FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/10/07 雇用統計を前に

今回の雇用統計、アメリカの年内利上げをFRBがどう判断し、FOMCにてどう反映するのか伺うために、非常に重要な指標発表です。

アメリカの経済が世界経済の行く末を決めるまでは申しませんが、欧州は経済の厳しさが特に最近強まっており、残念ながら日本には世界を牽引するほどまでの力はまだ無い現実の中で、結果としてアメリカの経済状態の安定が世界に寄与する割合は高いわけです。

 

あと5分ほどで発表されます雇用統計ですが、

・非農業部門雇用者数 前回値+15.1万人 市場予想中心値+17.5万人
・失業率       前回値 4.9%   市場予想中心値 4.9%

以上のようになっております。

特に注目されております「非農業部門雇用者数」におきまして、非常に大きな予測をしてきておりますのが、JPモルガン+20万人、バークレイズ+20万人、第一生命経済研究所+18.6万人などがありまして、低い予想をしておりますのでが、ドイツ証券の+13万人がありますが、今回は総じて大きな、高い数値の予想が多いようです。

私としましては、昨日発表のありました新規失業保険申請件数が市場予想より低かった事と、ISM製造業景況指数が高かった事で雇用需要が上がっていると思いますので、ここで私の予想としては、

・非農業部門雇用者数 予想+22万人
・失業率       予想 4.5%

としておきたいと思います。

 

もちろん、期待値も含まれておりますが、雇用統計はたまにぶっ飛んだ数値が出る事もありますので、どうかな?(笑)。

 

今回はシステムを止めておらず、昨日アメリカから欧州の銀行に振り替えました資金で裁量トレードを行うのと同時に、いつも通りのシステムトレードを継続したいと思います。 

 

あと1分と少しで発表のお時間です。