読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2016/08/12 戦績

FX戦績
2016/08/12 金曜日 戦績

 


 

通貨ペア(08/12)
USDJPY      +491,100円
JPYUSD*     +522,007円
EURUSD      +386,627円
USDEUR*     +371,302円
GBPUSD      +411,283円
USDGBP*     +454,440円
AUDUSD       +63,219円
USDCAD       +45,671円
EURGBP      △10,645
TOTAL     +2,735,004円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +6,620,562円

 

月間戦績(08月)
TOTAL    +14,263,006円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +205,578,674円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +318,164,949円

 


 

ドイツの指標、完全にスルーって言うよりも無関心って状況でちょっと可哀相(汗)。もう、市場は日本時間で午後9時半の米国指標一本に的を絞ってたんでしょうね。

その米国指標がなんと弱々でして、ここ最近の「強いアメリカ!USA!USA!」にまるで疑問を投げかけるような数値でした。

小売売上は伸びず、高が大きな自動車を抜くとマイナス圏、でも逆を返せば大型耐久消費財である自動車は売れてるって事なんです。生産者物価指数PPIも軒並みマイナス圏の数値でして、これも裏を返せば出荷ベースでの価格が下がっておりますので、もし来週発表の消費者物価指数CPIが下がらず、又は予想通り上がっていた場合、PPIでのインフレ期待よりも小売業の短期利益期待値が上がるので、逆に超短期的には株式市場にとっては上がる材料になったりします。

 

ここ数日は値動きが小さかったため、米指標直後は15分足チャートでも豪華な一本物が示現しておりますが、実は各通貨ペアとも100pips程度しか指標直後には動いておりません。しかも、1分足を見れば瞬発力が無い、自動取引には非常にありがたい値動きでして、ごちそうさまでした。

ポンドドルだけは一瞬の動きで取れなかった分、ストップロスに掛かった分も少し多目だったようですが、その後のゆっくりとした全戻しでなんとかドル円に迫るくらいには数値が出せたようです。更にその後のニューヨーク時間、日本時間で深夜0時過ぎには指標前より行っちゃってますが(笑)。

 

昨日の相場で、ちょっとだけアレックスが実験をしていたようでして、全部システムに任せてしまうのと、多少のバイアスを掛けるのは、どっちの方がいいのだろうと言うアレです。なかなか実際にリアルな資金が入ってるところでやりたくない実験なんですが、何れどこかでちゃんとやっておこうと言う事で、昨日自分の口座でやってみたんだそうです。

結果「あんまり変わらない」だったとか(汗)。詳細にもう少し聞いたのですが、ちょっと企業秘密っぽい部分もありまして、結果だけお話しさせて頂きました。どうだろ?やっぱり、システム自体も値が動いた瞬間に過去の統計上のパターン解析から、ある程度は予測する事が十分に行えていると言う事なんでしょうねえ。ログを見る限りそれは分かっているのですが、なんとなくバイアスを掛けた方が気持ち的に落ち着くって言うか(笑)。もう少し、今後も同じような実験をしてみる必要があるかと思います。

 


 

そんな市場の最中、こちらは大宴会2晩目でした(笑)。大人が少ないのでそんなに大宴会ではありませんが、本当に海の幸が美味しい所なので、とってもいい感じです。

唯一完全な外人さんである英国から来ている親戚の子も、お寿司やお刺身は食べられるので満足できたでしょう。あと、うちの弟くんの分と一緒に、パスタとかグラタンなんかもお願いしておきまして、一応食べられない物が多かった時の保険は掛けておいたのですが、親戚の子の分も弟くんが食べちゃったくらい、生物は大丈夫なようです。

近年は日本食ブームなんて言うものでは無く、完全に西欧の国々でも日本食、特に寿司やお刺身は定着しておりまして、こう言うのは非常に嬉しいです。あと、納豆も食べてもらえると非常に嬉しいです(笑)。

 

シンガポールのアレックスのところと、フランスのエリックのところにも、海の幸送ってやるからな~ クールEMSで。シンガポールやフランスだとクールEMSで海の幸が送れるので、ほんと便利な世の中です。えっ?検疫?海は世界中つながってますから、海の魚介類って検疫無いんですよ。検疫してもしょうがないです。

フランスはパリ周辺しかクールEMSが行かないので、私の従兄弟に受け取ってもらって再度国内のクルシエ(宅配便)で送り直してもらいます。ええ、あの例の絵描きさんでして、売れない絵を一生懸命描いて親類縁者に売って生活してますんで、たまには役に立ってもらいます(笑)。いや、もう笑い事じゃなくて、ほんとフランス政府は芸術家に甘いビザ政策だから…… って言っても、彼は英国人だから今はフランスに住むのにビザ関係ないけど、今後どうなるんだろうねえ。

 

さて、今日は観光をしながら、別の場所に移動しまして宿泊です。また新しい何かが見つかるといいなと思っております。