FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/11/24 戦績

 2017/11/24 金曜日 戦績

USDJPY         +63,600円

EURUSD        +185,006円

GBPUSD        +246,490円

AUDUSD          +9,519円

USDCAD         +43,177円

EURJPY        +280,700円

GBPJPY        +175,100円

EURGBP         +33,393円

TOTAL       +1,036,985円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +4,047,091円

 

月間戦績(11月)

TOTAL      +22,828,538円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +337,461,493円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +880,619,420円

 

東京時間、ドル円を含む対円での値動きは若干の円安に推移し、株式市場も日経平均が前日比+27.70円(+0.12%)と言う微妙に上げて終了。欧州時間は東京時間からの流れをそのまま受け、若干円売りでの値動きでした。

昨日、ニューヨークは祝日明けの平日扱いとは言え、多くのアメリカ人がサンクスギビングの連休に入っているため市場は閑散としております。「今年はこのまま終わるのかな?」と思っておりましたところ、そうは行かなかった(笑)。ちょうどニューヨーク時間開始と同時に、ユーロもポンドも買われる買われる。ドルが売られているわけでは無いのはドル円も上昇している事からも明らかでして、時間的にはニューヨーク時間ですが欧州居残り組がユーロもポンドも買っているのでしょう。とにかくロンドンフィキシングまで対ドルでも対円でもユーロもポンドも買われ続けました。

特にユーロなんて短期足のチャートを見ますと、東京時間から欧州序盤までの "足しもしない引きもしないサントリー山崎相場" から、急にロンドンフィキシングタイムまで一気上げの流れが凄いを通り越して、イヤラシイ(笑)。

https://stat.ameba.jp/user_images/20171125/05/fx-sengyo/04/f1/p/o1000065014077566383.pngこの流れ、金融系ニュースでは「ドイツで大連立の可能性から」とか伝えてますが、恐らく全然関係無く、単に薄い商いだろうと狙っていた層がオプションバリア破壊光線を放っただけかと(笑)。

世界の株式相場、東京の流れをそのまま汲んだのか、ドイツのDAXは51.29ユーロ高(+0.39%)、ニューヨークのダウは31.81ドル高(+0.14%)と微妙に伸びて終了です。英国だけは、ロンドンで銃の発砲音がしたとの通報が相次ぎテロの可能性が示唆され微妙に落として終了しておりますが、後にテロでは無く何か別の音を多くの人が銃の発砲音と聞き間違えたのであろうと言う発表がありました。

ちょっとした事でテロや事件を疑ってしまう世の中になってきております。そんな中で、また昨日こんなテロが発生してしまいました。

www.sankei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ ページ1 ページ2

世界の混沌はどこへ向かっているのでしょうか。

もう正直言いまして掛ける言葉も見つからないのですが、今回のテロで亡くなられた皆さんは金曜日にモスクで祈りを捧げておられた敬虔なイスラム信者の皆さんでしょうから、どうかご自身が信じておられたイスラムの教えの言うところの最期の審判にて楽園に導かれますようにと、異教徒ながら願わざるを得ません。また、怪我を負われた方には一日でも早く回復なさいますように、心よりお祈り申しあげます。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら

2017/11/23 戦績

 2017/11/23 木曜日 戦績

USDJPY        +179,100円

EURUSD        +229,613円

GBPUSD        +264,277円

AUDUSD         +32,908円

USDCAD         +36,265円

EURJPY        +142,200円

GBPJPY         +92,700円

EURGBP         +21,482円

TOTAL         +998,545円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +3,010,106円

 

月間戦績(11月)

TOTAL      +21,791,553円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +336,424,508円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +879,582,435円

 

東京市場が勤労感謝の日、ニューヨーク市場がサンクスギビングデーのお休みと、2大市場の祝日が重なった昨日、動きの無さが変態的(笑)。

その前日22日水曜日のニューヨーク時間が終わった後、日本時間で昨日木曜日23日午前6時ころからつい先程までの24時間で、ドル円の値動きが約30pips、ユーロドルが約40pips、ポンドドルが約50pips(笑)。こうなりますと、為替でチマチマ取引しているより、ブラックフライデーセールでブルーミングデールズにでもお出掛けしていた方がいいとアメリカ人で無くても思います。別に、ブルーミングデールズじゃ無くても、メイシーズでもシアーズでもウォルグリーンでもライトエイドでもコストコでもいいですけど。

 

そう言えば、高機能チャートで有名な TradingView でもブラックフライデーセールをやっておりまして⇩

jp.tradingview.com

ほとんどの方が契約されるであろう PRO+ プランが月額料金×12ヶ月分の半額になってます。ほんと小賢しい書き方してて癪なんですが、年間契約が必要な料金と月額の12ヶ月分を比較した割引率で、本来なら年間契約の通常料金$299.4と比較して40%引きなんですけどね。実際にお得なのはお得なのですが。上のリンク、アフィリエイトは入っておりませんので、ガンガンクリックして頂きましても、私には一銭の利益にもなりません(笑)。

ネット上での割引合戦は、サイバーマンデーセールが始まるこれからが本番です。

 


 

さて、そんな閑散とした日でしたが、当然多くの国では平日進行でして、指標発表もございました。欧州では、フランス・ドイツ・ユーロ圏の製造業やサービス業などのPMI速報が発表になりまして、どの数値も非常に良い結果になっております。

フランス11月 前回値 市場予想(中心値) 結果
製造業PMI(速報) 56.1 55.9 57.5
サービス業PMI(速報) 57.3 57.0 60.2
ドイツ11月 前回値 市場予想(中心値) 結果
製造業PMI(速報) 60.6 60.4 62.5
サービス業PMI(速報) 54.7 55.0 54.9
ユーロ圏11月 前回値 市場予想(中心値) 結果
総合PMI(速報) 56.0 56.0 57.5
製造業PMI(速報) 58.5 58.3 60.0
サービス業PMI(速報) 55.0 55.1 56.2

ただ、日が悪かったのか動きは限定的で、フランスの発表からユーロ圏の発表まで日本時間の午後5時から30分刻みなのですが、発表の度に段階的にジワジワ底値を上げるように、1.1820台から1.1840台にシフトしただけと言う感じで終了しました。少し悪い数字が出ただけでユーロが買い叩かれる事も多い指標ですので、市場参加者が多ければしっかり動いたのかと思うと、貴重な指標弾を無駄撃ちしたようで残念でなりません(笑)。いや、笑ってる場合じゃないな。

 

最近はいろいろと問題の多い英国のGDP改定値も発表になりまして、今までですとGDP改定値にはあまり触手を伸ばさない事が多い市場参加者の皆さんですが、最近は英国の指標と聞けば何かと理由をこじつけてポンドをイジり回します。

英国第3四半期(7-9月) 前回値 市場予想(中心値) 結果
GDP改定値(前比) +0.4% +0.4% +0.4%
GDP改定値(前比) +1.5% +1.5% +1.5%

指標発表の直前までポンドが売られていたのですが、予想通りの発表を受けてポンド売りが治まるだけの威力はあったようです。

それと、あまり聞き慣れない指標かもしれませんが「CBI流通業調査」と言う英国の指標も発表になりまして、これは英国産業連盟(CBI)が大規模流通業者に「儲かりまっか?」と聞いた結果「ボチボチでんなあ(ポジティブ)」と答えた業者から「サッパリですわ(ネガティブ)」と答えた業者の差です。当然、プラスになれば多くの大規模流通業者が増益に向かっていると言う事で、マイナスになれば多くの大規模流通業者が減益に向かっていると言う事です。POSシステムなどで、売上数字自体は比較的容易に集計可能ですが、コストの掛かり具合や現場の"雰囲気"などで利益がどうなっているのかと言う日次、週次、月次ではなかなか簡単に集計できない部分を集計するのが目的です。

英国11月 前回値 市場予想(中心値) 結果
CBI流通業調査 -36 +5 +26

結果はこんな感じです。前回値の10月が-36と言う事でして、その前9月は+42でしたから、これ凄いブレるの(笑)。まあ、感覚を数字にしているので仕方ありませんが、指標発表になりました日本時間で午後8時の値動きも、この指標が良かったから動いたのか判断が付かない微妙な値動きでして、それも仕方ありません。

 

さて、昨日の一番の暴れ者だったのは加ドルでして、こちら⇩の指標発表と同時に40pips弱値が飛びました。

カナダ9月 前回値 市場予想(中心値) 結果
小売売上高
(前月比)
-0.3% +1.0% +0.1%
小売売上高・自動車除く
(前月比)
-0.7% +1.0% +0.3%

前月比の指標ですのでブレが大きいのですが、それでも季節要因などを総合して事前に市場関係者が予想していた数字とは随分乖離した結果となりました。

 

 

上の数字「あと1,455円くらいがんばれよ!」とも思うのですが、この数字の大部分が前日水曜日からのポジションを昨日精算したものでして、あの値動きの中でもう1,500円くらいって言うのが無茶でしょう。そもそも、システムの中の小人さんは、数字チョッキリに合わせようとか一切してませんし(笑)。

 


 

昨日、東京は天気予報よりも若干早く雨が上がりまして、気温も最近の中では比較的高くなり過ごしやすい午後になりました。せっかくのお休みですからね、たとえ半日でもいいお天気になってくれたのは嬉しいです。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら

2017/11/22 戦績

 2017/11/22 水曜日 戦績

USDJPY        +212,400円

EURUSD        +157,537円

GBPUSD         +63,111円

AUDUSD         △3,677

USDCAD         +52,329円

EURJPY        +106,300円

GBPJPY        +128,900円

EURGBP         +36,253円

TOTAL         +753,153円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +2,011,561円

 

月間戦績(11月)

TOTAL      +20,793,008円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +335,425,963円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +878,583,890円

 

勤労感謝の日の今日、私も日頃の自分の労働を尊んで、ブログの更新をいつもより1時間ほど遅くいたしました。全然勤労感謝の日の趣旨関係ありませんが、それはそれと言う事で、自分さえ良ければ満足です(笑)。

 

昨日、東京時間から欧州序盤にかけては緩やか~な値動きとなりまして、ほぼドル安が売られる相場となりました。対円クロスに関しては、ドル円でのドル売りを受けた円高の流れの中での円高、ただしユーロだけは対ドルの動意が見られずクロス円主導と言った感じでしょうか。

さすが、FOMC議事録公開前日と言った感じです(笑)。⇦ この笑いは「前日だから何?」って、自分で言ってる事が適当すぎて笑えるみたいな感じで(笑)。

 

指標も目立ったものが非常に限られ、唯一と言って良かった指標が⇩

米国10月 前回値 市場予想(中心値) 結果
耐久財受注
前月比
+2.2% +0.3% -1.2%
耐久財受注
前月比・輸送用機器除く
+1.1% +0.5% +0.4%

 ここまで "パッと見" は悪い数字だったんですが、割りと市場は反応薄でして、さすが、FOMC議事録公開前日(笑)。いや、それでもユーロやポンドの欧州通貨もこの指標を切っ掛けにして明確にドル売りになった感じですので、それなりの効果はあったようです。非常に大きく数字を落としているのは、上段に書きました "輸送用機器除かない" 方でして、もうこれ、ボーイング社一社が独壇で指標悪化させているのは明白(笑)。なにしろ、ボーイング777を1機受注したかどうかで300億円前後変わってくるわけですから多少は仕方ありません。

先日、トランプ大統領が中国を訪問した際に約束を取り付けた航空機受注は、いつくらいに入るんでしょうかね?政治的に効果的な感じに調整される前に、そもそものボーイングが受注ベース落としてますと、勝手に政治的なアピールとなってしまいます。まあ、私としたら別にそこはどうでもいいんですが、なんとなく癪じゃないですか(笑)。

 


 

本来のこのブログの趣旨としますと「前日分を翌時に書く」と言う事で、日付が変わって本日早朝にありましたFOMC議事録公開に関しては明日のネタとなるのですが、簡単にサラッとだけ。

公開された議事録を確認しますと、なんと「インフレの弱さから、利上げに反対してた委員が数人いた」と言う事で、この点が今後の利上げ足かせになる事を懸念した市場が反応し、ドル安と債券利回りの低下と言う事になりました。本日は、日本が祝日で東京市場が開きませんから東京時間はダラダラした動きが予想されます。もっとも、いつも東京時間はダラダラしてますが(笑)。その後、欧州でどのような評価がされるのか、このままドル売りが継続するのかどうか注目です。

 


 

せっかくの祝日でお休みの日なのに、東京はいま絶賛雨降りです。午後には雨は止むようですので心待ちにしておりますが、雨だからと大人しくしているのもいいのかなと思ったり。珍しく週の途中にある祝日ですから、連休となる時とは違った過ごし方をしてもいいのかもしれません。思い思いに、楽しい祝日をお過ごし下さい。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら

2017/11/21 戦績

 2017/11/21 火曜日 戦績

USDJPY         +90,900円

EURUSD         +89,736円

GBPUSD        +152,651円

AUDUSD         +24,393円

USDCAD         +36,079円

EURJPY         +72,700円

GBPJPY        +154,200円

EURGBP         +22,168円

TOTAL         +642,827円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +1,258,408円

 

月間戦績(11月)

TOTAL      +20,039,855円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +334,672,810円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +877,830,737円

 

また、随分と狭いレンジ内での値動きになり始めました。どの通貨も積極的に買う材料に乏しく、売る動機も無い、そんなところでしょうか。ただ、指標で大きく予想と違う数字が出た加ドルなんかを見ますと、それなりには動いております。

カナダ9月 前回値 市場予想(中心値) 結果
卸売売上高(前月比) +0.4% +0.6% -1.2%

普段あまり注目されない卸売売上高しかも前月比ですが、+0.6%予想がマイナス1.2%と発表されますと、動き出すのに若干の時間差があったのですが他の資源国通貨も買われている事に同調しまして、さすがにこうなります⇩

f:id:fxse:20171122070935p:plain

指標で動いたと言うよりも、資源国通貨として買われたと言う方が大きいのかもしれませんが、他の資源国通貨と言われる豪ドルやNZドルよりも、指標の評価分だけ大きな値動きになったようです。カナダドルで60pips以上と言うのは、普段の値動きからしたら大変立派なものです。

 

その噂の豪ドルなんですが、豪州中銀(RBA)が前回の金融政策決定理事会議事録を公開しまして、特に目新しい事も無く市場は反応薄。夜になってから、突如RBA総裁が発言した「次の一手は利上げだろう」と言う方が、よっぽど反応しておりました。過去には「豪ドル、もう少し安くなる事希望」と言った、日銀総裁なら口先介入とも取られるほどの発言をしても華麗にスルーされた事もあるRBA総裁の発言ですが、この材料難のご時世では市場は何にでも食いつきます(笑)。

もっとも、今回の議事録の中身を見ますと、労働市場に関しては高いレベルでRBAが満足している様子が伺えますし、いまだに続く住宅価格高騰からすると、インフレ率を睨みながら利上げも選択肢としては本当にあるのでしょう。

 

昨日は目立った値動きも少なく、やはり、市場は明日早朝のFOMC議事録待ちと言うフリをしながら、材料探しの旅の最中のようです。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら

2017/11/20 戦績

 2017/11/20 月曜日 戦績

USDJPY         +41,200円

EURUSD         +79,004円

GBPUSD        +111,338円

AUDUSD          +9,681円

USDCAD          +3,372円

EURJPY        +144,600円

GBPJPY        +212,500円

EURGBP         +13,886円

TOTAL         +615,581円

 

週間戦績(当週)

TOTAL         +615,581円

 

月間戦績(11月)

TOTAL      +19,397,028円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +334,029,983円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +877,187,910円

 

月曜日の初っ端指標として、いつものように無反応で通過した日本の貿易収支ですが、円安と原油高の影響が随分と顕著に現れておりました。

日本10月 前回値 市場予想(中心値) 結果
貿易収支 +6,677億円 +3、300億円 +2,854億円

トランプ大統領の掲げる貿易不均衡是正と言う意味では黒字幅縮小でパット見はドル支援になりそうなものですが、実際の中身としては前年同月比で輸出が14.0%増、輸入が18.9%増となり、しかも対米輸出は+6,446億円と伸びてます(笑)。

いや、アメリカに何でもかんでも合わせる必要は無いので、これが結果なら結果として日本の経済が順調であるとの証ですので、大いに結構だと思うんですけどね。どうやら、日本のメディアの報道を見てますと「5ヶ月連続で貿易収支黒字がぁぁぁぁ」と、日本が儲かる構図は大企業が儲かる構図、それは悪いことと言いたい雰囲気も見え隠れしております。いや、まともに見えているところもあります。

通信系各社と某公共放送の速報ですが、

ロイター 5カ月連続で黒字を確保した(対アメリカの記載なし)

ブルームバーグ  堅調な輸出や設備投資が下支えした(対アメリカの記載なし)

時事通信 トランプ米政権が問題視する対米貿易黒字は11.3%増の6447億円となり、4カ月連続で前年同月実績を上回った

NHK トランプ大統領が問題視している日本のアメリカに対する貿易収支は (中略) 4か月連続で拡大

ほっほ~、一体どっちがどっちの国のニュースを配信してるんだから、私には全く分かりません(笑)。まあいいや。

 

東京時間はダラダラ過ごし、欧州時間に入りますとドイツの指標が予想通りであった事を受けてなのかどうかは分かりませんが、欧州通貨買いの流れとなりました。

ドイツ10月 前回値 市場予想(中心値) 結果
生産者物価指数(前年比) +3.1% +2.7% +2.7%

ほとんどドル円は反応しない状況の中で、ポンドとユーロだけが対ドルでも対円でも上昇するパターンの日でして、私としては、ドル円も参戦して対ドルでハードカレンシー三つ巴になるグッチャグチャ相場より、クロス円のボラ(値動き)が大きくなり数字が出るのでむしろありがたいです(笑)。

 

ところが、今度はニューヨーク時間の早起きプレーヤーの皆さんが参戦してきますと、自分たちが寝てる間に勝手に動いたのが気に入らないのか、ユーロ売り浴びせ、とばっちりで円も売り浴びせ。ポンドは眼中にないのかユーロに合わせて若干売られただけで難を逃れたようですが、このドル高基調は日本時間の本日早朝(ニューヨーク時間の昨日終了)までかけまして、ユーロドルは昨日欧州勢が上げた分だけ全戻し、ドル円は上がりっぱなし、ポンドドルは眼中にないのかぐちゃぐちゃなチャートで終了となってます。

 

完全にゲーム相場の体で、これ、仕掛けてた方はバリバリ儲かって面白かっただろうなと思いますよ。欧州時間の人たちも、ニューヨーク時間の人たちも。

ああ、ゲーム相場作れる程の資金力が欲しい(笑)。

 


 

最後は心の声がダダ漏れになっておりましたが、市場が薄い日(取引参加者が少ない日)を狙って相場を動かそうとしたとして、年末年始の極端に薄い日でも数百億円は必要でしょうね。かと言って、ほんの数本(数億円)のオーダーが切っ掛けで市場が大きく動くときもありますし、本当に分からない世界です。

 

あまり表のブログでは書かないのですが、ビットコイン凄い事になっちゃってまして、あれなんかは規模的には非常に小さな市場ですから、為替市場で薄い日なんかよりも更に小さい小さいマーケットで日々取引されていたら、少しの買い方が多いだけでバブル状態になるのは仕方ないのかもしれません。

なにせ、あれだけ大きくなったように見えるビットコインの発行総額でも、全世界の通貨供給量のやっと1%を超えたところですから。ストップロスがきちんと機能するのかどうか分かりませんが、細かく取引していく分には値動きさえあれば何でもいいので、ビットコインなんかは面白いかもしれません。

私はやりませんけど、ほら臆病なんで(笑)。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら