FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2019/05/04 戦績

 2019/05/04 土曜日 戦績

USDJPY         +44,700円

EURUSD         +85,483円

GBPUSD        +244,382円

AUDUSD          +6,814円

USDCAD         +21,046円

USDCHF         +17,974円

EURJPY         +31,300円

GBPJPY        +308,900円

AUDJPY          +4,400円

CADJPY          +9,800円

CHFJPY         +20,400円

EURGBP         +22,338円

EURCHF          +5,747円

TOTAL         +823,284円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +5,960,607円

 

月間戦績(05月)

TOTAL       +4,768,618円

 

月間戦績(04月)

TOTAL      +22,017,464円

 

年間戦績(2019年)

TOTAL     +110,851,061円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL       +4,768,618円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,384,768,633円

 

【本日のこのエントリーは、予約更新となっております。】

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

この一週間、東京時間はほとんど動かずの状況でしたが、そこそこの数字が出ていると言う事は、もう東京時間いらない子?(笑)。それにしてもドル円は、またしても上下100pips動かない狭いレンジ内での取引で終わりまして、しかも上は112円下は111円を抜けないと言う美しいチャートです。


この極狭無双状態、一体どうしたいんですかね?(笑)。

明日の月曜日以降に期待しております。

 

ドル円の動く要素としては、こんなのも週末になって報道されておりました。

www.nikkei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

先日の日米首脳会談の席でも、トランプ大統領が5月訪日までに合意の可能性を示唆しておりまして、その時にこのブログでも書いたんですが⇩

水面下である程度の提案を日本が行い、それに対してトランプ大統領が満足している、あるいは、満足まで行かなくても受け入れられる内容なのではないでしょうか。

fxse.hatenablog.jp

やっぱり、そうなのかな~?と思ってしまう、今回のクドローNEC委員長の発言です。もし日米貿易交渉が合意となれば、恐らくは農業分野での対米開放があるでしょう。それが、TPPの範囲内であれば良し、それを越えるようならさすがに日本も受け入れはしないでしょう。しないですよね?しなければいいな。信じてる・・・・・・

国際間での交渉は、必ずプラス面とマイナス面があり、プラス面だけで許されるのは開発途上の国だけです。国全体として、トータルで成長できるような合意される事を期待しております。

 

そして、ドル円の値動きが良くなる事も期待しております。⇦ こっちが本命


 

さあ、誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます。

そして、今回の更新日付は4月30日になっておりますので、
平成最後のIMMポジション
です(笑)。

実は、もう何週間か前に「IMMポジションの更新、4月30日になるんじゃね?」と発見しておりましたので、平成最後のIMMポジションと書こう書こうと待ち構えておりました(笑)。ただ、これやりだすと、2019年4月の指標発表も、更には2018年の年計指標の発表も、全部その指標にとっては平成最後になってしまうので、そろそろ平成最後も終わりにしたとは思ってます。

 

IMMポジション(2019年04月30日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 20,578 120,177 -99,599 -5,185
EUR (099741) 153,821 259,365 -105,544 -126
GBP (096742) 51,577 56,245 -4,668 -2,833
CAD (090741) 19,445 66,190 -46,745 +748
CHF (092741) 14,239 53,985 -39,746 -2,210
RUB (089741) 42,690 9,096 +33,594 -2,479
BTC (1330E1) 1,298 2,341 -1,043 +100
金Gold (088691) 177,275 111,056 +66,219 +28,824
原油 (067651) 638,298 114,195 +524,103 -23,256

 

IMMポジション(2019年04月23日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 28,121 122,535 -94,414 -7,308
EUR (099741) 148,331 253,749 -105,418 -7,395
GBP (096742) 54,522 56,357 -1,835 -2,757
CAD (090741) 23,222 70,715 -47,493 +1,669
CHF (092741) 9,639 47,175 -37,536 -4,952
RUB (089741) 42,495 6,422 +36,073 +1,775
BTC (1330E1) 1,422 2,565 -1,143 -109
金Gold (088691) 176,691 139,296 +37,395 -18,878
原油 (067651) 644,670 97,311 +547,359 +32,101

 

過去のIMMポジション
fxse.hatenablog.jp

円ですが、先週予想していたように、やはり取組高自体が減っておりました。そして、これも予想していたように売買差引はマイナスを積み増ししており、取組高減少のウェイトが高いのはロングポジションでした。リスク回避のためにポジション落とすとして、仮にロングもショートも同じ率だけで落とすと売買差引はプラスになります。当然、色々な思惑で取引している多くの機関投資家の皆さんが持っているポジションですから、リスク回避すらも作戦のうちで単純には比較できません。あとは、金(GOLD)増えたり原油減ったりの普通な動きで、大して面白くもない(笑)。


 

今日はこどもの日、祝日法では「こどもの日 五月五日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」となってます。

世の中的には、やはり端午の節句と言う事で男の子のお祝いをする地域やご家庭が多いのではないでしょうか。それでも、こどもの日と言う事で、当然女の子も含めてお祝いしていいでしょうし、最近では3月3日に男の子も一緒にお祝いするところが多くなってきてるらしく、男女平等で結構な事です。

ところで、祝日法に書かれているこどもの日の定義の末尾「母に感謝する。」これ、誰も食いつかないんでしょうか?もし「父に感謝する」なんてどこかの法律に書いてあったとしたら大騒ぎになりそうな現代ですから、これも「両親に感謝する」とかに出来ないものでしょうか?

父親としては若干寂しい法律なので、よろしくおねがいします。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら