FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2020/07/06 戦績

 2020/07/06 月曜日 戦績

USDJPY         +27,300円

EURUSD         +97,523円

GBPUSD         +43,068円

AUDUSD         +12,164円

NZDUSD         +16,225円

USDCAD          +6,828円

USDCHF         +54,973円

EURJPY        +108,800円

GBPJPY         +49,400円

AUDJPY         +10,200円

NZDJPY         +14,500円

CADJPY         +17,500円

CHFJPY         +61,100円

EURGBP          +8,705円

EURCHF          +5,442円

TOTAL         +533,728円

 

週間戦績(当週)

TOTAL         +533,728円

 

月間戦績(07月)

TOTAL       +4,312,668円

 

年間戦績(2020年)

TOTAL     +272,218,488円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +466,311,977円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,846,311,992円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

基本的にはドル売りの一日だったように見えますが、ユーロ以外では随分と細かい挙動をしながらの値動きでして、ほとんどの通貨が対ユーロ=クロスドルの値をドルストレートが収束するためだけに引き起こされたドル売りだったように思えます。難しい表現ですよね、英語で書いても難しいものを日本語にしているので、書いてる本人も正しい日本語表現なのかどうか分かりません(笑)。

簡単に言えば、ユーロ以外は動くつもりが無かったのに、ユーロが対ドルで動いてしまったので、仕方なくユーロ以外の通貨も動いた。ってところかなと思います。

動きたくないなら別に動かなくてもいいじゃん?と思うかもしれませんが、「ええ動きたくないから動いてないんです」けど「クロスドルとの価格差」 が発生するので、誰かがその価格差を埋めて利益を取る行動に出るため、勝手に動くんです。よく言われるアービトラージ取引がユーロを中心にして世界中の通貨を対象に発生したのでしょう。そのため、ユーロドル以外のチャートはグッチャグチャ。

実際、昨日はカナダドルやスイスフランなどで、対ドル・対ユーロの価格乖離が幾度も発生してまして、最近はユーロドルならスプレッドはゼロコンマ何pipと言うFX業者がほとんどでしょうから、一般のFX業者を使っててもアービトラージ取引が成功するような場面がいつも以上にあったようです。

もっとも、そんな相場になるからと言って急遽アービトラージに注力するなんて事もできません。1日での値動き自体は大きかったものの細かい値動きが多く、いつも通りにシステムトレードしている方としては、あまりありがたい相場では無かったのですが。しかも月曜日ですし、これが火曜日以降ならもうちょっとマシに数字が取れたんでしょうけど。

 

ほとんど一本調子で売られ続けてきた米ドルですが、午後10時45分に発表されたマークイット社の米サービス業・米複合それぞれの購買担当者景況指数(PMI)が前回値より大幅に改善し、先月23日に発表されていた速報集計値(フラッシュ値)よりも更に上昇していた事から、この指標の評価と言うよりも、その15分後の午後11時に発表される米ISM非製造業景況指数への期待感からなのか徐々に米ドル売りの力が弱まり、

実際に数字が出たところ、事前の市場予想を大幅に上回る上げ幅で、更にもう一段のドル買いが入ったようです。 

米国4月
2300JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
ISM非製造業景況指数 45.4 50.0 57.1

昨日は、その後ダウが高くなったりした割にはドル買いが継続するわけでもなく、対ユーロで売られなくなった程度が限界だったようです。


 

いつもと同じように、昨日の指標結果を貼っておきます。

ドイツ5月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
製造業新規受注(前比)  -26.2%
 -25.8%
+15.4% +10.4%
製造業新規受注(前比)  -36.9%
 -36.6%
 -24.0%  -29.3%
スペイン5月
1600JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
鉱工業生産
(前比)
-34.1%
-33.6%
-18.5% -24.5%
スイス 週次(07/03分)
1700JST
前回値 結果
当座預金残高(国内銀行のみ) 6兆0247.9億スイスフラン 6兆0592.0億スイスフラン
当座預金残高(外国銀行含む) 6兆8302.3億スイスフラン 6兆8702.3億スイスフラン
ユーロ圏5月
1800JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比)  -12.1%
 -11.7%
+15.0% +17.8%
小売売上高(前比) -19.6%  -6.5%  -5.1%
米国6月
2300JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
ISM非製造業景況指数 45.4 50.0 57.1
ISM非製造業雇用指数 31.8 43.1

 


=別表= 購買担当者景気指数(建設業) 最新07/06

ドイツ6月
07/06 1630JST
前回値 結果
建設業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
40.1 41.3
フランス6月
07/06 1630JST
前回値 結果
建設業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
32.4 53.8
イタリア6月
07/06 1630JST
前回値 結果
建設業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
51.0 51.6
ユーロ圏6月
07/06 1630JST
前回値 結果
建設業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
39.5 48.3
英国6月
07/06 1730JST
前回値 結果
建設業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
28.9 55.3

 


=別表= 購買担当者景気指数(サービス業・複合) 最新07/06 Updated

米国6月
07/06 2245JST
前回値 結果
サービス業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
37.5 47.9
(複合)購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
37.0 47.9
グローバル(全世界)6月
07/06 2400JST
(07/07 0000JST)
前回値 結果
サービス業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
35.1
35.2
48.0
(複合)購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
36.3 47.7
購買担当者景気指数 -続き(前日までの発表)を展開⇩- 合計17ヶ国・地域

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら