FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/11/25 戦績

 2017/11/25 土曜日 戦績

USDJPY         +34,900円

EURUSD        +282,518円

GBPUSD         +76,113円

AUDUSD         +13,504円

USDCAD         △7,966

EURJPY        +146,400円

GBPJPY        +203,300円

EURGBP         +28,276円

TOTAL         +777,045円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +4,824,136円

 

月間戦績(11月)

TOTAL      +23,605,583円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +338,238,538円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +881,396,465円

 

【本日のこのエントリーは、予約更新となっております。】

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

もう今週は終わりなのかと思っていると、サクサクっとユーロが買われたり、株式市場が高騰したり、どうにも落ち着く様子がありません。金曜日のニューヨーク時間から突如始まりましたユーロ買いもロンドンフィキシングタイムを境にして落ち着いたのですが、それでも反落する様子は見られず、買いが止まっただけで高値水準のまま週末を迎えております。

 

果たして、オプション絡みだったのか、ユーロ売りを仕掛けていた筋が買い戻したのか分かりませんが、ニュースで伝えられているような「ドイツ大連立への期待」だけでこの危険な時期に、しかも週末を迎えるこのタイミングでわざわざユーロの買いポジションを持つほどディーラーの皆さんもバカではありません。

記事にするネタをもらってるような、比較的大きな金融機関にお勤めのディーラーの皆さんが連休に入りますと、金融系ニュースを扱ってる記者の皆さんの情報ソースが限られる事になり、こう言った上辺だけのニュースが多くなります。どうしても何か書かないとならないのは分かるのですが、記事書くのでは無く、記事描くのは勘弁してもらいたいなあと思うんですけど。⇦ 上手いこと言えたと思ってる(笑)。

 

ところで、アメリカさんはサンクスギビングデー絡みの連休のところが多く、政府機関までがそんな調子です。祝日の木曜日は除き、金曜日は株式市場も開いているような法定休日では無いのですが、休んでしまっているので仕方ありません(笑)。

そのため、毎週ニューヨーク時間で金曜日に発表になっております CFTC の IMM ポジションも今回は翌月曜日の発表に変更になておりまして、昨日の発表はございませんでした。日本ですと、法定休日では無いお盆のような感覚ですので、お役所なんかは交代で有給休暇使ってお休みなんて具合でしょうが、そこはアメリカですので仕方ありません(笑)。

その辺りの事情に関しては、ベテランズデーの時にちょこっと書いてありますので、もし興味がございましたらどうぞ⇩

fxse.hatenablog.jp

 


 

昨日11月25日は非常に大切な日でした。なんと、

クリスマスまでジャスト1ヶ月!

教会的には、聖アンデレの日である11月30日に一番近い日曜日から始まるアドベントの期間がクリスマスへのカウントダウンですが、そう言うのとは関係無く、やっぱりちょうど1ヶ月前と言うのはワクワクします。「さあ、今年もこの季節がいよいよやって来た」そんな感じです。

街なかはクリスマスのイルミネーションで飾られ、クリスマスキャロルやクリスマスソングがあちこちで聞こえてきます。スマホやゲームしながら歩いてるみなさん、ヘッドホンして歩いてる皆さん、実にもったいないといっつも思うんです。この季節だけの雰囲気を味わえる1ヶ月、この季節だけですので、存分にお楽しみ下さい。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら