読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2016/06/30 戦績

FX戦績
2016/06/30 木曜日 戦績

 


 

通貨ペア(06/30)
USDJPY      +119,700円
EURUSD      +162,537円
GBPUSD      +144,544円
EURJPY*     +277,600円
GBPJPY*     +406,600円
AUDUSD             0円
USDCAD             0円
EURGBP             0円
TOTAL     +1,110,981円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +4,744,228円

 

月間戦績(06月)
TOTAL    +20,636,699円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +132,203,326円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +244,789,601円

 


 

この文を書き始めてる今はまだ6月30日なんですが、今日で今年が半分終了します。正確に言えば、うるう年では無い平常年は7月1日で182日経過ですので、半分が終わるのは7月2日の正午と言う事になりますが、そこら辺の事を細かく言い始めるとうちのお姉ちゃん(長女)のようになってしまうので、止めておきましょう(笑)。

 

為替に関しても株式に関しても、それ以外の先物や債券市場でも少し落ち着いて来ましたが、もうこれで英国のEU離脱パニックは終了と見るのは早いかなと思ってます。

 

外国為替の値動きで、一番の原因になるのはカバー取引です。特に実需が入った時に、実際にはポジションを取りたく無い金融機関がカバー取引を継続して市場内で言わばポジションのババ抜きをする事で、連鎖的に価格が上昇あるいは下落する事があり、今のような心理的リスクを抱えた時にカバー連鎖が発生すると、それだけで一気に値が崩れたりする事があります。

 

昨日の日本時間で16時くらいに発生したオーストラリアドルの値動きも、特にニュースは無かった事で市場では「資源国通貨の調整」とか言われてますが、時間的に言ってトリガーは香港又はシンガポールの金融機関が行ったある程度大口のカバー取引だと私は思ってます。

f:id:fxse:20160701000407j:plain

 

 

さて、あと今週は実質ニューヨーク時間で2日、どう動きますかねえ。

2016/06/29 戦績

FX戦績
2016/06/29 水曜日 戦績

 


 

通貨ペア(06/29)
USDJPY      +181,300円
EURUSD      +138,201円
GBPUSD      +582,993円
EURJPY*     +166,500円
GBPJPY*     +804,900円
AUDUSD             0円
USDCAD             0円
EURGBP             0円
TOTAL     +1,873,894円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +3,633,247円

 

月間戦績(06月)
TOTAL    +19,525,718円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +131,092,345円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +243,678,620円

 


 

まず、自動取引で今まで全く手を出しませんでしたクロス円を昨日から投入しております。

今までクロス円を敬遠しておりましたのは、やはり何を言ってもドルストレートの方が取引量が多く素直な値動きをするためでして、理由としては当たり前なのですが、米ドルが基軸通貨なゆえです。

しかし、現在のこの英国および欧州に端を発した金融混乱状態は、いつものドルを基軸にと言うよりも、ポンドやユーロに対して米ドルや円が動かされている感じになっておりまして、チャートを見ていただきますと分かるのですが、ユーロに関しては対米ドルよりも対円の方がキレイな値動きをしているくらいです。

しかも、いま現在裁量トレードでガンガン取引してるのがポンド円とユーロ円でして、この2通貨ペアに関してもエントリーだけ裁量で行い、クローズはシステムと言う半自動取引を併用しているので、自動取引を一緒にやらせても一緒の状況なんです。

来週末の雇用統計まで、このままのペースで3人とも、体が保つかな……

なにせ全員40代なんで(笑)。

 

エリックは奥さんが、アレックスは20近く歳の離れた某S国立大院生の彼女が甲斐甲斐しくしてくれてるのでいいでしょうが、私は、私は、あなたから、旅立ちそうです(涙)。そう言えば「8時丁度のあずさ2号」いまは、松本発東京行きのあずさ2号が、平日は山梨県の大月駅を8時丁度に出発するらしい。今度行ってみよう。

う~ん、頭が変な方向に回ってる\(^o^)/

 

ところで、いまふと思い出したんですが、先日勢いで買ったニュージーランドドル、どうしよう。ニュージーランドドルなんて普段取引しないんで、なんとなく売り時が分かんない。

この、69円台で買ったニュージーランドドル、今はお宝ポジションなので、見てるだけで癒やされます(笑)。あ~あ、こんなんだったらあと100倍くらいニュージーランドドル買っておけば良かったな、買わないけど (;´∀`)

う~ん、頭が変な方向に回ってる\(^o^)/

2016/06/28 戦績

FX戦績
2016/06/28 火曜日 戦績

 


 

通貨ペア(06/28)
USDJPY      +273,600円
EURUSD      +231,855円
GBPUSD      +746,308円
AUDUSD             0円
USDCAD             0円
EURGBP             0円
TOTAL     +1,251,763円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +1,759,353円

 

月間戦績(06月)
TOTAL    +17,651,824円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +129,218,451円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +241,804,726円

 


 

フランス人エリックの毒舌に歓喜しながら\(^o^)/耐え難きを耐えながら、3交代制でこの異常な相場を乗り切っている最中の、FX専業です。シンガポールのアレックスがエリックの発する電波で、同じくSモードに突入してしまったので、仕方なく私はMモードを発動させ2人のガス抜きを請け負っております(笑)。

これがまた、元プロップディーラーと言うのは伊達じゃ無く、私が某端末で他のディーラーさんの意見を盗み見てにご相談しなければ怖くて入れられないようなレートで、 ガンガンポジション入れるし、そしてガンガン損切りするんだ(汗)。なんか、いつもこのブログじゃ強気な感じでいる私がマスコットになってしまったような、夕張にでも行って黄色いハンカチを振ってた方がいいような、そんな感じです……

 

さて、昨日と同じように自動取引はメインの3通貨ペアだけの運用でして、若干いつもより値動きに対するイールドが良いのは、裁量トレードの面倒をエリックが一緒にやってくれてるお礼に、私がエリックのトレードシステムを面倒みて差し上げるバータートレードをしたためです。

えっ?説明になってない?いや、エリックのトレードシステムを面倒見るって事は、エリックの作ったアルゴリズムのコンパイル前の生ソースにアクセス出来るわけでして、それはすなわち、言わなくても(以下略

 

って言うのは本当に冗談で、ちゃんと取引アルゴリズムを3人で交換(シェアでは無い) することになったので、それぞれ他の人のシステムに他の人が作って使ってるアルゴリズムを、コンパイルしてインストールし設定するまで、私が代わりにやったと言う事です。ホントだよ?(汗)。

ちなみに、セットする取引アルゴリズムは、他の人のシステムで動かないように、そのシステムでコンパイルした時にIDを暗号化して打ち込む手の込んだ仕組みを組み込んでありますが、私が作ったシステムですから、当然私のシステムでは(以下略

 


 

さて、EU離脱を国民投票で採択した英国に対して、EU側の首脳から強い発言が多く出ておりまして、当然だと言う意見も多いのですが、欧州のニュースでは意外にも英国を擁護するような論調の記事もありまして、今回の英国と同じようにEU離脱を考えている国に対する牽制として「力で抑えこもうとする、前時代的な発言」とまで書いてある報道もあります。

 

また、英国がEUから抜ける事のリスクを回避するため、脱英国を検討している企業も多く報道されておりますが、特に金融関係ではモルガンスタンレー(M・S)を除く大手金融グループが本社機構をフランスのパリ、又はドイツのフランクフルトに移転させるような報道も多くございます。

その中で、いち早く移転を報道されておりましたM・Sが報道を完全に否定し「英国での事業の安定化を追求する」と言う、言ってみれば英国と運命を共にし、M・Sの名に賭けて混乱を乗り切る姿勢を見せました。

M・Sは元々欧州中に分散してオフィスを持っているため、急がずともと言う事情もあるかと思いますが、一種の賭けに出たとも考えられます。これ、同業他社、特に元々が英国資本であったHSBCまで移転検討をしてると言う事で、場合によっては将来的に英国においてM・Sが一人勝ちになる可能性を秘めております。仮に、M・Sが現時点で考えている以上の楽観的な将来で無くても、今回の決断の報道を見て、離脱派・残留派のどちらも関係なく、M・Sの英国での評価は高い物になるのは確定です。

まあ、失敗したら株主には何言われるか分かったもんじゃありませんけど(笑)。

 


 

外国為替市場参加者・フォレックスディーラーは「熱しやすく冷めやすい」「飽きっぽい」「3日経つとその前の事は忘れてる」「75日経つと意見が真逆になる」「1年経つと真逆になった意見で攻撃しだす」「3年経つと勤務先が変わってる」と言われてますので、とりあえず現状の取引スタイルを、今週いっぱい続ける事になりました。

こう言う分析してる人たち自身が、元為替市場プロップディーラーの2人ですんで、間違いありません。ちなみに75日の部分は、3ヶ月って言ってるのを日本の実情(人の噂も七十五日)に合わせて意訳しました(笑)。

 

 

一つだけ困るのは、エリックが「原油(の先物取り引き)やろうぜ」って言ってくる事くらいでしょうか。免許の関係で、商品先物出来ないんだよね……

 

2016/06/27 戦績

FX戦績
2016/06/27 月曜日 戦績

 


 

通貨ペア(06/27)
USDJPY       +13,700円
EURUSD       +37,968円
GBPUSD      +455,922円
AUDUSD             0円
USDCAD             0円
EURGBP             0円
TOTAL       +507,590円

 

週間戦績(当週)
TOTAL       +507,590円

 

月間戦績(06月)
TOTAL    +16,400,061円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +127,966,688円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +240,552,963円

 


 

比較的、予想よりは大人し目な週初となった感じです。

当初から予定しておりました通り、いつもの週初と違い月曜日早朝にシステムは起動せず、早朝からのシステムトレードは行いませんでした。

 

昨日は、基本的には午前中から欧州通貨のクロス円を裁量トレードにて取引しておりまして、午後になってからシステムを起動し、手動で入れたドル円(USDJPU)・ユーロドル(EURUSD)・ポンドドル(GBPUSD)だけ、システムにクローズだけお任せするような変則的な取引を行っております。

いつもシステムトレードを行っている、オージー(AUDUSD)・カナディアン(USDCAD)・ユーロポンド(EURGBP)に関しては、しばらくお休みと言う事になります。裁量トレードで資金が必要と言うことと、ぶっちゃけこの3通貨の取引に証拠金を今使ってるのは、資金効率が悪いですから。稼げる時には、稼げるだけ稼いでおきませんと、いつ食われるか分からない世界ですので。 

 

昨日から、私が大学院を出て最初に就職した先で出会い、その後の人生をお互いに支えあってきた親友で、今は何故か夫婦で児童養護施設を経営しているフランス人のエリック/Éric (仮名) が「今回だけは一緒にやる。フランス糞政府が補助金カットしやがって施設運営するのに金が欲しいんだ!ああ、思い出したらムカムカして来た!糞ビッ◯のブリテン(英国政府)がEU抜けるとか抜かしやがって、そのせいで更に補助金カットされるかもしれないだろ!ほんと糞ブリティッシュ(英国人)どうしてくれる?し◯!◯ね!◯んで詫びろ!」と言ってくれた(むしろ言われた)ので後半だけは聞こえなかった事にしまして、私とアレックスとエリックの3人交代で、お互いの持つポジションを相互に監視する事になりました。これで、なんとか仮眠がまともに取れそうです。

エリックも、もともとはプロップディーラーとして活躍しておりました。最近は、私の使ってるのと同じシステムを使い、アレックスと同じように凄いアルゴリズムを作りシステムトレードをメインにしております。ええ、私としたらエリックの作ったアルゴリズムは今後もずっと手に入れたいので、何を言われても我慢します(笑)。

 

 

なんか、雰囲気的にヤバイ感じのチャートになってきてるなあ。ここら辺で、どこかの政府の毅然とした態度が示されないと……