FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/09/29 戦績

 2018/09/29 土曜日 戦績

USDJPY        +130,900円

EURUSD        +211,752円

GBPUSD         +62,118円

AUDUSD          +4,333円

USDCAD        +167,323円

EURJPY         +55,200円

GBPJPY         +73,600円

AUDJPY         +14,100円

CADJPY        +183,300円

EURGBP          +7,996円

TOTAL         +910,622円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +6,008,340円

 

月間戦績(09月)

TOTAL      +30,180,492円

 

年間戦績(2018年)

TOTAL     +274,895,374円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,175,223,690円

 

【本日のこのエントリーは、予約更新となっております。】

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

前週がナンダカンダ言いながらもあれだけ行っていたので、この一週間ももうちょっと行くような気がしていたのですが、まあ、こんなもんでしょう。

 

この数字、よく元金と言われる種銭からして、例えば1千万円とか2千万円の種銭で稼いだものなら大したものなんですが、金額が大きくなると比率は考えず、絶対値のマジックと言うのか数字が大きいだけで凄いと錯覚します。月間数千万とか年間数億とか言われると、それだけで凄いって凄いと思うかもしれませんが、実は収益率としたら大した事ありません。

1ドル100円の時に1億円を円からドルに両替したとしたら、受け取れるドルは100万ドルです。一昔前によく言われた100万ドルの夜景とは、1億円の価値と言う事です(笑)。そんなのはどうでもいいのですが、ドル円が1円上昇し101円となった時に100万ドルを円に両替しますと1億100万円となります。

1日でドル円でしたら1円くらい動く時もありますし、ユーロやポンドでも100pipsくらい動く時もあります。つまり、1億円を現金で持ってる人が常に晒されているリスク分が毎日1%と言う事になりまして、そのリスク回避をしているだけで得られるかもしれないリスクが、1日1%と言う事です。当然、毎日毎日上がり続ける下がり続けるはありませんから、1日のリスクを日数分で掛け算して1週間なり1ヶ月のリスクになるわけではありませんけど。

 

巷では「FXで絶対の勝ちは存在しない」とか言われますが、これちょっと間違ってまして、「外国為替相場で絶対の勝ちは存在しない」でしたらほぼ正しいのですが「FX=外国為替証拠金取引」だけの限定ですと、絶対の勝ちは存在するんです。

勝ちと言うのは「結果として勝った」と言う事を指し、1回1回の取引全てが勝つと言うのではありません。その「結果」と言うのは、1日であったり、1週間であったり、あるいは通貨ペア毎では無く全通貨のトータルであったり。1回1回の取引と言う意味で言えば、私なんて1日何千回も敗けてます(笑)。

FXで勝つための秘密は簡単で「勝つ法則を見つける」ことと「法則を守る」それだけなんです。例えば、移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスを使った超古典的な取引でも、少し移動平均線の計算期間を変えたり、あるいは計算方法を単純な平均から加重平均に変えてみたりして確率を上げる事で、それだけで恐ろしく高い勝率を出すシステムなんてのもいまだに作れたりします。そう言う感じで、自分の中でコレと言った勝つ法則を見つけ、それをきちんと守るだけでいいんです。そう、法則を守る方が実はなかなか難しいんです。

そこで重要なのが、人の意思を介在させず、決めた事を決めた通りに実行してくれる小人さん(自動取引システム)を採用できる(作れる)かどうか。

実際、本当にこんな2つの事だけでFXは勝てます。

 

ここまで説明して理解してくれたとしても、よくFXをご存知の方が言われる事に「それでも、全員が勝つ事は出来ないのはどうなんですか?FXはゼロサムゲームですよね?」と言うものがありますが、確かにゼロサム、でした。大昔、金本位制度の頃は、確かにゼロサム、でした

なにせ基軸通貨が金みたいなものですから、金を基軸にそれぞれの国の通貨を売買したとしても、金の総量が決まっているので金の総量でゼロサムとなります。ところが現在は金本位制度は放棄し、管理通貨制度と言う名の下で好きなだけ銀行が通貨を発行する事が可能でして、事実上総量は無くなりました。

以前の金本位制度の頃の為替取引は、お互いに通貨を持ち寄って交換していたようなイメージでです。コップに入れた水を通貨だとして、そのコップに入れた水を相手に渡してる姿が金本位制度の頃の為替取引だと想像してください。

そして現在は、通貨を渡したい相手と2人でオリンピック用の50mプールのプールサイドに立ち、通貨を渡す方がプールにコップの水を入れ「入れたぞ~」と相手に伝えると、通貨を受け取る方はプールからコップに水をすくい「受け取ったぞ~」と相手に伝える、そんな感覚です。通貨の受け渡しに使うバッファーとなるプールがあまりにも巨大で、ゼロサムと言うのはどこの感覚なのか分かりません。

このプールの水、決して無くならないと思える凄い量が入っているのに、ここにまだ各国の市中銀行がじゃぶじゃぶと水を入れて来てます。さらにその後ろには浄水場完備のダムを持った世界4大中央銀行が控えており、一番の貯水量を誇るダムを持ち、金町浄水場(東京の有名な浄水場)も真っ青な単位時間あたり浄水能力を持つ浄水場を完備している中央銀行が The日銀です。恐らく、日銀の全力をもって当たったら、FRB以外の全ての国や地域の中央銀行は駆逐する事が可能でしょう。何をもって中央銀行の駆逐と言うのか分かりませんけど(笑)。しかも、そのプールを拡張する工事を常に行っておりまして、この状態でゼロサムって一体何?みたいなものです。

そうそう、話しが脱線するんですが、紙幣だけにとらわれず広い意味での通貨を発行しているのは中央銀行では無く市中銀行ですからね。その点、経済学部を卒業した方なんかでも勘違いされている方が多いんですが、銀行が国から免許をもらうのは通貨発行するために免許もらうようなものです。銀行は、お客さんから預かったお金を貸していると思ってるかもしれませんが、実は発行したお金を貸してるだけです。じゃ、お客さんから預かったお金はどうしてるのかと言えば、現金で引き出されるためのお金の準備として持っていたいから預かってるのと、預かっていると引き落としやら振込やらで手数料収入になるから、それだけ。実際に銀行としては、必要な時に必要なだけ借りられる銀行間取引と違い、一定期間預かり自己資本比率の計算上不利になる預金は少し抑えたいところもあるんでしょうが、今度はそれをすると日銀や財務省から睨まれるジレンマがあるのかな~みたいな。これ、そのうち少し細かく話してみたいと思ってますが。

 

そんな感じでして、FXで必ず勝つ方法は「勝つ法則を見つける」ことと「法則を守る」だけでOKでして、勝つ法則は難しいものを見つける必要もなく、ごく簡単なものでも安定していればそれで十分です。ゼロサムとか気にする必要もありませんし、むしろプールの水を掠め取るくらいの勢いで行っちゃってください(笑)。


 

さあ、誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます(笑)。

 

IMMポジション(2018年09月25日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 47,253 131,972 -84,719 -20,964
EUR (099741) 172,426 168,730 +3,696 +2,030
GBP (096742) 34,768 101,846 -67,078 +12,180
CAD (090741) 31,812 51,344 -19,532 +10,579
RUB (089741) 3,985 8,200 -4,215 -385
BTC (1330E1) 1,792 2,965 -1,173 +145
金Gold (088691) 192,940 210,588 -17,648 -6,804
原油 (067651) 647,214 87,129 +560,085 +29,719

 

IMMポジション(2018年09月18日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 49,752 113,507 -63,755 -9,869
EUR (099741) 166,468 164,802 +1,666 -9,504
GBP (096742) 32,856 112,114 -79,258 -18,079
CAD (090741) 25,979 56,090 -30,111 -3,169
RUB (089741) 4,809 8,639 -3,830 -6,724
BTC (1330E1) 2,302 3,620 -1,318 -79
金Gold (088691) 197,797 208,641 -10,844 -3,254
原油 (067651) 626,914 96,548 +530,366 -13,479
(前週分を一見してわかりやすくしておくため、青字にしてあります)

 

過去のIMMポジション
fxse.hatenablog.jp

 

まあ、現状の為替相場を見ましたら、順当な結果でしょう。円のマイナスはもう少し拡大しているかと思っていたら、こんなものか程度でした。原油は最近の上昇が凄かったりもしますが、この数字が出た前回火曜日現在では一旦小休止していたところで、それでも随分と増えたんだなって。ええ、なにか感じます(笑)。


 

インドネシアで地震と津波の被害状況が、当初伝わってきました情報からすると大きくなってきました。どうかこれ以上被害が拡大しないように祈っております。

 

そしてまたしても台風ですが、非常に大きな台風だそうでして、既に西日本では計画的な公共交通機関の停止も発表になってます。 

https://web.archive.org/web/20180929204649im_/https://storage.tenki.jp/storage/static-images/forecaster_diary/image/2/22/222/2220/main/20180930010619/large.png

tenki.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ 2018/09/30 05:45 現在

せっかくの週末ですが、連休では無かった事が良かったかなって思います。前回の連休の疲れを癒やすため、次回の連休へ向けての休養に、ぜひこの土日は皆さんもごゆっくりとお過ごしください。また、停電が発生しましても、普段使い慣れないロウソクなどで火災を起こしませんよう、くれぐれもご注意ください。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら