読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2017/01/17 戦績

FX戦績
 2017/01/17 火曜日 戦績

USDJPY        +256,700円

EURUSD        +161,509円

GBPUSD      +1,043,227円

AUDUSD         +58,494円

USDCAD        +116,175円

EURJPY         +91,700円

GBPJPY        +378,800円

EURGBP        +131,026円

TOTAL       +2,237,631円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +2,627,499円

 

月間戦績(01月)

TOTAL       +9,644,730円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL       +9,644,730円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +569,201,579円

 

昨日は、なんて言う身勝手な為替相場なんでしょう。

東京株式市場の前場終了間際から、じわりじわりと米ドル売りが進行していきまして、理由としては「対人民元の上昇」と言われておりまして、いつも報道に噛み付く事で定評のある私ですが、今回ばかりはどうやらそのようです(笑)。いや、私だって、いつでもいつでも噛み付いている分けではありませんから、納得出来る事であれば信用したいのは山々なんです。ただ、過去の経験上、アナリストの皆さんが適当な事を言っているのを目の当たりにしていたので、勘ぐってしまうと言う癖が付いてしまったと言いますか、まあ今日のところはいいでしょう。

最近の、トランプ次期大統領による執拗な中国攻撃と言いますか、口撃と言いますか。特に経済面での「人民元安誘導」に関する中国の批判が激しく、一般的に考えたら、その批判によって中国政府が折れ、若干の人民元高を容認したと考えたら米ドルにとってはプラス材料になり、対人民元以外に対してはドル高になるような気もするのですが、そこは中国だけでは無く貿易収支の赤字是正の訴えも含まれ、また、中国政府が批判を回避して交渉材料の一つが弱くなったとの考えもあるようです。

オフショア人民元と呼ばれる香港市場取引の人民元では、1ドル 6.8000CNHを切る1月6日以来の高値、中国本土の認可取引であるオンショア人民元では、昨年の11月15以来の高値1ドル 6.8550CNYを付けておりました。ただ、私としては人民元の資本取引はしておりませんので、どうでも良いと言えばどうでもいいんです(笑)。

 

流れが変わったと言いますか、ドル安と言うプライスは同じでも、ドルが売られる意味買いに変化があったのが日本時間で午後9時前から伝わり始めた、英国メイ首相の演説が伝えられてからです。

それまで、重要な指標である英消費者物価指数の発表があっても反応しなかったポンドが、劇的に買われました。英ポンドが買われると言う事は、他の通貨が売られるわけでして、当然その中には米ドルも含まれておりますから米ドルも安くなったのですが、昨日のそれまでの米ドル売り主導から、ポンド買い主導に移ったわけです。

昨日、それまでは米ドルが売られていただけですので、ポンド円やユーロ円などのクロス円、ユーロポンドなどのユーロベースでは動意が全く無いに等しかったのに、メイ首相の演説を境に「やっと起きた」と言う感じでした。

 

ところで、ここ最近大騒ぎしておりますハードブレグジットですが、結局は市場参加者もハードブレグジットなんて何だかよく分かってないだけでして、そもそもソフトなEU離脱とやらもEU側が拒否している以上、ハードなEU離脱しか選択肢は英国に残っていないわけです。メイ首相が「ハードブレグジット」を示唆したのでは無く、メイ首相は繰り返し「EU離脱はハードモードしか無いけど、その中で英国の意思を十分に伝えて、より良い条件を引き出す」と言っているわけでして、元を正すと「ハードモードしか存在しないEU離脱」を、英国市民や住民が選んだわけです。

そもそも、EUを抜けていく英国に「単一パスポート」と呼ばれる「EUで好き勝手出来る権利」を与えるほど、EUはお人好しではありません。「移民を受け入れないのに、開放だけしろは通用しない」と、ずっと言われているわけですから。それを、ソフトランディングがあるように匂わせたのは、マスコミです。メイ首相や英国政府高官が「より良い条件を引き出す」と発言した部分を、まるでソフトランディングがあるかのような解釈で報道し、自分たちがようやく理解できたら、今度は「ハードブレグジット」と煽っている。今回の「ハードブレグジット」報道の牽引は、米大統領選挙戦中にトランプ氏のネガティブキャンペーンに必至だったニューヨークタイムズと同一資本の英タイムズですので、もしかしたら他にも意図があるのかもしれませんが。

 

とりあえずブレグジットの件はさておきまして、 こんな感じの "ある程度" 一方通行的でボラが高い相場は、私としては最高です! 

f:id:fxse:20161030002524j:plain

久しぶりに、この画像貼っちゃおうかな(笑)。

 

2017/01/16 戦績

FX戦績
 2017/01/16 月曜日 戦績

USDJPY         +41,500円

EURUSD         +59,225円

GBPUSD        +126,903円

AUDUSD         +11,555円

USDCAD          +8,279円

EURJPY         +43,200円

GBPJPY         +83,600円

EURGBP         +15,606円

TOTAL         +389,868円

 

週間戦績(当週)

TOTAL         +389,868円

 

月間戦績(01月)

TOTAL       +7,407,099円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL       +7,407,099円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +566,963,948円

 

日本時間で昨日の早朝、英国メイ首相のハードブレグジットに関する発言報道によりまして、ポンドが前週末の終値付近より大きく下落、窓開けで開始したと言っていい週初となりました。

f:id:fxse:20170117072005p:plainf:id:fxse:20170117072051p:plain

左(スマホですと上)のチャートがポンドドルのケーブルペアで 200pips、右(スマホですと下)のチャートがポンド円で 250pips です。随分と立派な乖離スタート *1で、よくもここまで窓開けしたものです。もしロングポジションを週越えで持っていたとしたら、胃が痛い日となった事でしょう。これがあるので、週越えポジションは絶対にダメなんですよね。ダメゼッタイ!

 

結果としては、為替市場は朝の混乱が治まらぬまま、東京時間そして欧州時間をこなし、昨日はアメリカが「キング牧師の日」で祝日でしたので小さく値動きをするだけの面白みの無い日になってしまいました。株式市場に関しても日経平均は下落したまま終了、そして欧州市場でも真っ赤っ赤(汗)。

本日は、その励振地でもある英国指標が日本時間で夕方6時半に発表になります。一番注目点は「CPI = 消費者物価指数」でして、前回値は +1.2% そして各社予想平均が +1.4% となっております。ポンド安で輸入価格が上がった分だけ物価が上がるのは確実でして、果たしてどうなるのか。

 


 

昨年末に作業部屋の大掃除をしていた際、こんな出来事がありました。 

fxse.hatenablog.jp

この時、大掃除を手伝ってくれたお礼に iPhone 4 をプレゼントしまして、年末年始にお祖父ちゃんお祖母ちゃんのところに帰省した時に、動画を見たりテザリングをしたいと言うので、この iPhone 4 に格安 sim を入れてあげたんです。そして、通信容量も1GBじゃ足りないと言うので、余ったら通信容量はお釣りとしてオジ様(私)に返すと言う事で、5GBチャージしてあげました。

今までそんな事を忘れていたのですが、昨日ふと思い出しまして、家政婦さんのお子さんに聞いてみたんです「ねえ、あの年末にチャージした5GBって残ってるよね?どれくらい残ってる、残ってる分はお釣りで、返してもらう約束だよ?」と。

 

そしたら、私の前ではいつも良い子で頑張っているというのに、昨日に限ってはそんな余裕が無くなったのか素になって、

 

ギガ *2 返したら、ギガ減っちゃう……
せっかく、頑張って節約して使ったのに

 

ええっと(汗)。 

結局、返してもらってもいいのか、どうなのか、その判断がつかないまま家政婦さんのお子さんは私の元から去って行ってしまいました(汗)。 すると程なくして、うちの弟くん(長男)を伴って戻ってきまして、弟くんからこう言われました。

 

お父さん、一度あげたギガ
余ったら返せとか言うの、ズルいよ

 

いやいやいやいや、全然最初からあげてませんてば(汗)。弟くんが何か勘違いしているので「最初から、余ったら返してもらう事を前提にして5GBチャージした」事を話したんですが、そしたら今度は、

 

だったら、全部使っちゃえば良かったの?
いつもは「計画的に使え」って言ってるのに
今回は全部使っちゃえば良かったって言うの?
そんなのおかしいよ!

ええっと(汗)。 

この勝負、歩く正義感の弟くんを味方に付けた、家政婦さんのお子さんの勝ちです。本来ここで負けてはいけないのですが、負けてしましました(汗)。

 

 教訓:子供に現金以外の消費物を与えたら、余っても返してもらおうと思うな。

 


*1:時刻が15日18時から始まっているのは、UTC = 協定世界時での表示のためでして、JST = 日本時間は UTC に対して +9時間ですので、18時に9時間プラスした翌日16日午前3時と言う事になります。

*2:通信容量の事を子供たちの間では、ギガと呼んでいるようです。

2017/01/16 月曜日

FX関連

あれ?気がついたら1月も既に半分が過ぎておりました(汗)。

中国の伝統的な暦である二十四節気ですと1年は24の季節に分割しますので、既に1つの季節が終わった事になります。日一日を意識して過ごしませんと、また今年もすぐに大晦日がやって来てしまいそうです。

 

逆に、1年が早く経過して欲しいと思うものがありまして、大学時代にスーパーファミコンで大流行したシムシティ(笑)。あれ、とにかく時間が早く経過して欲しいと思って電源を入れっぱなしで放置してまして、ある朝起きて確認したところ、自然災害で街がメチャメチャになっており、その日は自主休講した記憶がございます(汗)。実はこのゲームにはバグが多くて、保存データーをロードすると必ず一定時間停電するので、それを避けたくてセーブ自体もあまりして無かったんですね。

そんな事を思い出しながら「シムシティは今どうなってるんだろう?」と調べてみますと、なんと、スマホゲームになってるではありませんか!しかも、買い切りでは無くて都度課金ですか。いやあ、これやりだすと廃課金者と言われる高額課金する人になりそうなので、止めておこう(汗)。

 


 

さて、今週は各国「CPI=消費者物価指数」週間だったり、ECB欧州中央銀行の政策発表で金利がどうなるのかとか書こうと思いましたら、今朝のポンドに全ての意識を持っていかれてしまいました。ええ、上の二十四節気とかシムシティは既に事前に下書きしてあったため、難を逃れてそのまま掲載になりました(笑)。

 

英国メイ首相のハードブレグジットを辞さない発言を受けたポンド売りが発生し、ニューヨーク時間金曜日の終値付近より、ポンドドルが約200pips、ポンド円が約250pips と大幅に下落乖離して本日の早朝が始まりました。正確に言えば、開始直後の銀行間レートではもう少し高いプライスも付いているのですが、その価格で取引出来たFX業者はあのSAXOバンクも含めて無い様子ですので、実質的に窓開けにて開始したと言っていいかと思います。

このハードブレグジット姿勢に関しては、今年に入ってからずっとメイ首相が示唆しておりまして、今回も従来の見解を繰り返しただけなのですが、報道したタイムズ日曜版で随分とセンセーショナルな事のように書かたために、今回この混乱です。

 

タイムズと言えば、先日ちょこっと書いたのですが、こちら⇩

fxse.hatenablog.jp

英タイムズの発行新聞社はニューズ・コーポレーションと言う会社でして、ここはニューヨーク・タイムズも発行しており、子会社ではウォールストリート・ジャーナルを発行し、ダウ平均の権利元であるダウジョーンズもこの会社の一部です。指数先物を扱うインデックス・プロバイダーとしたら、市場が混乱すると儲かって仕方ないでしょうねえ、と少しうがって見てしまうのですが、真相はどうなんでしょ?

 

英国としたら、ハードブレグジットだろうがソフトブレグジットだろうが、痛みを伴うのは同じわけでして、だったらハードブレグジットでガンガン攻めて行き、リスクを強調する事でポンド安を併発して国際競争力を付けた方がいいと、そんな考えになって来ているのかもしれません。

極端な制裁はWTOに加盟する限り不可能ですし、EUの中にあります英連邦の国や、EUと個別条約のある北欧諸国やスイスなどとの関係で貿易はある程度カバーさせる事も可能でしょう。問題は各種免許などの相互性、いわゆる単一パスポートですが、これもEU離脱までに「英国が有利」と言う状況にまで持っていかれれば、個別の条約で片がつくかもしれません。 どの国も我が国が最優先ですし、EU全体で英国との個別条約を禁止する事も出来ないですから。

 


 

さて、日経平均も下げて前場が終了したようですが、為替の影響は限定的のようです。どちらかと言えば、今朝8時50分に発表になりました機械受注の前月比が -5.1 だった事が効いてるようです。そうは言っても、前年比は予想の +8.1 を遥かに上回る +10.4 でしたから「何を、どう、見るか」によってなんですけどね。

やはり何を言っても金融市場で一番の注目は株式ですので、株価によってあらゆる経済を投影していると言っても過言ではありません。そんな株価は、あまり為替に一喜一憂せずに、きちんと国内を評価した株価になってくれればと嬉しいのですが、まあ日本の場合は為替も企業業績に非常に大きく影響を与えているので、なかなか難しいでしょうけど。

 

変な月曜日になってしまいましたが、一週間無事平穏に過ごせますように願っております。ボラも高くなりますように、そこも願っております(笑)。今週も一週間、頑張ってまいりましょう。 

2017/01/14 戦績

FX戦績
 2017/01/14 土曜日 戦績

USDJPY         +68,300円

EURUSD         +41,703円

GBPUSD         +79,291円

AUDUSD         +24,188円

USDCAD          +6,447円

EURJPY         +24,900円

GBPJPY         +65,100円

EURGBP          +8,992円

TOTAL         +318,921円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +7,017,231円

 

月間戦績(01月)

TOTAL       +7,017,231円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL       +7,017,231円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +566,574,080円

 

【本日のこのエントリーは、予約更新となっております。】

毎週の事ですが土曜日の戦績は、日本時間で土曜日深夜0時に日付が変わってから早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。

 


 

日本時間で金曜日の午後10時半に発表になりました、米国のPPI関連指標をトリガーにして反転したドル買いも一瞬で終わりまして、ほとんどの通貨で100pips前後は行って来いした大相場を展開しておりました(笑)。この発表になりましたPPI=生産者物価指数なんですが、はい、ジャン♪

指標前回予想結果
12月生産者物価指数 (前月比) +0.4% +0.3% +0.3%
12月生産者物価指数コア (前月比) +0.4% +0.1% +0.2%
12月生産者物価指数 (前年比) +1.3% +1.6% +1.6%
12月生産者物価指数コア (前年比) +1.6% +1.5% +1.6%

と言う感じです。

物価上昇の伸びは、今度の水曜日に発表になりますCPI=消費者物価指数になるのですが、生産者物価段階での価格に小売されるまでの利益が乗り消費者物価になりますので、CPIでもおよその物価上昇が見て取れます。

一番下の行、生産者物価指数のコア *1・前年比の前回値と結果が「+1.6%」になっております。「生産者物価コア指数前年比」が前回値と同じと言う事は「消費者物価コア指数」も同様であると予想されまして、消費者物価コア指数前年比の前回値は「+2.1%」ですので、今回これも同じでありますと、FRBの目指す2%の物価上昇をクリアしていると思われます。

これが理由で米ドルが買われたのですが、物価上昇すると言う事はインフレと言う事でして、インフレと言う事は行き過ぎた場合は抑制しなければならず、その場合に一番効果的なのは政策金利を上げる事となります。つまり、トランプ次期大統領の政策方針に合わないんです。トランプ次期大統領がイエレンFRB議長の再任を拒んでいる理由が、まさに政策金利を必要であれば上げると宣言しているイエレン女史に対して難色を示しているわけでして、なぜ金利を上げたくないのかと言えば、簡単に言えば「金利上げたら米国債の金利負担が上がるから、財政支出を抑えるために金利上げたく無い」と言っているわけです。

アメリカ、大丈夫かな?

 

他にもトランプ次期大統領は、もうずっと貿易赤字の事に関してグチグチと言っておりまして、昨日だか一昨日だかには、対米貿易黒字国の中国・メキシコ・日本を名指しで批判しておりました。中国には45%の関税掛けるとまで言っております(笑)。まあ、そうなったら実際にはWTO(世界貿易機関)に提訴されるでしょうから、維持は無理ではあるのですが、そうなったらWTO協定破棄やWTO脱退とか言い出しそうですし、鎖国でもするつもりなのかな?

これ、もしそう言う方向に進んだ場合、実際に受益国はどこかと言えば中国よりも東西バランスと言う事を考えたらロシアでしょう。もし騒がれているように、大統領選挙にロシアのスーパーハッカー *2が関与してたとしたら「ロシア恐ろしい子」と言うわけです。もしかしたら、トランプ次期大統領自身がロシアの刺客と言う事は?(笑)。まあ、それは冗談にしてもですね。

アメリカ、大丈夫かな?

 

とりあえず、 お笑いの基本は繰り返しと言う事ですので「アメリカ、大丈夫かな?」を2回ほど繰り返しておきました(笑)。

 


 

今朝は非常に冷え込みまして、一部地方では大雪になったと言う報道があります。もともと雪が多い地方の方は対策が出来ているでしょうが、そうでは無い地域の場合には慣れない雪で事故などありませんように、十分注意してもらいたいと思います。

本日はセンター試験2日目でもあります。受験生も朝の受験会場入りが寒さや雪で大変だっでしょう。今はもう試験中でしょうが、人生を左右する試験ですから集中して頑張って欲しいと思います。

 


*1:物価指数で "コア" と言うのは、価格変動が大きい商品、一般的には「生鮮食品」を除いた数値でして、アメリカの場合には更に除く項目が多く「食品全般とエネルギー」が除かれております。

*2:大統領選挙の時のハッキング方法と言われているのが、メールでトラップを送りつけると言う非常に古典的な手法でして、まさかこの時代でそんな方法で選挙をコントロールが可能だとは誰も思わなかったでしょうが、そんな事をされてしまった可能性があるため、ここは一つスーパーハッカーと呼んでおこうと言うわけです。笑いのポイントを解説すのは無粋なのは分かった上ですが、スーパーハッカーと言うのが、笑うポイントとなっております。