FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2020/01/18 戦績

 2020/01/18 土曜日 戦績

USDJPY          +3,200円

EURUSD         +70,951円

GBPUSD        +128,057円

AUDUSD          +9,423円

NZDUSD         +12,496円

USDCAD          +7,208円

USDCHF         +15,670円

EURJPY         +52,600円

GBPJPY        +156,900円

AUDJPY          +6,500円

NZDJPY         +10,900円

CADJPY          +2,200円

CHFJPY         +16,600円

EURGBP          +4,555円

EURCHF         7,924

TOTAL         +489,336円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +5,169,945円

 

月間戦績(01月)

TOTAL      +11,048,716円

 

年間戦績(2020年)

TOTAL      +11,048,716円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +205,142,205円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,585,142,220円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

最近、トランプ大統領の発言が大人しく、米中通商協議や中東情勢への対応もマイルドな感じになっております。それも、全ては弾劾裁判へ注力しているためと思われ、この弾劾裁判の終わりが見えるまではこのままなんでしょうか。

www.cnn.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

別に、トランプ大統領の発言で市場が荒れるのを望んでるわけではありませんが、トランプ大統領の発言がないと動かなくなってしまった以上、なんらかの責任を取ってもらいたいなと(笑)。 


 

さあ、誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます。

 

IMMポジション(2020年01月14日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 49,720 81,150 -31,430 -19,182
EUR (099741) 163,881 212,063 -48,182 +13,482
GBP (096742) 68,816 37,284 +31,532 +15,022
CAD (090741) 70,428 37,576 +32,852 +6,485
CHF (092741) 12,417 12,609 -192 +4,277
RUB (089741) 32,505 3,623 +28,882 +92
VIX (1170E1) 79,372 246,966 -167,594 -22,697
金Gold (088691) 376,809 57,574 +319,235 -3,056
原油 (067651) 610,444 80,132 +530,312 -36,960

 

IMMポジション(2020年01月07日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 47,846 60,094 -12,248 +13,054
EUR (099741) 164,813 226,477 -61,664 +12,681
GBP (096742) 67,403 50,893 +16,510 +4,117
CAD (090741) 68,756 42,389 +26,367 +14,454
CHF (092741) 11,298 15,767 -4,469 +1,256
RUB (089741) 32,995 4,205 +28,790 -217
VIX (1170E1) 77,923 222,820 -144,897 +8,009
金Gold (088691) 383,480 61,189 +322,291 +5,634
原油 (067651) 639,009 71,737 +567,272 +12,415

 

過去のIMMポジション
fxse.hatenablog.jp

 

珍しくIMMポジションに明確な動きがあり、日本円だけ前週比で大きく売買差引マイナスが膨らみました。円ショート(売り)の増加ですから、ドル円で言えばロングポジションの拡大です。ここまで大口集団が円を売り込んで110円を超えたのか、あるいは110円を超えるから売り込んだのか難しいところです。また、クロスレートで対円を作っている可能性もあり、特に大きくプラスに膨らんだポンドとの組み合わせもあるかもしれません。いずれにせよ、大口の皆さんが円売りに動いているのは間違い無いようですから、久しぶりにIMMポジションが参考になりそうです。


 

昨日、東京でも雪が降りました。降雪地域の皆さんにしてみたら、あれで雪が降ったと言うと笑われるような雪が舞った程度でしたが、それでも都心で雪がチラつく程度には気温が低くなりまして、センター試験のある日は決まってこんな感じのような気がしてなりません。

tenki.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

今日も朝から非常に冷え込んでおりまして、受験生だけでなく、どなたさまも風邪などひきませんように、お気をつけ下さい。特に私(笑)。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら

2020/01/17 戦績

 2020/01/17 金曜日 戦績

USDJPY         +27,700円

EURUSD        +112,128円

GBPUSD        +303,522円

AUDUSD         +25,341円

NZDUSD         +34,298円

USDCAD         +42,908円

USDCHF         +69,407円

EURJPY         +89,000円

GBPJPY        +421,300円

AUDJPY         +21,200円

NZDJPY         +26,600円

CADJPY         +34,400円

CHFJPY         +75,100円

EURGBP         +11,472円

EURCHF          +1,361円

TOTAL       +1,295,737円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +4,680,609円

 

月間戦績(01月)

TOTAL      +10,559,380円

 

年間戦績(2020年)

TOTAL      +10,559,380円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +204,652,869円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,584,652,884円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

