
住宅ローン残高
投資用物件(前比)
+1.4% +6.0% +1.1%
日本国11月
1400JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者態度指数
季節調整(二人以上世帯)
39.2 40.3 39.2
消費者態度指数
(二人以上世帯)
39.2 39.2
消費者態度指数
(単身世帯)
39.3 39.4
消費者態度指数
(総世帯)
39.2 39.3
スイス10月
1630JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比) +0.1% +0.1% +0.7%
小売売上高(前比) +2.6%
+2.5%
+0.6% +1.2%
スペイン11月
1700JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
失業者数増減     -734人 +12,000人  -74,381人
イタリア10月
1800JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
失業率  9.2%  9.1%  9.4%
ユーロ圏10月
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
失業率 7.4% 7.3% 7.3%
ユーロ圏10月
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
生産者物価指数(前比)  +2.8%
 +2.7%
 +3.5%  +5.4%
生産者物価指数(前比) +16.1%
+16.0%
+19.0% +21.9%
IRL第3四半期(7-9月)
2000JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
建設部門生産高(前比) +28.4%
+26.3%
  -1.4%
米国10月
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
企業人員削減数(前比)
(チャレンジャー社)
 -71.7%  -77.0%
企業人員削減人数
(チャレンジャー社)
 22,822人  14,875人
米国 週次
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
新規失業保険申請件数  19.4万件
 19.9万件
 24.0万件  22.2万件
失業保険継続受給件数 206.3万件
204.9万件
200.0万件 195.6万件

 


=別表= 購買担当者景気指数(製造業) 追加12/02

カザフスタン11月
12/02 1500JST
前回値 結果
製造業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
51.6 49.9
シンガポール11月
12/02 2200JST
前回値 結果
製造業購買担当者景気指数 50.8 50.6

 


=別表= 米国 EIA週間天然ガス在庫集計

米国 EIA週間天然ガス在庫集計
(11/26分)

2430JST
前回値 市場予想 結果
天然ガス在庫(前比)  -21Bcf  -57Bcf  -59Bcf

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら