読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2017/03/27 月曜日

さあ、もう3月最終週ですよ。今年の四分の一が終わりますよ。

毎月最終週、あの指標が少なくなるときです。なぜ月末に指標が少なくなるのか、それは非常に簡単でして、各種指標って「◯月分」と言う月単位の物が多く、集計が早いものでしたら月が変われば即発表できますし、集計に時間が必要なものでも月半ばには大半が発表可能になるわけです。そして、業務の都合で順番のやりくりが必要な指標があった場合、重要な物は世の中で求められているわけでして、やはり重要な指標から先に集計して発表するでしょう。そのため、月末に重要な指標の集計が残っている事が少ないと言うわけです。

 

今週発表になる指標の中で、比較的注目度合いが高いものと言うと、ドイツIfo景況感指数が本日発表になりまして、同じくドイツのCPIが木曜日、失業者数と失業率が翌金曜日にそれぞれ発表になります。中国のPMIと欧州CPIも金曜日に発表になりまして、これら全部、指標には「3月」との注釈が入っております。 

これ注意しないといけないのは、3月終わってないのに3月の発表ですので、集計期間は3月じゃ無いんです。ですので、普段から発表される指標の注釈期日が集計期間と合致しているのかどうかを確認しておきませんと、別の国や地域で比較する時にズレが生じる場合があるんです。 

 

他に注目の指標としては、アメリカの新規失業保険申請件数ですが、これは毎週の事です(笑)。あと、日本のCPIが2月分、ドイツ小売売上高指数も2月分、カナダのGDPが1月分の発表でして、このあたりは昔からの発表期日を変更していないため、あえて遅い発表にしたままなのでしょう。

 


 

そう言えば、先日の15日に失効するすると言われた「米国債務上限復活するする詐欺祭り」ですが、実際に失効してからは、もう皆さん飽きたのか話題にもなりません(笑)。これ、私も一切書かなかったのは「忘れてただけ」と言う事では無く、今回はもうどうでも良かった(笑)。

いや、米国債発行が出来なくなっても即困るわけでもあるまいし、前回のオバマ大統領の時代に支出カットしたのもパフォーマンスが含まれてたりもしまして、あれも民主党と共和党の上院下院ねじれ議会がゆえの物分りの無さが、結果としてあのようになっただけでして、以前日本でガソリン税の暫定税率維持が与野党間で調整が一致せずに失効し、1ヶ月くらいガソリンが安くなった事がありましたが、あれと同じようなものです。

 

マスコミさん、デフォルト・デフォルト書きたてますが、実際にあの時に仮にオバマ大統領がブチ切れたらどうしたと思いますか?予算なんて関係無くドル刷っちゃえばいいだけです。とにかく平和的に解決しようとする方でしたので長期戦にし、反対している議員にも財政破綻時の怖さを軽く見せた上で合意しただけで、ドル刷るにしても国債発行出来ないなら、最初から債務にせずに「資産」をいきなり無から作り出してしまえばいいだけなんです。インフレ?そりゃインフレになるでしょうけど、たかだか1000億ドル(約10兆円)や1兆億ドル(約100兆円)くらい勝手に市場に米ドル紙幣放出したところで、1%インフレになるんでしょうかね?

無から作り出す資産って何かと言いますと、アメリカ人の大好きな「クウォーターコイン」を金メッキでもして、ダイヤの飾りかなんかで装飾し、財務長官が「100億ドルコイン発行しる」とか言えば終わりです。アメリカの硬貨発行の権限は財務省にありますから。実際、プラチナコイン発行を検討しているとか言う報道もありましたが、あのオバマ大統領でしたらそれは無いと思います。

当然この手法、日本も使えますよ。紙幣は日銀が発行してますが硬貨は財務省が発行してますんで「100兆円記念金貨」かなんか発行して日銀に預ければいいだけの、簡単なお仕事です。ほら、以前書きましたように英国でも1億ポンド(約140億円)紙幣とかもありますし(笑)。まあ、こっちは中央銀行発行なので若干意味が違いますが。

fxse.hatenablog.jp

 

そもそもハードカレンシーの発券国で、いや、ハードカレンシーで無くても少なくてもメジャーカレンシー以上の発券国で、生産能力が高く内需が大きい又は輸出が多い、この条件をクリアしていたら、デフォルトもハイパーインフレも発生しません。日本はどうです?ハードカレンシーの発券国で、生産能力が高く、人口が多いので内需も大きく、輸出はお家芸です。

こんな事、ある程度の大学の経済学部を出ていたら絶対に分かってるハズなんですが、マスコミの方の中にも大量に居ると思うんですよね。まあいいけど。

 


 

子供たちは春休みに入ってまして、朝からずっと子供たちが大騒ぎです。英国からやって来たハトコの彼(3人称)も、その後輩君もおりますし、お姉ちゃん(長女)のお友達も春休みなので遊びに来たり、我が家は大変な騒ぎになっております。まあ、大変な騒ぎのメインプレイヤーは、いつでも弟くん(長男)と家政婦さんのお子さんの小学生2人なんですが(笑)。

特に雨なんか降っておりますと、お外に出られないので、どうしても家の中やマンション内で遊ぶ事になってしまいますんで、お察しください。こう言う時に、キッザニアとかカンドゥーに接してるマンションだといいですよね。と思ったけど、実際にそうだと大変なのかな?

 

まあ、雨でもどうしても外に出たいと言う時は、東京は地下街が多いので助かります。東京駅周辺ですと、大手町のほとんど皇居の内堀通りから、東銀座の歌舞伎座の先にある京橋郵便局のあたりまで地下だけで。超長い(汗)。

新宿ですと西新宿の東京医大病院の前あたりから、新宿三丁目を経由して区が変わり渋谷区に入り地区的には南新宿と言われるエリアの高島屋やバスタのあたりまで地下だけで行くことが可能です。雨降ってなくても、子供連れて地下巡りとかも面白いかもしれません。