ここのところ、ポンドしか動きが無いような外為市場でして、ポンドに引きずられるように同じ欧州通貨のユーロやスイスフランも若干は動きがあるものの、ほとんど今週の数字はポンドが弾き出してくれたと言っても過言ではありません。

月曜日の欧州時間開始以降ずっと一方的に買われ続けていたポンド、どんどん含み益のポジションが積み上がるのでワクワクしておりましたら、昨日の英国指標でとんだ数字が発表され、随分と持っていかれました・・・・・・

まあ、仕方ない。前回値を下方修正した上で、この結果ですし⇩

英国12月
1830JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比)  -0.8%
 -0.6%
+0.5%  -0.6%
小売売上高(前比) +0.8%
+1.0%
+2.6% +0.9%

指標に反応するようになった事が嬉しい、と言う事にしておきたいと思います。もっとも、どんなに指標に無反応な時でも、この結果なら動くのかもしれませんけど。悔しくなんて、くやしくなんて、くやsk・・・・・・

午後10時半に発表になりましたアメリカの住宅関連指標ですが、住宅着工の前月比が事前の市場予想を遥かに上回る数字となってまして、若干のドル買いが入りました。

米国12月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
住宅着工(前比)  +2.6%
 +3.2%
 +1.1% +16.9%
建設許可(前比) +0.9%
+1.4%
 -1.5%  -3.9%

ただ、もともと数字にブレが大きい指標と言うことと、先行指標となる建設許可が事前の市場予想を下回り随分とマイナスを食ってまして、差し引きで若干のプラス程度と判断されたようです。


 

いつもと同じように、既に作ってあります指標の結果だけは貼っておきます。

中国第4四半期(10-12月)
1100JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
国内総生産(GDP)
(前同期比)
+6.0% +6.0% +6.0%
中国第4四半期(10-12月)
1100JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
国内総生産(GDP)
季節調整済(前比)
+1.5% +1.4% +1.5%
中国第4四半期(10-12月)
1100JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
国内総生産(GDP)
(前同期間比)
+6.2% +6.2% +6.1%
中国12月
1100JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比) +8.0% +7.8% +8.0%
鉱工業生産(前比) +6.2% +5.9% +6.9%
中国2019年(1-12月)
1100JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比) +8.0% +8.0% +8.0%
鉱工業生産(前比) +5.6% +5.5% +5.7%
中国2019年(1-11月)
1100JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
固定資産投資(前比) +5.2% +5.2% +5.4%
不動産開発投資(前比) +10.2  +9.9%
中国11月
1100JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
都市部失業率調査 +5.1% +5.2%
日本国11月
1330JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
第三次産業活動指数(前比)  -5.2%
 -4.6%
+1.0 +1.3
スイス12月
1630JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
生産者物価及び輸入物価指数
(前比)
 -0.4%   0.0% +0.1%
生産者物価及び輸入物価指数
(前比)
 -2.5%  -2.0%  -1.7%
フランス11月
1645JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
予算収支 -1077億ユーロ -1139億ユーロ
ユーロ圏11月
1800JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
経常収支・季節調整 +358億ユーロ
+324億ユーロ
+339億ユーロ
経常収支・季節調整 +410億ユーロ +366億ユーロ
英国12月
1830JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比)  -0.8%
 -0.6%
+0.5%  -0.6%
小売売上高(前比) +0.8%
+1.0%
+2.6% +0.9%
英国12月
1830JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
コア小売売上高(前比)  -0.8%
 -0.6%
+0.7%  -0.8%
コア小売売上高(前比) +0.6%
+0.8%
+2.9% +0.7%
ユーロ圏11月
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
建設支出(前比)  -0.5%
 -0.1%
+0.7%
建設支出(前比) +0.9%
+0.3%
+1.4%
ユーロ圏12月
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
 -0.3% +0.3% +0.3%
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
+1.3% +1.3% +1.3%
ユーロ圏12月
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数コア(前比)
HICP(EU基準)・確定値
 -0.4% +0.3% +0.3%
消費者物価指数コア(前比)
HICP(EU基準)・確定値
+1.4% +1.4% +1.4%
イタリア12月
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
+0.2% +0.2% +0.2%
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
+0.5% +0.5% +0.5%
イタリア12月
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
+0.2% +0.2% +0.2%
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
+0.5% +0.5% +0.5%
カナダ11月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
対加証券投資 +113.1億加ドル
+113.2億加ドル
  -17.5億加ドル
米国12月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
住宅着工件数(年換算) 137.5万件
136.5万件
137.5万件 160.8万件
住宅着工(前比)  +2.6%
 +3.2%
 +1.1% +16.9%
米国12月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
建設許可件数(年換算) 147.4万件
148.2万件
146.8万件 141.6万件
建設許可(前比) +0.9%
+1.4%
 -1.5%  -3.9%
米国12月
2315JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
鉱工業生産(前比) +0.8%
+1.1%
 -0.2%  -0.3%
設備稼働率 77.4%
77.3%
77.1% 77.0%
米国1月
2400JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
ミシガン大消費者信頼感指数
速報値
 99.3  99.3  99.1

 

=別表= 米国 EIA週間天然ガス在庫集計

米国 EIA週間天然ガス在庫集計
(01/10分)

01/17 0030JST
前回値 市場予想 結果
天然ガス在庫(前比)  -44Bcf  -94Bcf -109Bcf

 


 

本日はセンター試験の第一日目です。センター試験の日はいつも寒いイメージがありますが今日もまた冷え込んでおりまして、試験は明日もありますから、試験に行く際には十分に防寒するだけでなく、試験中に寒くならないように、また暑くなったら脱げるように、薄い防寒を重ね着などいいかなと思います。
どうか、今まで頑張ってきた成果を出せますように。

【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら

2020/01/16 戦績

 2020/01/16 木曜日 戦績

USDJPY         +55,300円

EURUSD         +66,796円

GBPUSD        +219,053円

AUDUSD         +19,424円

NZDUSD         +27,123円

USDCAD         +60,517円

USDCHF         +45,782円

EURJPY         +61,900円

GBPJPY        +338,200円

AUDJPY         +30,600円

NZDJPY         +42,800円

CADJPY         +27,300円

CHFJPY        +120,200円

EURGBP         +29,939円

EURCHF          +8,033円

TOTAL       +1,152,967円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +3,384,872円

 

月間戦績(01月)

TOTAL       +9,263,643円

 

年間戦績(2020年)

TOTAL       +9,263,643円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +203,357,132円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,583,357,147円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

米中通商協議も一段落し、中東情勢に新たな火種が発生する様子もなく、地政学的な問題が解決したわけではありませんが落ち着きは取り戻した感じがあります。地政学的な問題が落ち着いたなら、今まで反応しづらかった指標に反応しても良さそうなものですが、まだ疑心暗鬼なのか、あるいは指標に反応するより地政学的な問題で反応していた方が値が動き儲かっていた事を忘れられないのか、指標での反応はまだイマイチのご様子。

特に動かざるは東京時間で、まるで日本が祝日で休場が如くのフラットさです。動かない中でも、さらに110円の節目前後でうだうだやってるドル円は酷い有様で、東証寄り付き午前9時前後の10pips程度の上昇を除けば、大引け午後3時までほぼ5pips程度しか値動きがなく、クリスマス時期より動かない感じでした。

午後10時半にありましたアメリカの小売売上高、価格変動の大きな製品を除くコアの各指数が事前の市場予想より良かった事を好感し米ドルが買われました。このような注目度合いの高い指標で少しづつ、「指標で反応する」と言うリハビリを市場参加者全体でしていくしか無いのでしょう。


 

いつもと同じように、既に作ってあります指標の結果だけは貼っておきます。

日本国11月
0850JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
機械受注(前比) -6.0% +3.2% +18.0%
機械受注(前比) -6.1% -5.4% +5.3%
日本国12月
0850JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
企業物価指数(前比) +0.2% +0.2% +0.1%
企業物価指数(前比) +0.1% +0.9% +0.9%
英国12月
0901JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
RICS住宅価格指数
(前比)
-11
-12
-10  -2
オーストラリア11月
0930JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
住宅ローン残高
(前比)
+2.1%
+2.0%
+1.4% +1.8%
住宅ローン残高
居住用物件(前比)
+2.3%
+2.2%
+1.8% +1.6%
住宅ローン残高
投資用物件(前比)
+1.5%
+1.4%
+1.0% +2.2%
中国12月
1030JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
新築住宅価格(前比)
算出値
 +0.30%  +0.35%
新築住宅価格(前比)
算出値
 +7.1%  +6.6%
ドイツ12月
1600JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
+0.5% +0.5% +0.5%
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
+1.5% +1.5% +1.5%
ドイツ12月
1600JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
+0.6% +0.6% +0.6%
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
+1.5% +1.5% +1.5%
中国12月
1600JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
人民元新規貸出 1兆3900億CNY 1兆2000億CNY 1兆1400億CNY
ファイナンス規模 1兆9940億CNY
1兆7500億CNY
1兆6500億CNY 2兆1030億CNY
中国12月
1600JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
マネーサプライM0(前比) +4.8% +5.2% +5.4%
マネーサプライM1(前比) +3.5% +3.7% +4.4%
マネーサプライM2(前比) +8.2% +8.3% +8.7%
米国12月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比) +0.3%
+0.2%
+0.3% +0.3%
小売売上高コア※1(前比)   0.0%
+0.1%
+0.5% +0.7%
小売売上高コア※2(前比)  -0.2%
+0.2%
+0.4% +0.5%
小売売上高コア※3(前比)  -0.1%
+0.1%
+0.3% +0.5%
米国12月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
輸入物価指数(前比) +0.1%
+0.2%
+0.3% +0.3%
輸出物価指数(前比) +0.2% +0.2%  -0.2%
米国 週次
01/16 2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
新規失業保険申請件数 21.4万件 21.6万件 20.4万件
失業保険継続受給件数 180.4万件
180.3万件
172.0万件 176.7万件
米国1月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
Philly連銀製造業指数  +2.4%
 +0.3%
 +3.8 +17.0
カナダ12月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
ADP雇用報告
(前比)
+3.09万人 +5.12万人 +4.62万人
米国10月
2400JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
企業在庫(前比) +0.1%
+0.2%
 -0.1%  -0.2%
米国10月
2400JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
NAHB住宅市場指数 76 75 75

 

=別表= 米国 EIA週間燃油在庫集計

米国 EIA週間燃油在庫集計
(01/10分)

01/06 0030JST
前回値 結果
原油在庫(前比) +116.4万バレル   -254.9万バレル  
ガソリン在庫(前比) +913.7万バレル   +667.8万バレル  
中間留分在庫(前比) +533.0万バレル   +817.1万バレル  
クッシング原油在庫(前比) -82.1万バレル   +34.2万バレル  

 

トルコ共和国中央銀行
01/16 2000JST
現状 市場予想 結果
1ウィークレポ入札金利
(政策金利)
12.00% 11.50% 11.25%
南アフリカ準備銀行(中央銀行)
(SARB)

01/16 2210JST
現状 市場予想 結果
政策レポ金利
(政策金利)
6.50% 6.50% 6.25%

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら

2020/01/15 戦績

 2020/01/15 水曜日 戦績

USDJPY         +39,300円

EURUSD         +91,392円

GBPUSD        +162,411円

AUDUSD          +7,808円

NZDUSD         +15,672円

USDCAD         +45,238円

USDCHF         +29,504円

EURJPY         +70,600円

GBPJPY        +182,600円

AUDJPY          +8,400円

NZDJPY         +28,500円

CADJPY         +32,400円

CHFJPY        +191,300円

EURGBP         +18,059円

EURCHF          +4,267円

TOTAL         +927,451円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +2,231,905円

 

月間戦績(01月)

TOTAL       +8,110,676円

 

年間戦績(2020年)

TOTAL       +8,110,676円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +202,204,165円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,582,204,180円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

日本時間で日付が変わって本日早朝、次回FOMCのたたき台となる米地区連銀経済報告いわゆるベージュブックが公開されました。

jp.reuters.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

政策金利の変更を予想させるような目立った記述は今回もありませんが、上のロイターの記事タイトルにもありますように、今回も輸出入を伴う業種への指摘、特に関税に起因する原材料費高騰の指摘などが多くありました。

また、ベージュブックの公表を少し前に行われました米中通商協議の第1段階合意署名が行われました。

www.nikkei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

果たして、このままトランプ大統領は大人しくなってくれるのでしょうか?(笑)。次は対中第二弾なのか、対欧州なのか、あるいは日本に矛先が向いてしまうのか。戦々恐々としている皆さんは多いかと思います。私としては、値さえ動いてくれればなんでもいいんですが(笑)。 


 

いつもと同じように、既に作ってあります指標の結果だけは貼っておきます。

日本国12月
0850JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
マネーストックM2(速報値)
季節調整前(前比)
+2.7%
+2.8%
+2.8% +2.7%
マネーストックM2(速報値)
季節調整済(前比年率)
+4.9%
+5.8%
+1.6%
マネーストックM3(速報値)
季節調整前(前比)
+2.2%
+2.3%
+2.3% +2.3%
マネーストックM3(速報値)
季節調整済(前比年率)
+3.8%
+4.4%
+1.7%
マネーストックCD(速報値)
(前比)
 -2.8%
 -3.5%
 -1.4%
フランス12月
1645JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
+0.4% +0.4% +0.4%
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
+1.4% +1.4% +1.5%
フランス12月
1645JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
+0.5% +0.5% +0.5%
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
+1.6% +1.6% +1.6%
スペイン12月
1700JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
 -0.1%  -0.1%  -0.1%
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
+0.8% +0.8% +0.8%
スペイン12月
1700JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
 -0.1%  -0.1%  -0.1%
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
+0.8% +0.8% +0.8%
ユーロ圏11月
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
鉱工業生産
(前比)
 -0.9%
 -0.5%
+0.3% +0.2%
鉱工業生産
(前比)
 -2.6%
 -2.2%
 -1.1%  -1.5%
ユーロ圏11月
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
貿易収支(季節調整) +240億ユーロ
+245億ユーロ
+220億ユーロ +192億ユーロ
貿易収支(季節調整) +280億ユーロ +233億ユーロ +207億ユーロ
米国12月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
生産者物価指数
最終需要(前比)
  0.0% +0.2% +0.1%
生産者物価指数
最終需要(前比)
+1.1% +1.3% +1.3%
生産者物価指数
コア(前比)
 -0.2% +0.2% +0.1%
生産者物価指数
コア(前比)
+1.3% +1.3% +1.1%
米国12月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
NY連銀製造業景況指数 +3.3
+3.5
+3.6 +4.8

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら

2020/01/14 戦績

 2020/01/14 火曜日 戦績

USDJPY         +77,200円

EURUSD         +46,169円

GBPUSD        +114,930円

AUDUSD          +5,413円

NZDUSD          +9,028円

USDCAD         +23,462円

USDCHF         +35,288円

EURJPY        +176,300円

GBPJPY        +120,900円

AUDJPY         4,200

NZDJPY         2,100

CADJPY         +51,000円

CHFJPY        +147,500円

EURGBP         +25,364円

EURCHF         +32,993円

TOTAL         +859,247円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +1,304,454円

 

月間戦績(01月)

TOTAL       +7,183,225円

 

年間戦績(2020年)

TOTAL       +7,183,225円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +201,276,714円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,581,276,729円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

昨日、予定通りにドル円が110.00円を超えまして、久しぶりに110円台のドル円を見ました。別にオプション持ってたり、リミットオーダーあったりしたわけではなく、ただ久しぶりに行ったな~と言う気持ちなだけです。

一旦、目標を達成してしまうと次への動きが気になるところです。

このままジリジリと115円ラインを狙い上昇し超えられずに反転するパターンなのか、あるいは2018年10月の115円手前から2019年4月の113円手前を通る大きなレジスタンスラインに抑えられるように110円前後のこの辺りから下落するのか。例えどの地点からでも反転下落したとして、2016年11月以来抜けられない104円を抜けて103円台に突入するのはいつになるのか、とか。

テクニカルのラインなんてのは後からいくらでも描き様がありますから、値さえ動けばどれでもいいんですけど(笑)。


 

いつもと同じように、既に作ってあります指標の結果だけは貼っておきます。

ニュージーランド7月
0645JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
住宅建設許可件数(前比)  -1.3%
 -1.1%
+2.0%  -8.5%
日本国11月
0850JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
貿易収支 +2540億円  +1015億円     -25億円 
経常収支・季節調整 +1兆8168億円  +1兆4233億円  +1兆4368億円 
経常収支・季節調整 +1兆7322億円  +1兆7768億円  +1兆7949億円 
中国12月
1224JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
輸出額
(前比)
  -1.3%  +3.2%  +7.6%
輸入額
(前比)
 +0.5%  +9.6% +16.3%
中国12月
1224JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
貿易収支(USD) +387.3億ドル +457.0億ドル +467.9億ドル
貿易収支(RMB) +2742.1億CNY +3175.0億CNY +3292.7億CNY
日本国12月
1400JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
景気ウォッチャー調査
現状判断DI
39.4 41.0 39.8
景気ウォッチャー調査
先行き判断DI
45.7 46.8 45.4
米国12月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比) +0.3% +0.3% +0.2%
消費者物価指数(前比) +2.1% +2.3% +2.3%
消費者物価指数コア(前比) +0.2% +0.2% +0.1%
消費者物価指数コア(前比) +2.3% +2.3% +2.3%
米国12月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
週当り実質賃金
季節調整前(前比)
+0.1%
  0.0%
  0.0%  -0.1%
週当り実質賃金
季節調整済(前比)
+1.1%   0.0%
時間当り実質賃金
季節調整済(前比)
+1.1% +0.6%

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら