FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2020/06/03 戦績

 2020/06/03 水曜日 戦績

USDJPY        +157,600円

EURUSD        +152,429円

GBPUSD        +549,126円

AUDUSD         +58,326円

NZDUSD         +61,477円

USDCAD         +56,538円

USDCHF         +38,095円

EURJPY        +236,100円

GBPJPY        +467,300円

AUDJPY         +44,400円

NZDJPY         +47,600円

CADJPY         +95,000円

CHFJPY         +43,400円

EURGBP         +32,992円

EURCHF        +113,439円

TOTAL       +2,153,822円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +5,362,554円

 

月間戦績(06月)

TOTAL       +5,362,554円

 

年間戦績(2020年)

TOTAL     +243,424,573円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +437,518,062円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,817,518,077円

 

昨日午後11時、カナダ中銀のカナダ銀行が今後の金融政策を発表しまして、政策金利は事前の市場予想通り 0.25%の据え置き、 

カナダ銀行(中央銀行)
06/03 2300JST
現状 市場予想 結果
翌日物金利誘導目標
(政策金利)
0.25% 0.25% 0.25%

また、カナダ銀行の世界経済に対する見解としては「新型コロナウイルスの影響はピークに達した」つまり、悪影響は底打ちしたとの判断です。

jp.reuters.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

また、カナダ国内だけの影響に対しても⇩このように予想してります。

the Bank expects the economy to resume growth in the third quarter.
我々は、第3四半期には経済が成長へ戻ると予想しています。

第3四半期に経済成長へと戻るだろうと言う見解、 米国家経済会議のクドロー委員長も3月くらいからずっと言っておりまして、カナダ銀行が言うとある種の信用できそうな見解に思えるのに、クドロー委員長が言うと信じ難くなる違い(笑)。

昨日のカナダドルは、金融政策発表を控えて東京時間から若干売られ気味で、欧州時間に入ってからは明確に売られていたのですが、この発表を受けて急激に買い戻しが入りました。ただ、東京時間に付けていたカナダドル高値をサポートとして、それ以上の高値を追うような勢いも感じられず、

5分足のチャート⇧で見るとグチャグチャしていて激しい値動きのようにも感じるんですが、1分足のチャート⇩で見ますと秩序的な値動きをしております。

それでも、システムトレード的には不得意な値動きだったようで、昨日までの美しいカナダドル買い相場で積み重ねた含み益ポジションを随分と吐き出してくれた日になってしまったようです。全然悔しく、ても仕方有りません。 

 

それと、注目しておりました米ADP社の全米雇用レポートが昨日午後9時15分に発表になりました。結果は事前の市場予想を大幅に上回るマイナス幅の減少でした。

米国4月
2115JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
ADP全米雇用報告
(前比)
-1955.7万人
-2023.6万人
 -900.0万人 -276.0万人

外国為替市場としては若干の反応を示したものの、大きくても発表前後の数十分で20~30pipsでして、数字からした時のインパクトには欠けます。ニューヨーク証券取引所のオープン前の時間ですので株式市場への直接影響はなく、指数先物取引でも大きく動いた感じもありませんでした。一番影響があったと思われるのが米国債価格でして、米国10年債利回りで見ますと、ADP全米雇用レポートが発表した瞬間からニューヨーク証券取引所のオープン午後10時半まで利回りを伸ばし、

午後11時に発表されたISM非製造業景況指数も、前回値や事前の市場予想より上回ったため、それも素直に受け止め更に上昇、

米国4月
2300JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
ISM非製造業景況指数 41.8 44.0 45.4

やはり、国内だけの事情で完結できる債券市場は動きやすいのでしょう。


 

いつもと同じように、指標結果を貼っておきます。昨日は、なにしろ購買担当者景気指数(PMI)が、多くて、多くて(笑)。

豪州第1四半期(1-3月)
1030JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
国内総生産(GDP)速報値
(前比)
+0.5%  -0.4%  -0.3%
国内総生産(GDP)速報値
(前比)
+2.2% +1.4% +1.4%
オーストラリア4月
1030JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
住宅建設許可件数(前比)  -2.6%
 -4.0%
-15.0%  -1.8%
住宅建設許可件数(前比) +1.9%
+0.2%
 -5.0% +5.7%
スイス第1四半期(1-3月)
1445JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
国内総生産(GDP)
(前比)
+0.3%  -2.1%  -2.6%
国内総生産(GDP)
(前比)
+1.6%
+1.5%
 -0.9%  -1.3%
ドイツ5月
1655JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
失業者数(増減) +37.20万人
+37.30万人
+20.00万人 +23.80万人
失業率 5.8% 6.2% 6.3%
ユーロ圏4月
1800JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
生産者物価指数(前比)  -1.5%  -1.8%  -2.0%
生産者物価指数(前比)  -2.8%  -4.2%  -4.5%
ユーロ圏4月
1800JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
失業率 7.1%
7.4%
8.2% 7.3%
米国4月
2115JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
ADP全米雇用報告
(前比)
-1955.7万人
-2023.6万人
 -900.0万人  -276.0万人
カナダ第1四半期(1-3月)
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
労働生産性(前期比)  -0.1% +1.2% +3.4%
米国4月
2300JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
ISM非製造業景況指数 41.8 44.0 45.4
ISM非製造業雇用指数 30.0 31.8
米国4月
2300JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
製造業受注(前比) -11.0%
-10.3%
-14.0% -13.0%
製造業受注・輸送機器除く
(前比)
 -4.0%
 -3.7%
 -9.0%  -8.5%

 


=別表= 購買担当者景気指数(サービス業・複合) 最新06/03

オーストラリア5月
06/03 0700JST
前回値 結果
サービス業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
19.5 26.9
(複合)購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
21.7 28.1
日本国5月
06/03 0930JST
前回値 結果
サービス業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
21.5 26.5
(複合)購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
25.8 27.8
購買担当者景気指数 -続きを展開⇩- 合計16ヶ国・地域

グローバル(全世界)5月
06/03 2400JST
(06/04 0000JST)
前回値 結果
サービス業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
23.7
24.0
35.2
(複合)購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
26.2
26.5
36.3

 


=別表= 購買担当者景気指数(全産業) 最新06/03

香港5月
06/03 0930JST
前回値 結果
(全産業)購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
36.9 43.9
購買担当者景気指数(全産業) -続きを展開⇩- 合計11ヶ国・地域

ガーナ5月
06/03 1800JST
前回値 結果
(全産業)購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
31.7 46.7

 


=別表= 購買担当者景気指数(製造業) 最新06/03 Updated

シンガポール5月
06/03 2200JST
前回値 結果
製造業購買担当者景気指数 44.7 46.8
購買担当者景気指数(製造業) -続き(前日までの発表)を展開⇩- 合計38ヶ国・地域

 


=別表= 米国 EIA週間燃油在庫集計

米国 EIA週間燃油在庫集計
(05/29分)

2330JST
前回値 結果
原油在庫(前比) +792.8万バレル   -207.7万バレル  
ガソリン在庫(前比) -72.4万バレル   +279.5万バレル  
中間留分在庫(前比) +549.5万バレル   +993.4万バレル  
クッシング原油在庫(前比) -339.5万バレル   -173.9万バレル  
原油輸入量(前比) +206.6万バレル   -63.9万バレル  

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら