読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2016/09/26 月曜日

最近の月曜日は、システムの立ち上げさえ終わってしまえば、欧州時間が始まるくらいまで、寝てようが何してようが構わない為替相場でして、ある意味ではメリハリがあって結構な事でございます。メリハリですので、大きな値動きの時もちゃんと天の皆様には用意して頂きたいと願うわけでございまして、どうかよろしくご検討下さい。天の皆様がご協力してくださるのでしたら、なんなら寄進の割合を少し上げても(笑)。

 

とりあず今日のところは日本時間午後2時半から日銀黒田総裁のお言葉(会見)があったのですが、市場的には何も反応せずでスルーでして、そりゃまあ会見内容が「いまやってること、このままがんばりまーす」 ですと、どう反応していいのやら分かりかねます(汗)。

その30分程前の午後2時には、景気一致指数と景気動向指数と言う日本の指標が発表になっているのですが、あまりにもマイナーな指標なためFX業者さんの指標カレンダーなんかでは出てこないような感じです。これ、CPIやPPIなどを発表する統計局の発表では無く、内閣府が発表する珍しい統計でして、この2つ以外には機械受注統計は内閣府がなぜか発表しております。

内閣府と言いますと、行政機関と言うよりも名前の通り内閣の補助機関のように感じますが、こう言った統計を発表したりする時には、やはり行政機関だったよなと思い出されます。内閣府が発表する統計の中で一番重要な物はやはり「GDP = 国内総生産」でしょう。

と言いますか、GDPくらい重要な統計の発表でしたら内閣府と言うのも頷けるのですが、なんで景気一致指数とか景気動向指数とか、市場でも反応薄な程度の指標を発表しているのか、逆に興味があります。まあ、GDP計算してる時に収集したデーターが役に立つとかそんな事*1なんでしょうけど(笑)。

 

さて、今週は世界中が「消費者関連指標」発表週間と言う感じでして、明日27日火曜日がアメリカの消費者信頼感指数、28日水曜日がフランスの消費者信頼感指数、29日木曜日が英国の消費者信用残高、ユーロ圏の消費者信頼感、ドイツの消費者物価指数、米国の個人消費、30日金曜日には日本の消費者物価指数、ユーロ圏とフランスの消費者物価指数、米国の個人消費支出などなど、書き出すだけで一苦労です。

そして29日木曜日には、月初にあります雇用統計の前哨戦である新規失業保険申請件数がございまして、FRBのイエレンのおばちゃん議長は、利上げには雇用関係が満たされている事を非常に気にしておりますので、今回もバリバリの注目度です。と、いろいろ書いてみましたが、結局は値が動いて欲しいだけでございます(笑)。 

 

欧州1時間に入りまして、若干ドルが売られる展開になってきておりますが、今週はどうなりますやら。それでは今週も一週間、頑張ってまいりましょう。

 


*1:実際には、この統計を発表している「内閣府経済社会総合研究所」は、以前の「経済企画庁経済研究所」でして、その時から続いているためです。

2016/09/24 戦績

FX戦績
2016/09/24 土曜日 戦績

 


 

通貨ペア(09/24)
USDJPY       +22,500円
JPYUSD*      +27,029円
EURUSD       +43,445円
USDEUR*      +48,790円
GBPUSD      +139,212円
USDGBP*     +107,659円
AUDUSD       +14,778円
USDCAD       +61,644円
EURGBP          +243円
TOTAL       +465,300円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +9,854,373円

 

月間戦績(09月)
TOTAL    +30,170,873円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +260,862,391円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +373,448,666円

 


 

本日このエントリーは、予約投稿となっております。最近は日曜日と言いますと教会に行くと言う信心深さを見せております私ですが、今日も多分その予定です。予定なので、若干変わるかもしれませんが、その時はその時です(笑)。

 

毎週の事ですが土曜日の戦績は、日本時間で土曜日深夜0時に日付が変わってから早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。

まあ、数字的にはポンドだけが日本時間で金曜日から若干の戻り分がありまして、多少大きめの数字になっておりますが、今週末最後に問題児となりましたカナダドルを除いて、他はタラタラと動くだけのいつもの週末でした。

問題児のカナダドルですが、指標時に一瞬でワープした後、若干の調整をしながらもそのまま売られ続けまして、日本時間で金曜日午後9時半の指標発表直前に比べ、120~130Pipsほど米ドル高カナダドル安となり終了しました。ワープ直後にストップロスで狩られた分のカバーは到底ムリでしたが、それでも値動きが大きかったため、週末のカナダドルの割には数字が取れ、1/3程は前日のカナダドルの損失をカバー出来た感じです。

システム取引分に関して、今週は週間戦績で1千万円行くかな?と思っていたのですが少しだけ足りなかったようでして、昨日の丸々カナダドルの分ですので、ちょっと残念だなって……、いや凄く残念だなって思います。思うって言うより、後悔。まあ、また来週。

その来週は、金曜日が月末になっておりまして、ちょうど切りがいい週末そして月末最終営業日となっております。月曜日は10月3日ですので、10月の初週は週間戦績と月間戦績が1週間同じ数字となります。いや、これなんか気持ちいいんです。

指標関係も月末は重要な物が少なく安定してしまう事も多いのですが、今はどの国に関しましても中銀の政策に一喜一憂してる感じでして、今月は特にその可能性が高そうな予感もあります。まあ、動くも動かぬも相場ですので、仕方ありません。天に全てお任せします。

 

来週はどうか、適度な値動きとなりますように天の皆様、よろしくご検討下さい。

 


 

さて、金曜日にありましたカナダドル事件の後、日本時間で日付が変わり深夜0時半を回ったころ、実はある商品先物相場で大暴落が発生しました。それは、

原油

私の周りですと、よくこのブログにも登場するフランス在住で、過去私と同じ投資銀行に勤務していたにも関わらず、なぜか今は児童養護施設を運営(実質的に経営)しているエリックが大好きな先物の商品です。

 

実はエリック、今回の日銀金融政策決定会合そしてFOMCがあった連続営業日に、WTI原油先物で44ドル台から46ドル台まで2%以上の値上がりを拾っておりまして、かなり利益に貢献してくれました。

そして、金曜日の夜なんですが、ちょうどその時間帯だけ私が席を外して1時半くらいに戻りましたところ、なんと…… 今度は46ドル台から44ドル台へ3%以上の値下がりを拾っておりまして、実質2日で行って来いの5%、そしてレバレッジが数倍掛かっておりましたので、なんたる事(笑)。いや、笑いたくなっちゃいます。

 

エリックは確実と思われる時にしか、一見冒険と思えるような、賭けに出ているような事は行いません。ですので、エリックが取引したと言う事は、冒険とも賭けとも思えても、それは実際には鉄板相場だったと言う事です。

プロップディーラーの皆さんは、自分で確実だと思える相場観を持ってまして、ココぞと言う時には突っ込む。それはそれは、カチッとハマったら美しいものです。そしてもう一つ、商品先物の場合には重要な情報源を持ってる人がほとんどでして、それはいくらエリックに聞いても誤魔化されるだけで、絶対に教えてくれません。今度、使い放題の電話回線でも提供して、番号何番に掛けてるのか見てやろうかな(笑)。

 

そうそう、CMEで取引されているWTI原油先物なんて、WTI原油現物の数十倍から100くらいの物量が取引されてますんで、完全にSca…… なんでもない(笑)。

先日のニュースにて、金融機関に金融商品の取引を制限させようかと言う検討をアメリカでしていると報道がありました。ボリュームの小さい現物市場をバブルに膨らませている商品先物に関しては、少々規制を入れた方が健全な市場のためにはいいかもしれません。

 

エリックの得意な原油先物を除いた、他の商品先物だけを規制する事となりますように、米政府の皆様、よろしくご検討下さい。

2016/09/23 戦績

FX戦績
2016/09/23 金曜日 戦績

 


 

通貨ペア(09/23)
USDJPY      +111,400円
JPYUSD*     +120,647円
EURUSD      +146,691円
USDEUR*     +139,208円
GBPUSD      +683,926円
USDGBP*     +709,221円
AUDUSD      △29,543
USDCAD     △189,053
EURGBP       +73,957円
TOTAL     +1,766,454円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +9,389,073円

 

月間戦績(09月)
TOTAL    +29,705,573円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +260,397,091円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +372,983,366円

 


 

昨日はとにかくポンドが弱い、ポンドが弱くて弱くて、ドルに対しても、円に対しても、ユーロに対しても弱いなんてもんじゃ無くて、売られまくっておりました。 

理由?理由は多分ありません。強いて言うなら、ポンドが一番動きそうだったから?あとは、現実的なところとして、ロンドンフィックスかNYカットで1.30または1.29より下にノンタッチオプションがあったから、そこを目掛けてオプションを受けた側が走ったのか。

f:id:fxse:20160924020553p:plain

見て下さい、この「私頑張ってます」的なきれいな崩落チャート(笑)。 

 

そして、あまり触れたく無いのですが、カナダドルが大幅マイナスでして、これ昨日の日本時間で午後9時半にありました、カナダの大量指標による瞬間移動に巻き込まれた結果です。日付を跨いで土曜日の戦績では一部回復しているのですが、それでもこのマイナス分には程遠いです。

実は、事前にカナダの指標時間がきちんとシステムに反映しておらず、通常行われるはずの指標前の持高調整などが、全く機能しておりませんでした(汗)。その原因も分かっておりまして、単に指標データーを買っている業者からのデーターが、いつもと違う形式になっていた単純なミスです。これ、指標データーの販売元には抗議しましたが、約款でこちら側に最終確認義務があるので、仕方ありません。

 

最近、このような単純な確認漏れやシステムの不具合がポロポロ出てきておりまして、昨日の指標データーの扱いに関しては多少仕方ないのですが、システム不具合に関しましては、この思いつくがままに増やしてきましたサブシステムの塊と化しているシステム全体を、どこかのタイミングで統合させリプレースしなければとは思っております。

もういっそ、インドのシステムハウスにでも外注しようか、そこまで考えております。自分一人でやっていたら、また同じ事の繰り返しになりそうですから…… それと、一人でコツコツプログラミングするの、ちょっとめんどくさい(笑)。

 


 

先週、作業部屋を移動しまして、今まで作業部屋だった場所を今度はベッドルームにすすためのリフォームをして頂いておりました。作業部屋、もともとスケルトンに近い何もない部屋でしたので、ベッドルームに変更する内装工事はあっという間に終わり、後は家具屋さんで買ってありました家具なんかを入れていただくだけです。

もう、水曜日の段階ではおよそ終わりが見えてましたので、家具屋さんに連絡していつ搬入して頂けるか確認しましたら「10月3日以降でしたら」と言うお答えでしたので、傭車に必要な割増運賃を払うので早く持ってきてとお願いしまして、27日の火曜日に搬入して頂ける事になりました。世の中、金(マネー)です(笑)。← この部分、引用☆スターで大人気になる予感がします(笑)。

 

今回、ベッドルームは大きな部屋と小さな部屋の2部屋をコネクションにしてあります。大きな部屋の方を私が使うのですが、小さな部屋の方に引っ越して来る方がおられまして。まだ結婚しておりませんので、実家のしきたりとかがウルサイために「ひとつ屋根の下には住んでるけど、一緒に暮らしては居ない」と言う口実のため、コネクションルームになっております。実に面倒かつお金が掛かるしきたりです(笑)。

正確に言いますと、大きな部屋から作業部屋にも内部でコネクションドアを設置してありますので、今度からはリビングや廊下に出なくても中だけで行き来が可能です。一番便利なのは、今まで夜中に仕事をしていてトイレに行くときは、普通に廊下の途中にあるトイレに行っていたのですが、今度はベッドルームにバスルームとトイレを設置しましたので、そっと気を使ってトイレに行くとかの必要が無くなりました。

これ、私以上にお姉ちゃん(長女)が喜んでるかと思います。理由は、夜中に彼氏とSkypeで話している最中に、こっそりとお父さんに廊下で立ち聞きさる事が無くなるからです。 いや、甘いな。今度はそっちをメインの目的として出かけよう(笑)。

2016/09/22 戦績

FX戦績
2016/09/22 木曜日 戦績

 


 

通貨ペア(09/22)
USDJPY      +187,900円
JPYUSD*     +163,402円
EURUSD      +285,714円
USDEUR*     +267,989円
GBPUSD      +410,086円
USDGBP*     +332,051円
AUDUSD       +42,447円
USDCAD      +193,538円
EURGBP       +58,290円
TOTAL     +1,941,417円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +7,622,619円

 

月間戦績(09月)
TOTAL    +27,939,119円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +258,630,637円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +371,216,912円

 


 

日本時間で昨日早朝3時、米連邦公開市場委員会(FOMC)のFF金利誘導目標と議事要旨が公開になりまして、もう一昨日になりますが、日銀金融政策決定会合後の値動きを考えますとFOMC後も期待していたのですが、残念な結果と言うか、がっかりです(汗)。

システムを止めてその時を待ったのですが、いつもの大型指標肩透かし状態の若干上下する程度の値動きで終わり、ほんと期待外れです。まあ、そんなに言われても値動きが悪かったのは、直接はFOMCのせいではありませんので困るでしょうけど。

 

さて、昨日のブログで、システムの一部がトラブっていたと言う事を書いたのですが、非常に簡単な事でとりあえずの修正が可能でした。とりあえずなので、後でちゃんとしたいと思っております。

どの通貨ペアに余力を配分するかと言う計算をしているシステムが、トラブっておりました(汗)。

今回のトラブル、通常は一部のペアだけを取引中止にさせる事が無く、今回行ったドル円だけ一旦システムを停止させ数時間そのままにして、再度システムを復帰させたため、そんな事を想定して作っていなかったシステムがトラブルを起こしまして、システムのトラブルと言うよりは人為的なトラブルです。

 

fxse.hatenablog.jp

このシステムを修正する際に、一旦システムを止めましても戦績の数字が Part.A Part.B のようにバラバラと分かれないで一つに集計して表示させるように、バッチを書き換えました。

これ、また「◯回以上システムを止めると正常に作動しない」とかになりますと厄介なので、かと言って無限ループは何が発生するか分からないから嫌いなので「10回?いや、もう少し。100回?3桁になるの嫌だな、じゃあFF回(16進数なので、通常の10進数だと256回)もあれば大丈夫だろう」と言う事で、今後の戦績報告では、私がシステムを1日で止めた回数が256回を超えない限り、Part.xx とはならない事になりました(笑)。

ちなみに、 システムを1日で止めた回数が256回を超えた場合には、超えた分だけが分割されるのでは無く全てが分割されたままになりますので、今度は Part.001 と言うように数字で振る事にしました。

 

なんで今まで Part.A とか言う風にアルファベットで振っていたのかと言いますと、英語圏の書類って、分割されてる場合や付属文書で Part とか Schedule とかになる場合、アルファベットで振る事が多いんです。

これ、英語圏の書類って書類に番号が付いている事が多く、例えば Form-11 とか From SS4 とかみたいに、書類自体が番号で管理されているので、混同させないようにするためなんです。と、また話しが脱線しました。

 


 

昨日、秋分の日で日本はお休みでした。まあ、営業日で株式市場が開いており、金融機関も営業していたとしても、東京時間で大きく為替が動いてシステムじゃ対応しきれないことなんて、非常に稀です。ですんで、祝日で株式市場も金融機関もお休みであれば、東京時間中に大きく為替が動きシステムで対応出来ない事態なんて言うのは稀も稀なわけです。 

 

と言う事で、昨日は子供たちを連れまして、某ホテルのランチバッフェに行ってまいりました。バッフェって言うか、日本風だとバイキングですか、それともビュッフェですかね。ディズニーランド行ったりバッフェ行ったり忙しいですが、子供のために忙しいなら本望です。

参加者はいつもの感じでして、弟くん、お姉ちゃん、家政婦さんのところのお子さん、中国人娘ちゃんの、お子さんは合計4人。あと、一応は引率側で、アルバイトの高校生ちゃんが行きました。高校生ちゃんは引率側なのかお子様側なのか微妙なラインですけど(笑)。 

ホテルのランチバイキングと言っても、子供が好きそうなところなんで、たかが知れてます。それでも昨日は家族連れだけではなく、若いカップルやお姉さんグループ(若い方も、比較的そうでない方も)なんかもおりまして、結構繁盛しておりました。

 

えっと、先に申し上げておきますが、我が家が出かけますと何か事件が発生する事を期待されてる方もおられるかもしれませんが、今回は事件とか揉め事とか一切無く、楽しいひとときでしたと言う内容になります。申し訳ございません。なんで謝ってるんだろう(汗)。 

 

子供が一緒でバイキングの良いところと言えば、食事中にも関わらず、自由に歩き回って良いと言う事に尽きます。どんなに年齢の割にしっかりした子でも、小学生のうちは大人が行くようなレストランでジッとして食事をするのは、逆に酷でしょう。

バイキングに行きますと、子供はお皿いっぱいに盛ろうとしますが、そこだけは「少しづつ、何回行ってもいいんだから」と初めて行く時に教えますと「食べる → 取りに行く」をひたすら繰り返しまして、最後まで楽しくお食事が出来ます。少しだけ持ってくると言う理由は、残さない事、何回でも出歩く口実に出来る事と、あともう1つ「子供だけで料理を取りに行った時に、取りに行った先で遊ばずに直ぐに帰ってくる」と言うポイントがございます。

これ、バイキングに行きますと、食事に飽きた子供だけ数人で料理のところで遊んでたりして注意される事がありますが、それを防ぐ方法として少しづつ持ってくるが非常に有効です。なにせ、持ってくると言う楽しみが「ほんの少し」であれば、仮にお腹いっぱいでもデザートとかだったら可能ですんで、料理を取りに行くことを子供だけで心配無くさせておく事ができれば、一緒に行ってる大人も非常に楽です。

ただ、それでも少し気をつけておきませんと、子供は何が楽しくなるのか分かりませんから、カニのあるバイキングでカニの足を1本づつ持ってくるなんて奇策に出る事もありまして、気は抜けません(汗)。

 

ローストビーフは取り分けてくれる係の方がいる事が多いのですが、最近は中国人のスタッフの方も多いですし、お料理にも「日本語・英語・中国語」で説明がある事がほとんどになってきておりますので、中国人娘ちゃんが行っても楽しめます。

ほんの少し残念なのは、中国語が分かってしまうがために、ごく稀に心無い中国人観光客の方の発してる言葉が分かってしまう事でして、それはうちの弟くんも中国語を習ってるので同じ事が言えます。こればっかりは運なので仕方ないのですが、それでも予約の時に中国人の団体さんが少ない時間を選んで予約するとかで対処は可能です。

話してる意味が分からなくても「ウルサイな」と思ってる方はネットで予約するのでは無く、電話で予約してその際に聞いてみる事をお勧めします。割りと、どこでも言えば対応してくれる感じです。アソコとアソコ以外(笑)。

FOMC政策金利発表を終えまして

発表直前に止めました、全通貨ペアの自動取引システムは5分程度で全て復帰させまして、すでに自動取引システムの中の小人さんたちに頑張ってもらっております。

まあ、今回もシステムを止めていた事で、発表直後の騙し上下運動に捕らわれなくて良かったかな。と言う結果での幕引きでございます。

今回も政策金利は変わらずだとは私も思っていたのですが、もう少し突っ込んだコメントが来るかと思っておりましたが、前回のコピペを発表とあまり内容は変わらない感じでして、少しがっかりです。

 

特にがっかりだったのは、1ページ目最後の方のこの部分でして

f:id:fxse:20160922032445p:plain

"for the time being" 非常に良く使う「当面の間」と言う言葉ですが、これ、超意訳しますと「ほな、ぼちぼちいこか」って感じの、比較的長い「当面」でして、年内を目処に利上げに行くのであればもっと短期間的な表現で "for a while" ですと「次回のFOMCまではこのままで行くよ」くらいの勢いでして、逆に今回の文章ですとその勢いが無いって判断できる感じです。

もう、感覚で書いてますので、文法的にはどうのとか小難しい事を言ってこられましても困ります。日本語ネイティブの皆さんが「この表現は◯◯形だから~」とか考えないのと同じだと言う事で、お願いします。

 

まあ、これで日銀金融政策決定会合とFOMCと言う2つのビッグイベントが終了したと言う事で、これから少し動きやすくなる事を期待しておきます。

 


 

- FOMC 2016/09/21 アメリカ東部夏時間 午後2時発表 プレスリリース -

f:id:fxse:20160922033649j:plain

f:id:fxse:20160922033700j:plain

f:id:fxse:20160922033708j:plain