読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2016/05/30 戦績

FX戦績
2016/05/30 月曜日 戦績

 


 

通貨ペア(05/28)
USDJPY      +135,700円
EURUSD       +59,672円
GBPUSD       +27,149円
AUDUSD        +4,919円
USDCAD       +42,844円
EURGBP         △553
TOTAL       +269,731円

 

週間戦績(当週)
TOTAL       +269,731円

 

月間戦績(05月)
TOTAL    +16,930,431円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +110,855,333円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +223,441,608円

 


 

 

 

bot更新による戦績数字だけだと寂しい感じなので、百人一首でも一歌づつ載せていきます。

 

小倉百人一首

56番歌

   あらざらむ      このよのほかの       おもひでに
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

   いまひとたびの        あふこともがな
いまひとたびの 逢ふこともがな

いずみしきぶ
和泉式部

 

 

平安歌人の中で、特に私が好きなこの方。和泉式部さんです。

非常に浮いた話が多い方ですが、それが故なのか詠う和歌は恋愛模様が眼前に広がるがの如くきらびやかで、かと思うと繊細に読み手を魅了してくれるように思います。

彼女が詠った歌、多くが恋の歌でして百人一首に選ばれているのは、もう晩年の作ですがやはり恋の歌でした。病床の和泉式部が「この世の思いでに、あなたともう一度逢いたい」そう懇願する歌です。亡くなる怖さよりも、愛した男性との逢瀬を願う和泉式部らしい歌です。

 

そんな和泉式部が、名前の由来ともなる和泉守であった橘道貞との間にもうけた一人娘の小式部内侍は、まだ20代の若さで母より先に亡くなりました。その後で詠んだ歌は、母が子を愛す歌として知られております「とどめおきて誰をあはれと思ふらむ 子はまさるらむ子はまさりけり」小式部内侍が遺した子、和泉式部自身の孫を見ながら「あの子は誰の事を心残りに亡くなったのだろうか?私が子を思うように、きっとあの子もこの世に残す自分の子思っているのだろう」壮絶な母の心を詠んだ歌です。字余りが嫌いな私が唯一、字余りをよしとする歌でもあります。

 

 

botによる更新

2016/05/30 月曜日

その他
5月もいよいよ最終週。気温も20度を超え、連日暑い日が続いております。6月に入ると梅雨が来て、平年では東京で6月8日頃に梅雨入り、昨年は少し早くて6月3日に梅雨入りしたそうです。
梅雨嫌なんですが、これがちゃんとありませんと夏に渇水して水道の使用制限が行われたりする事も、作物が育たなくて野菜の値段が高騰する原因にもなります。
 
梅雨が過ぎて夏が来て、毎日暑い日が続き「少し涼しくならないかな」と思うのが人情ですが、これもまた暑い夏が来ませんと作物が育たずに野菜の値段が高騰したり、1993年の冷夏の際に発生したような米の不作で大変な事が起こる原因にもなります。
この時の冷夏による米の不作、一向に明けない梅雨の長雨と日照不足、平均気温が僅か平年よりも2~3度低かったのが原因だと言われております。
 
梅雨が長くてもダメ、短くてもダメ、普段何気なくごく当たり前のように購入している農作物は、非常に危ういバランスの中で育てられている事が分かると言うものです。
それを可能にするのが、長年の積み重ねによる農家の方の叡智なのでしょう。農薬や農業機械が発達しても、屋外で育てている稲作や露地野菜には自然の力の方が遥かに優っているのでしょうから。
 
 
梅雨が来る前にやらないといけない事を、今週は済ませてしまわなければなりません。梅雨入りまでに、あと何回晴れの日はあるでしょうねえ。
 
 
今週も一週間がんばりましょう。 
 

2016/05/28 戦績

FX戦績
2016/05/28 土曜日 戦績

 


 

通貨ペア(05/28)
USDJPY       +82,400円
EURUSD       +66,722円
GBPUSD       +79,828円
AUDUSD       +21,216円
USDCAD       +37,153円
EURGBP       +19,401円
TOTAL       +306,720円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +2,966,027円

 

月間戦績(05月)
TOTAL    +16,660,700円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +110,585,602円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +223,171,877円

 


 

 

 

bot更新による戦績数字だけだと寂しい感じなので、百人一首でも一歌づつ載せていきます。

 

小倉百人一首

48番歌

 かぜをいたみ  いわうつなみの   おのれのみ
風をいたみ 岩打つ波の おのれのみ

 くだけてものを       おもふころかな
くだけてものを 思ふころかな

みなもとのしげゆき
源重之

 

 

源重之さん、歌人です。貴族ですが、あまりパッとせず歌人としての方が有名なんですが、この平安時代にメインストリームであった恋の歌では無く、鬱っぽい悲観した歌が多い方です(汗)。

恋の歌を詠んでも「思い出のけながきものは人しれぬ 心のうちの別れなりけり」(図らず別れ、そして亡くなった女性との事を忘れる辛さを詠んだ)
そして今回のこの歌「風をいたみ岩うつ波のおのれのみ くだけて物を思ふ頃かな」強風で激しい波が岩に当たるように、僕ちゃんばっかり心砕かれるぅ……、こんなのが多いです。

とは言え、恋だ腫れただを全くしていないかと言えばそうでも無く、現在判明しているだけで5人の子供がおります。そして子供の1人は重之女と言う何とも言えない名前で歌人でして、まあこの時代は父親の名前+女を名乗った方が分かりやすいので、あえてそのように名乗ってる者が大勢おりました。
 
 
百人一首では48番目に収録されているこの歌ですが、ひとつ前47番目は恵慶法師でして、あまり取り上げられませんが実はこの2人お友達です。お友達と言いましても今の時代と違い少し離れれば生涯会うことも叶わないような距離感ですから、地方官をして回り歩いた貴族にとっては、それこそ和歌の繋がりが今のメールやLINEにも匹敵した交流ツールでもあったのかもしれません。

そのお友達が詠んだ嘆き悲しい歌ばかり聞こえてきたら、恵慶法師ばかりでは無く同じ時期を生きた他の歌人の皆さんの気分は、どんなものだったのでしょう(汗)。

 

 

botによる更新

2016/05/27 戦績

FX戦績
2016/05/27 金曜日 戦績

 


 

通貨ペア(05/27)
USDJPY      +134,100円
EURUSD      +115,490円
GBPUSD       +31,716円
AUDUSD       +17,339円
USDCAD      +183,936円
EURGBP      △13,522
TOTAL       +469,059円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +2,659,307円

 

月間戦績(05月)
TOTAL    +16,353,980円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +110,278,882円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +222,865,157円

 


 

 

 

bot更新による戦績数字だけだと寂しい感じなので、百人一首でも一歌づつ載せていきます。

 

小倉百人一首

95番歌

 おほけなく     うきよのたみに     おほふかな
おほけなく 憂き世の民に おほふかな

 わかたつそまに    すみそめのそて
わが立つ杣に すみ染の袖

さきのだいそうじょうじえん
前大僧正慈円

 

 

この時代の方にしては、珍しく生没年月日が判明している慈円和尚です。とは言っても、平安時代は末期で鎌倉時代にかけての方ですので、平安初期の方とは比べられませんが。
1155年5月17日生-1225年10月28日没 お父さんは、法性寺入道前関白太政大臣です。ええ、これが書きたかった(笑)。

歌は、慈円和尚の名前の如く慈愛に満ちた内容でして、一言で言えば「この比叡山から民の全てを守ってあげたい」と言う内容です。「おほけなし」と言う歌い出しで、身分不相応などと謙遜しておりますが、幼い時に仏門に入り若くして天台座主を務めた慈円和尚であれば、謙遜するような事では無いと思います。

 

 

botによる更新

2016/05/26 戦績

FX戦績
2016/05/26 木曜日 戦績

 


 

通貨ペア(05/26)
USDJPY      +182,600円
EURUSD       +79,322円
GBPUSD       +54,018円
AUDUSD       +28,516円
USDCAD      +247,606円
EURGBP        +5,333円
TOTAL       +597,395円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +2,190,248円

 

月間戦績(05月)
TOTAL    +15,884,921円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +109,809,823円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +222,396,098円

 


 

 

 

bot更新による戦績数字だけだと寂しい感じなので、百人一首でも一歌づつ載せていきます。

 

小倉百人一首

10番歌

  これやこの     ゆくもかへるも    わかれては
これやこの 行くも帰るも 別れては

   しるもしらぬも       あふさかのせき
知るも知らぬも あふ坂の関

せみまる
蝉丸

 

 

蝉丸さん、生年不詳・没年不詳、経歴不詳、皇族の蔵人(侍従)であったと言う説や、そもそも自身が親王であったとか、中には物乞いであったとか言う説まである始末でして、全く分からないお方です。

凄い有名な歌人であった訳では無く、和歌集にも若干名前がある程度でして、なぜ蝉丸さんのこの歌が百人一首に収録されたのか、藤原定家さんが百人一首を選定した13世紀初頭には、まだ蝉丸さんの伝承が残っていたのかもしれません。

歌は、逢坂の関について詠ったものでして、逢坂の関自体の場所は定かでは無いのですが、各種文献から滋賀県大津市の石山寺近辺にあったのではと言われております。

「どこかに出かける人、これから帰る人、知ってる人も知らない人も、この逢坂の関で皆すれ違う」と言うような淡々とした内容ですが、行旅を人生と重ねているように感じられます。まるで、奥の細道の冒頭「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」と松尾芭蕉が月日を旅人に比喩したのと同じ感じを受ける、不思議な歌です。

ちなみに逢坂の関は、百人一首では他にも清少納言さんが「夜をこめて鳥の空音ははかるとも よに逢坂の関はゆるさじ」と詠っております。

 

 

botによる更新