FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/07/24 月曜日

なんとまあ、もう7月最終週です。7月が今週で終わりなんですよ!正確に言えば、7月31日が月曜日ですので、本来の最終週ではありませんが、やはり米雇用統計がある週が月初週でその前週が月末週という感覚があります。指標などは完璧にそのスタイルですので、欧州のPMIや米耐久財受注などの比較的重要な指標もあるものの、総じて指標が引き起こす市場の混乱は少なそうです。 

問題は、会合とか会見とか講演とかの要人発言、それと突発する地政学的リスクでしょうか。今日は早速OPECと非OPEC加盟国の閣僚会談とか誰かがセッティングしたらしく、英語的に言えばアレンジなんですが、余計なことしやがって(笑)。原油が動くと資源国通貨が同時に動くもんで、あまりにも動くと対米ドルにも影響が出てきてしまいます。ボラが上がるという意味では構わないのですが、どうせ動く時は悪い影響がある時でしょうから何とも言えません(汗)。

 

そして、今週の最大のイベントと言えば、日本時間で27日木曜日早朝3時にあります、FOMCの金融政策発表です。政策金利だけではありませんので、政策金利発表というFXブローカーの指標一覧の書き方は間違っているのですが、FXやられている皆さんは政策金利しか興味がないのでしょうかね。そもそも、指標として扱われるのがどうかとも思うのですが、まあ、それもどうでもいいや(笑)。 

今回、7月21日現在のFF金利据え置きに対する市場の折込度は、99.9%に到達しておりますので、金利据え置きでは何も変化は無いと思われます。今後どうなるのか、そこが重要でして、それはFOMCの結果を伝えるサマリーに散りばめられているわけです。前回、前々回と違う言い回し、単語、言い換え、それら全てがメッセージです。よく私がFOMC終了後のサマリー、日本語では要約となりますが、それをブログで掲載しているのもそのためでして、自分自身に対して「ちゃんと見るように」と言い聞かせる意味もございます。

 

あともう一点、日本時間で28日金曜日の早朝2時に米7年債の入札がございまして、前々日26日、前日25日のそれぞれ同じ時間にも2年債と5年債の入札があるんですが、今回の10年以下の短期債の中では、当たり前ですが7年債が一番長期債でして、前回の6月には最高落札額がWI取引と言われる前日の取引を1ベーシスポイント近く上昇した価格になってまして、その前5月は逆に1ベーシスポイント下落して入札されてるんです。細かいことはおいておきまして、とりあえず注目してます(笑)。

 


 

子供たちが夏休みに入りまして、普段は学校に行っている子供たちが家におりますと何かと大変かと思います。小学生のうちは一人で家に残せなかったり、中高生になると別の心配が出てきたり。そう言う部分、親だけではなく社会全体で対応できることが重要だと思うのですが、私でもそう思うのですから世の中では当然昔から言われているでしょう。そのうち誰かではなく、そろそろ誰か、その誰かの中に自分が入れないか考える時期なのかもしれません。

さあ、子供たちに負けないように、元気に今週も頑張ってましょう。 

 

 


【おなじみさん限定】つづきは   こちら