読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/08/05 戦績

2016/08/05 金曜日 戦績

 


 

通貨ペア(08/05)
USDJPY      +147,500円
EURUSD      +184,722円
GBPUSD      +236,904円
EURJPY*      +27,900円
GBPJPY*      +43,700円
AUDUSD       +32,101円
USDCAD      +404,281円
EURGBP       +14,057円
TOTAL     +1,091,165円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +7,089,530円

 

月間戦績(08月)
TOTAL     +7,089,530円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +198,405,198円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +310,991,473円

 


 

昨日発表になりました米雇用統計、注目の7月非農業部門雇用者数は各社予想のアベレージが +18万人であったものが、結果 +25.5万人と先月の +28.7万人から落ちたものの、今年2番目の結果でした。また失業率は 4.9%と、こちらも過去5年内最低水準の数値でして、雇用関係だけ見ますと、アメリカは完全に好景気とも言える状況です。

大きな数字が出た割に、対ドルストレート通貨の値動きが限定的だった感じがあります。今年の初めくらいまで雇用統計の発表は、政策金利の利上げ根拠の数字として見られている向きが非常に大きなウェイトを占めていたわけですが、ここに来て利上げ予測が微妙な感じになってきまして、数値よりも各連銀総裁の発言を意識している感じも見受けられます。そんな事情が、値動きに反映しているのかなと思います。

 

それでも、やはり雇用統計を受けた瞬時の破壊的な値動きは健在でして、さすがアメリカの最重要指標の1つと言われているだけあります。今回、また発表時刻の一瞬前に、方向感を持った値動きがあったりしまして、なんだかなって言う感じもしますが、そこら辺は昨日のエントリーに少しだけまとめてあります。

fxse.hatenablog.jp

割りと指標時にしてはキレイな値動きでして、飛んだプライス的にも反対方向ポジションに掛けていたストップロスが執行されるのにちょうどいい位の移動量でして、大変満足でございます(笑)。

それにしては「戦績数字が小せえんじゃねえの?」と言うのは、上記昨日のエントリーの前に暇に任せて書いたエントリーがあるのですが、そちらに書いてありまして、別に誘導目的では無いのでここで書いちゃいますと、自動取引を止めておりました。

fxse.hatenablog.jp

そして、8/3分の戦績発表時にクロス円の自動取引をどこかのタイミングで終了させると書いておいたのですが、昨日の指標前に全ての自動取引を一旦停止した時点をもって、終了させる事にしました。

fxse.hatenablog.jp

実際、昨日は仮に雇用統計後に自動取引を再始動させていたとしても、ここ数週間のように大きな利益は取れなかったでしょうし、欧州通貨がメインプレーヤーでなければユーロ円とポンド円の2通貨ペアが来週以降も返り咲く事は無いと思われますので、以前のように基本的には米ドルストレートペアに絞った自動取引にしていきたいと考えております。その分、今までクロス円に使っておりました証拠金が、他のストレートペアの証拠金として充当出来ますので、利益を残してくれると信じております。信じております。 とても大切な事なので、2回いいm……

 


 

さて、今日は午後からちょっとした会合に参加してきます。会議と言うほどの決め事をするわけでもなく、気楽な仲間内でのただの集まりって言うような感じでも無いので、日本語的には会合かな?PTAとかの集まりでも会合って言いますし。

本当は土日は働かないポリシーなんですが、頼まれちゃったので仕方ない。平日にやると言うのであれば仕事を理由に断る事も出来るのしょうが、土日だと逆にそれが難しいので、あえて日程を土日にしたのでは無いかと疑っております。

昨晩は雇用統計もあったのでその準備もあまり出来ず、今朝からやってましたらこんな時間になってしまいました。その割に、雇用統計前に「暇だ」とか言うブログ更新してたり。私、夏休みの宿題と同じように、切羽詰まらないとやらないタイプなんです(笑)。