FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/12/27 戦績

 2018/12/27 木曜日 戦績

USDJPY        +272,200円

EURUSD        +137,406円

GBPUSD         +78,626円

AUDUSD               -円

USDCAD               -円

USDCHF        +115,002円

EURJPY        +143,900円

GBPJPY        +173,200円

AUDJPY               -円

CADJPY               -円

CHFJPY         +78,100円

EURGBP               -円

EURCHF               -円

TOTAL         +998,434円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +1,225,827円

 

月間戦績(12月)

TOTAL      +28,427,094円

 

年間戦績(2018年)

TOTAL     +372,069,433円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,272,397,749円

 

このブログを更新するより約31時間前になります昨日27日の早朝2時ころ、今週に入ってから急激に進んでおりましたドル安を一掃するような勢いでドル買いが始まりまして、ドル円なんぞは1円以上も数時間で上げるなど、少々過熱気味でした。

正直言って、株も為替も債券も「下げすぎたから上げた」としか言いようが無いんですが、金融専門の通信社の場合は読む相手もそれを理解しているからこそ「調整」の一言でカタがつくわけでして、一般紙の記者の皆さんは随分と苦労していたようです。いつもは通信社の記事を引用してあるいはパクって(笑)。おけばいいのですが、昨日の場合はそう言うわけにも行かなかったようです。

 

少し値を戻した感のある為替相場ですが、まだ警戒は必要かと思います。特にドル円は110円こそ割りませんでしたが110円ちょうど近辺を付けた事で、最近は無視できない投機筋のアルゴリズムなんとかさんのパターンを踏んでいる可能性もあります。

そう言えば、110円ちょうど近辺と言いますと25日の仲値は凄かった⇩ 

25日はドル円最安値が110.00ちょうど程度でしたので、仲値がほとんど最安値のような状態です。仲値近辺の時間帯ですと、仮に全くドル不足は無い銀行でもドル現金の在庫コストを平均化するためにある程度の買いはしてます。当然、全くのドル不足が無いなんて事はありませんので、それなりには買っているわけでして、ドル買いが入ってこの程度ですから、まだ下があると思っていたディーラーも多かったのではないでしょうか。 


 

さて指標ですが、昨日も若干ですがございました。そして、昨日の発表予定指標の中で、最大の注目はこちら⇩

米国11月
発表時刻未定
前回値 市場予想
(中心値)
結果
新築住宅販売件数(年換算) 54.4万件 56.0万件 未発表
新築住宅販売件数(前比)  -8.9% +2.9% 未発表

発表時刻未定、結果は未発表、これのどこが注目なのかと言いますと、発表できない理由に注目理由があるんです。

 

その発表できない理由とは⇩

 

Shutdown Due to Lapse of Congressional Appropriations

予算失効による閉鎖

 

はい来た!遂に来た!

アメリカ連邦政府機関の閉鎖による被害が、白日の下に晒された~!(笑)。

 

この指標の発表は商務省なんですが、連邦政府機関が閉鎖となった場合に商務省はどう行動するのかと言うのを事前に発表しており、順番的にまずこの「新築住宅販売件数」に白羽の矢が立ちまして、次に日本時間で本日午後10時半の貿易収支と卸売在庫、深夜24時の新築住宅販売件数と続いていく予定です。

いつ壁の予算に蹴りがついて、米商務省発表の指標が見られるようになるのでしょうか?あるいは、トランプ大統領が就任中は、もう米商務省発表の指標は見ることが出来ないのでしょうか?(笑)。

 

他の指標はこんな感じでした。

日本国9月
1400JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
住宅着工戸数(前比) +0.3%  -0.1%  -0.6%
建築受注額(前比) -16.5% -10.7%
米国 週次
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
新規失業保険申請件数 21.7万件
21.4万件
21.7万件 21.6万件
米国10月
2300JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
住宅価格指数(前比) +0.2% +0.3% +0.3%
米国11月
2400JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者信頼感指数 136.4
135.7
133.7 128.1

 


 

クリスマスちょっと前から飲酒機会が増えておりまして、もうほとんど連夜です。

いつもはあまり飲酒しないので「たまには連続でも体には大丈夫」 と言う考え方と「普段あまり飲まないなら体がキツイんじゃ」と言う考え方があるわけですが、どうせ考えても避けて通れない時期ですので、考えるのやめました。

今年は風邪などひかずにここまで来られてまして、連夜のお酒も楽しいものになっております。やっぱり、なんでも楽しいのに越したことないですからね。

さて、今日は金曜日で週末です。実質的に12月の最終営業日、そして、実質的な本年最終営業日となります。どちら様も、何かやり忘れのございませんように。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら