FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2019/02/06 戦績[追記あり]

 2019/02/06 水曜日 戦績

USDJPY         +36,300円

EURUSD         +79,672円

GBPUSD        +130,263円

AUDUSD         +79,366円

USDCAD        +111,749円

USDCHF         +44,806円

EURJPY        +164,600円

GBPJPY        +138,300円

AUDJPY         +62,900円

CADJPY         +95,000円

CHFJPY         +81,600円

EURGBP         +35,179円

EURCHF         +46,218円

TOTAL       +1,105,953円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +2,637,440円

 

月間戦績(02月)

TOTAL       +4,690,548円

 

年間戦績(2019年)

TOTAL      +30,564,102円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,304,481,674円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。後ほど追記いたします。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

おととい、豪中銀RBAが今後の金融政策を発表した際に「思ったよりハト派ではない」評価の声明文から買われた豪ドルですが、昨日RBAのロウ総裁が「利下げも選択肢としてありえる」との発言を行った事で、前日上げ幅を全て帳消しにしてもまだ足りないくらいの事態となっておりました。

これ、まさかの豪ドル上昇してしまった事で困ってしまい、でもまさかスイス中銀のようにイケイケドンドンとは出来ない豪中銀が行った苦肉の口先介入?(笑)。

 

とりあえず、いつもと同じように、既に作ってあります指標の表だけは表示しておきまして、後ほど何か追記しましたらタイトルに追記と入れておきます。 


 

ドイツ11月
1600JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
製造業新規受注(前比)  -0.2%
 -1.0%
+0.3%  -1.6%
製造業新規受注(前比)  -3.4%
 -4.3%
 -6.7%  -7.0%
ドイツ1月
1630JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
建設業購買担当者景気指数 53.3 52.9 50.7
カナダ12月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
住宅建設許可(前比) +2.1%
+2.6%
 -1.0% +6.0%
米国11月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
貿易収支 -557億ドル
-555億ドル
-540億ドル -493億ドル
カナダ1月
2400JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
Ivey購買担当者指数 59.7 56.0 54.7

 


2019/02/07 17:51 追記

 

しっかし、動かないですね~

対円の通貨ペアは、毎日毎日上下に瞬間ワープした後に細かい上下運動するだけ。一方で対円を除く対ドル主要通貨ペアは、裁量でしたらエントリーポイントが掴めないようなジワ~っとした一方通行相場、通常ですと攻防戦が行われる事が多い 00,20,50,80 近辺でも特に大きな抵抗があるように見えない通貨ペアもあり、逆にレンジブレイクしても値が走る事もない不気味な展開です。

近年、大きく値を動かす原因となっているのはシステムトレードの一つであるアルゴリズムトレードと言われてますが、そのアルゴリズムトレードが何を考えてあんなチャートを作っているのでしょうかね。中の人にしか分かりませんけど(笑)。

 

トランプ大統領の一般教書演説がありまして、

www3.nhk.or.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

 

とにかく、壁

www.bloomberg.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

 

jp.reuters.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

 

とにかく壁(笑)。 

www.cnn.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

 

あと、予想以上に北朝鮮問題を徹底的に追求する姿勢を取り上げており、自身が脱北者で脱北者支援活動を行っている方を招待したり、

www.sankei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

米朝会談の予定をこの場で発表したり、

www.bbc.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

 

いずれにせよマーケットは一般教書演説の内容に反応薄でして、およそ予想されていた内容を話しただけと言う感触だったようです。とりあえず何でもいいので、とにかく値さえ動いてくれたら文句は言いませんので、金融市場が反応するようなインパクトのある事をお願いします(笑)。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら