FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2021/07/03 戦績

 2021/07/03 土曜日 戦績

USDJPY         +17,700円

EURUSD         +28,127円

GBPUSD         +41,859円

AUDUSD          +6,525円

NZDUSD          +6,903円

USDCAD         +16,252円

USDCHF          +9,288円

EURJPY         +19,500円

GBPJPY         +33,200円

AUDJPY          +8,100円

NZDJPY          +5,800円

CADJPY         +11,000円

CHFJPY          +7,400円

EURGBP          +4,341円

EURCHF                -

TOTAL         +215,995円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +4,819,232円

 

月間戦績(7月)

TOTAL       +2,359,276円

 

月間戦績(6月)

TOTAL      +23,728,605円

 

年間戦績(2021年)

TOTAL     +130,647,094円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +755,897,500円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +2,135,897,515円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

この一週間、基本的にはドル高の流れだったものの、最後金曜日のニューヨーク時間に失速した感じでして、パッと見は雇用統計を受けてのドル売りのようにも見えるんですが⇩

どうなんですかね?週末にかかってしまっているんで、果たして本当に雇用統計(失業率悪化)を受けたドル買い終焉なのか、あるいは単に週末に備えたポジション整理&利益確定だったのか。

本日7月4日の日曜日はアメリカが独立記念日の祝日となっておりまして、翌日となる7月5日月曜日も振替休日の連休となっております。その辺りも金曜日の取引には影響していると思われまして、だとすると、ポジション整理&利益確定の売りが入ったであろう事を差っ引いて考えると、雇用統計の結果は関係無かったのではなかろうか?と思うところです。

 

ちなみに、なんでいつもお得意のドル円のチャートではなくユーロドル⇧のチャートなんか使ったのかと言いますと・・・・・・

ドル円のチャート⇩が酷い(笑)

なんとも言えない値動き・・・・・・ 

明日からの一週間は、たぶんドル円もキレイなチャートを描いてくれると信じております。⇦ かなり願望(笑)。 


 

さあ、誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます。

 

IMMポジション(2021年06月29日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 27,380 97,275 -69,895 -16,033
EUR (099741) 209,058 121,912 +87,146 -1,911
GBP (096742) 51,596 33,873 +17,723 -204
CAD (090741) 68,301 22,500 +45,801 +2,576
CHF (092741) 18,941 7,876 +11,065 -2,487
AUD (232741) 48,824 66,624 -17,800 -225
NZD (112741) 19,914 16,790 +3,124 -162
RUB (089741) 18,924 8,586 +10,338 +242
VIX (1170E1) 79,194 145,885 -66,691 -4,915
金Gold (088691) 254,206 91,980 +162,226 -3,988
パラジウム(075651) 4,474 3,066 +1,408 +336
原油 (067651) 664,867 142,377 +522,490 -3,671

 

IMMポジション(2021年06月22日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 34,118 87,980 -53,862 -7,012
EUR (099741) 207,863 118,806 +89,057 -29,129
GBP (096742) 51,445 33,518 +17,927 -14,243
CAD (090741) 69,074 25,849 +43,225 -1,029
CHF (092741) 20,980 7,428 +13,552 +4,165
AUD (232741) 56,133 73,708 -17,575 +305
NZD (112741) 19,171 15,885 +3,286 +21
RUB (089741) 15,495 5,399 +10,096 +8,192
VIX (1170E1) 73,154 134,930 -61,776 +6,971
金Gold (088691) 253,153 86,939 +166,214 -25,822
パラジウム(075651) 4,474 3,402 +1,072 -1,331
原油 (067651) 669,980 143,819 +526,161 +2,205

 

過去のIMMポジション
fxse.hatenablog.jp

きたきた!って感じの円ショート拡大です。ただ、実は今回のショート拡大はドル円の値動きには大きく影響していないと言うか、全く影響していないと言っても過言ではなく、このIMMポジションの集計期間をチャートに重ねてみますと⇩

ね?今回発表になった6月29日現在のショート分は全く機能しておらず、むしろ微妙に円が買われているような感じになってます。もちろん、スポットの値動きが先物のポジションに絶対に追従するわけではなく、多くの場合は相互に影響しあっているだけでして、こんな動きも珍しくはありません。注意したいところは、間違いなく先物で円ショートが積み上がっていると言う事でして、この火曜日29日現在で約マイナス7万もの積み上がった円ショートが一気に開放でもされたら、現在の円売りの相場観を反転させるだけの力はあるかと思われます。7万のショートポジション、金額にして約8700億円の円売りです。いや~、一気開放来ねえかな~(笑)。


 

昨日の東京は、前日まで「一日中雨」と予報されていたんですが、なんと雨が途切れてくれましてお買い物に行く事ができました。まあ、別に雨でもお買い物くらい行かれるんですけど(笑)。

この時期、どうしても予想は外れやすいでしょうから、「天気予報ハズレたハズレた」と大騒ぎしているだけでなく、いつでも出かけられる用意だけしておいて、一瞬晴れたらパッと出かけられるようにするのも必要でしょう。あるいは、雨が降っている時は人出が少ないでしょうから、そこを狙って行くのもアリかと思います。

今日も一日雨の予報ですが、お空の様子を伺いながら過ごしたいと思います。みなさんも、どうか良い日曜日をお過ごしください。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら