FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2019/05/06 戦績[追記あり]

 2019/05/06 月曜日 戦績

USDJPY         +34,200円

EURUSD         +40,963円

GBPUSD        +125,009円

AUDUSD          +8,208円

USDCAD               0円

USDCHF         +27,740円

EURJPY         +93,000円

GBPJPY         +65,200円

AUDJPY         +26,300円

CADJPY         +24,200円

CHFJPY          +6,100円

EURGBP         +29,419円

EURCHF         +13,053円

TOTAL         +493,392円

 

週間戦績(当週)

TOTAL         +493,392円

 

月間戦績(05月)

TOTAL       +5,262,010円

 

年間戦績(2019年)

TOTAL     +111,344,453円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL       +5,262,010円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,385,262,025円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。後ほど追記いたします。たぶん(笑)。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。たぶん(笑)。

 

本当に、長かったゴールデンウィークが終わりを告げまして、本日から日本の金融市場が再開します。

ゴールデンウィーク突入前、4月26日の状況と比較してみますと、ドル円は111.50近辺から110.90近辺まで60銭程度の円高、日経平均は現物の22,258円から本日早朝CME先物円建てで22,200円程度と約50円安、日米貿易協議がまとまりそうと言う材料があった割に、落ち着いて連休明けを待てた様に思えます。

 

と言う事で連休が明けまして、多くの本日からお仕事の皆さんがおられると思います。頑張って下さい。皆さんが日本を支えております。

そして、私は連休中の疲れが祟ったようで、俗にいう連休疲れと言うやつでしょうか。誠に心苦しいのですが、今日はもう少し寝ます(笑)。やっぱり、連休で子供たちが家にいると、昼寝出来ないのが疲れが溜まる原因なんでしょうね~

 

とりあえず、いつもと同じように、既に作ってあります指標の結果だけは貼っておきまして、後ほど何か追記しましたらタイトルに追記と入れておきます。その指標の結果ですら、昨日大量にありましたPMIは後回し(笑)。


 

スイス 週次
05/06 1700JST
前回値 結果
当座預金残高(国内銀行のみ) 4兆7976.4億スイスフラン 4兆8076.0億スイスフラン
当座預金残高(外国銀行含む) 5兆7665.1億スイスフラン 5兆7766.7億スイスフラン
ユーロ圏5月
1730JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
センティックス社
投資家信頼感指数
 -0.3 +1.1 +5.3
ユーロ圏3月
1800JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比) +0.5%
+0.4%
 -0.1%   0.0%
小売売上高(前比) +3.0%
+2.8%
+1.8% +1.9%

 

=別表= 購買担当者景気指数(サービス業・複合)

オーストラリア4月
05/03 0800JST
前回値 結果
サービス業購買担当者景気指数 49.3 50.1
(複合)購買担当者景気指数 49.5 50.0
アイルランド4月
05/03 0901JST
前回値 結果
サービス業購買担当者景気指数 55.3 54.7
(複合)購買担当者景気指数 54.1 53.4
シンガポール4月
05/06 0930JST
前回値 結果
(全産業)購買担当者景気指数 51.8 53.3
香港4月
05/06 0930JST
前回値 結果
(全産業)購買担当者景気指数 48.0 48.4
中国4月
05/06 1045JST
前回値 結果
サービス業購買担当者景気指数 54.4 54.5
(複合)購買担当者景気指数 52.9 52.7
購買担当者景気指数(サービス業・複合) -続きを展開⇩- 合計26ヶ国

 

グローバル(全世界)4月
05/06 2400JST
前回値 結果
製造業購買担当者景気指数 53.7 52.7
(複合)購買担当者景気指数 52.7 52.1

 


2019/05/07 15:51 追記

 

それにしても今回(今月)のPMI発表は、世界中の祝日の関係で日付がバラバラになってまして分かりにくい。上の表は、既に発表済みの分も入ってます。ただし、日本とカタールはサービス業&複合(または総合)の発表がまだなので入っておりません。

 

米中間での展開も読めなくなってきまして、とりあえず米中通商協議を行う準備はしているようですが、どうなるんでしょう。北朝鮮はミサイルをぶっ放しますし。

自ら上げたわけではありませんが、ここに来て急激に日本の重要性が上がっております。トランプ大統領とは蜜月、中国の習近平主席にも期待はされてる(笑)、ロシアのプーチン大統領とも会える、そしてここに来て、北朝鮮のキムさんとの会談も現実味を帯びてきました。地理的な問題ではなく、政治的に非常に高度な緩衝国となりつつあります。安倍首相には、ぜひ単なる緩衝としての伝言役になるのではなく、全ての関係国に恩を売れるような行動をお願いしたいと思います。今年、日本がG20の議長国であったのも最大限のメリットとして活かせればいいのですが。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら