FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2021/09/13 戦績

 2021/09/13 月曜日 戦績

USDJPY         +47,500円

EURUSD         +42,168円

GBPUSD         +57,909円

AUDUSD          +2,869円

NZDUSD          +3,833円

USDCAD          +4,397円

USDCHF         +32,748円

EURJPY         +28,800円

GBPJPY         +31,600円

AUDJPY          +7,900円

NZDJPY          +8,400円

CADJPY         +26,500円

CHFJPY         +37,600円

EURGBP         +13,546円

EURCHF                -

TOTAL         +345,770円

 

週間戦績(当週)

TOTAL         +345,770円

 

月間戦績(9月)

TOTAL       +8,265,689円

 

年間戦績(2021年)

TOTAL     +177,176,637円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +802,427,043円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +2,182,427,058円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

昨日、東京時間後場から米ドル買いが始まりまして、「今週は米ドル買いから始まったか~」と思っておりましたところ、欧州序盤でもう失速し、ニューヨーク時間が近づくともう売りに入ってました。おい、ちょっと短期過ぎないか?⇩

ああ、そうでもないか。ニューヨーカーがその日の全部を否定するのはよく見る光景だった(笑)。そんな中、東京時間からの米ドル買いの流れに同調せず頑張った通貨がありました。加ドルです⇩

金融系メディアの御高説では、WTI原油価格が堅調で70ドルを超えてきており、その流れを受け加ドルが買われているそうでして、普段ならその手のニュースは穿って(うがって)見るところ、私は加ドルと原油が大好きなので「そうか、そうか、そうだろう」と、認知バイアスバリバリで全肯定しておきました(笑)。まあ、およそ人ってそんなものです。


 

いつもと同じように、昨日の指標結果を貼っておきます。

日本国第3四半期(7-9月)
0850JST
前回調査
現状判断
前回調査
見通し
結果
法人企業景気予測調査
現状判断(大企業・全産業)
 -4.7 +7.7 +3.3
  法人企業景気予測調査
現状判断(大企業・製造業)
 -1.4 +9.9 +7.0
  法人企業景気予測調査
現状判断(大企業・非製造業)
 -6.2 +6.7 +1.5
日本国8月
0850JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
企業物価指数(前比) +1.1% +0.2%   0.0%
企業物価指数(前比) +5.6% +5.6% +5.5%
ドイツ8月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
卸売物価指数(前比)  +1.1%  +0.5%
卸売物価指数(前比) +11.3% +12.3%
スイス 週次
1700JST
前回値 結果
当座預金残高(国内銀行のみ) 6兆3647.1億CHF 6兆3593.2億CHF
当座預金残高(外国銀行含む) 7兆1493.5億CHF 7兆1482.1億CHF
イタリア第2四半期(4-6月)
1700JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
失業率 10.1%
10.4%
 9.7%  9.8%

 


=別表= 購買担当者景気指数(建設業) 追加09/13

アイルランド8月
09/13 0901JST
前回値 結果
建設業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
62.8 57.5

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら