読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

さっ、雇用統計も終わったし

うん、まずまずの数字が発表されました。予想のアベレージが+18万人で、結果が+25.5万人なら 50pips で済まないと思ったのですが、そこは最近の色々と差っ引いて考えないとならない、やんごとなき事情が邪魔をしているようでして(笑)。

もうシステム止めちゃってるし、今日はこれで終わりにしようかと思いましたら、アレックスがシステム再投入してるよ(;´Д`)

 

今回もまた、ドル円・ユーロドル・ポンドドルに関しては、値が急速に動き始めたのは日本時間で 21:29:57.5 でした。ディレイなんかも考えますと、3秒前には動いていた事になりまして、ネット上での公表はキッカリ 21:30 でしたので、どこかで直前に漏れていたとしか考えられません。事前予想やフライングで動かしたにしてはキレイすぎましたから。

一番良い比較対象が米ドル・カナダドルペアでして、米雇用統計と同時に加雇用統計も発表になっておりまして、カナダは事前予想が+1万人だったのに、結果は△3.12万人でした。その結果を受け、21:30:02 から一気に値を下げまして、米雇用統計との合わせ技で 100pips 以上動いております。

事前予想やフライングだけでしたら、カナダドルもまた同時に動き始めていてもおかしくありません。いや、ユーロ・加ドル、ポンド・加ドルとのクロス加ドルのレートを考えますと、むしろ動かない方がアービトラージの対象になりますので、おかしいんです。それが今回は一瞬バランスが崩れまして、絶好のアービトラージトレードのチャンスでした。が、そんなものは瞬時に準備出来ません(笑)。

ただ、一瞬の値動きタイミングのズレが、結果としてカナダドルで思わぬ利益を出さしてくれまして、ありがとうヾ(´∇`)ノ゙

 

久しぶりに、雇用統計後に御託並べたので、雇用統計のサマリー、3ページ目まで貼っておきます。

 


 

- U.S. Bureau of Labor Statistics 8:30 a.m.(EDT) Friday, August 5, 2016 -
THE EMPLOYMENT SITUATION - JULY 2016

 

f:id:fxse:20160805220846j:plain

f:id:fxse:20160805220857j:plain

f:id:fxse:20160805220906j:plain