FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2019/07/20 戦績

 2019/07/20 土曜日 戦績

USDJPY         +13,900円

EURUSD         +30,449円

GBPUSD         +48,505円

AUDUSD          +2,013円

USDCAD         +63,318円

USDCHF          +7,543円

EURJPY         +18,200円

GBPJPY         +36,100円

AUDJPY          +1,900円

CADJPY         +33,200円

CHFJPY         +52,600円

EURGBP          +5,456円

EURCHF         +22,641円

TOTAL         +335,825円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +4,378,242円

 

月間戦績(07月)

TOTAL      +14,523,994円

 

年間戦績(2019年)

TOTAL     +173,260,335円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL      +67,177,892円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,447,177,907円

 

【本日のこのエントリーは、予約更新となっております。】

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

上に下にと米ドルに振られて大きく動いたような気分がする一週間でしたが、実際には日足や週足で大きく見ると、あまり変動幅が大きかった週ではありませんでした。

私がちょっと注目している通貨ペアがありまして、今年の5月から上昇し続けているユーロポンド(EURGBP)なんですが、

このチャート⇧で、5月6日に上昇を開始してから3日連続で下落(ユーロ売りポンド買い)した事が無く、この3日間で連続下落したのが果たして来週以降の相場転換点の切っ掛けとなるのかどうか。ユーロポンドのペアは、ユーロとポンドと言う大きな通貨の他との組み合わせにも影響を与えますので楽しみにしております注意しておかないとならないかと思います。 


 

さあ、誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます(笑)。

 

IMMポジション(2019年07月16日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 32,905 44,285 -11,380 -7,729
EUR (099741) 170,487 201,838 -31,351 +4,514
GBP (096742) 35,190 111,547 -76,357 -3,375
CAD (090741) 63,098 42,134 +20,964 +11,738
CHF (092741) 5,962 17,694 -11,732 -1,304
RUB (089741) 46,149 14,016 +32,133 -322
VIX (1170E1) 113,796 255,593 -141,797 -9,615
金Gold (088691) 309,535 64,034 +245,501 +738
原油 (067651) 545,484 121,722 +423,762 +33,613

 

IMMポジション(2019年07月09日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 35,346 38,997 -3,651 -2,424
EUR (099741) 158,398 194,263 -35,865 -4,132
GBP (096742) 36,232 109,214 -72,982 -8,738
CAD (090741) 48,734 39,508 +9,226 +2,933
CHF (092741) 7,149 17,577 -10,428 +314
RUB (089741) 48,391 15,936 +32,455 +409
VIX (1170E1) 100,917 233,099 -132,182 -7,958
金Gold (088691) 306,105 61,342 +244,763 -14,183
原油 (067651) 505,696 115,547 +390,149 -2,661

 

過去のIMMポジション
fxse.hatenablog.jp

ここ数週間カナダドルの買いが強まっておりまして、私がここでカナダドルの集計を始めてから約1年で、初の買建て6万ロット超えになっております。売建ても4万超えと多いので差し引きは2万程度となってますが、それでもカナダドルの規模を考えたら十分大きな数量になっております。よく言われている原油との関係性≒相関性が本当にあるのか、仮にその関係性が偽相関であろうが疑似相関であろうが、我々は数学者ではありませんので動く方向性の確率が高まるならそれでよし、世の中、数字を金にした者が勝ちです(笑)。

もともとカナダドルは指標への反応もよく、米ドル以外の通貨には個別であまり振られる事が多くないので私は大好きな通貨でして、今後はもう少しよく見ておこうかなと思っております。


 

さて、世の中に子供たちが溢れ出してくる季節になってきました。子供たちには待ちに待った夏休みです。昨日または本日から夏休みに入った学校が多いのではないでしょうか。そして、親御さんにとっては恐怖の夏休み(笑)。普段から家におり、子供と遊びのは全く苦にならない私にとっては、子供らが長期休みになるのは「待ってました!」と言う感じなのですが、お仕事で家をあけている多くの親御さんはなかなか大変です。

実は、子供たちが夏休みの期間中に無料または格安で(実質)預けられるところがありまして、教会(笑)。私が行っております教会でも夏休み期間中「夏休み教室」的なものをやってまして、内容的にはぶっちゃけ聖書の内容を教えちゃうような宗教的な部分もあったりするのですが、宿題やらせたり、工作したりとか、教会でやってる幼稚園の子供と遊んだり、そんな事をしております。

普段から教会に通っている子供たちがメインなので、突然行くとなると人数枠の関係とかあるかもしれませんし、そのほとんどが夏休み前に人数に達してしまうようなので、もうちょっと早く書けばよかったのですが忘れておりました。

宗教的なことを行うと言っても、聖書の内容を知っている程度の事は、キリスト教を信仰していなくても博識な方でしたらご存知でしょうし、行かせる教会自体をちゃんと吟味しておけば特に問題はないかと思います。お子さん小さい方は将来、小学生くらいのお子さんがおられる方は来年にでも参考にしていただければと思います。って感じの、チラ布教活動(笑)。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら