FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/07/17 戦績[追記あり]

 2018/07/17 火曜日 戦績

USDJPY        +125,300円

EURUSD         +93,551円

GBPUSD        +169,929円

AUDUSD         +22,493円

USDCAD         +75,164円

EURJPY        +111,600円

GBPJPY        +232,900円

AUDJPY         +18,900円

CADJPY         8,700

EURGBP         +31,251円

TOTAL         +872,388円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +1,298,802円

 

月間戦績(07月)

TOTAL      +14,792,175円

 

年間戦績(2018年)

TOTAL     +197,525,029円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,097,853,345円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。後ほど追記いたします。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

昨日の欧州時間から謎のドル買いが発生しまして、あらゆる通貨に対してドルが値を上げる動き。こうなると、指標も発言も、かなり強力なのでガツンと来ませんと、なんの役にも立ちません。実際に昨日は、指標も発言も、なんの役にも立っておりませんでした(笑)。

とりあえず、いつもと同じように、既に作ってあります指標の表だけは表示しておきまして、後ほど何か追記しましたらタイトルに追記と入れておきます。

英国6月
1730JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
失業保険受給者数 -3,000人 +2,300人 +7,800人
失業率 2.5% 2.5% 2.5%
英国5月
1730JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
ILO方式失業率 4.2% 4.2% 4.2%
英国5月
1730JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
週当たり平均賃金
前年比(手当込み)
2.6% 2.5% 2.5%
週当たり平均賃金
前年比(手当なし)
2.8% 2.7% 2.7%

米国6月
2215JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
鉱工業生産
(前比)
-0.5% +0.5% +0.6%
製造業生産
(前比)
-1.0% +0.7% +0.8%
設備稼働率 77.7% 78.4% 78.0%

米国6月
2300JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
NAHB住宅市場指数 68 69 68

 


2018/07/18 13:55 追記

 

こう暑いと、金融市場の事を考える気力も無くなってきます。

昨日、なにしろ「市場はドルを買いたかった」もうそれだけなんですよ。なにしろ FRBのパウエル議長が、上院銀行委員会での議会証言で「保護政策は経済にとって悪影響がある」とか「保護政策が賃金上昇圧力になる可能性」とか発言してもドルを売る気配は微塵も感じられず、また今日なんてドルが買われているわけです。

こう言う時は、市場が間違ってようが、ドル買いがおかしかろうが、ドル買っとけばいいだけです(笑)。 

人の意志がファンダメンタルズと言う形で入るとドル売りしたくもなりますが、ファンダメンタルズも含んだ過去の値動きに照らし合わせて、システムがドル買いと判断したら、それはオカルト的な盲信のテクニカル分析では無く、ファンダメンタルズまで包括した値動きなんでしょう。

システムトレードをメインにしていて、非常にありがたい場面ではありますが、「値動きなんでしょう。」と自分を納得させるように言ってるという事は、自分でも納得は出来ておりませんが、そこは勝ったもの勝ちと言う事で理解はしております。 

 

それにしても、今日も酷く暑いです。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら