FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/06/16 戦績

 2018/06/16 土曜日 戦績

USDJPY         +62,200円

EURUSD        +265,169円

GBPUSD        +114,708円

AUDUSD         +26,113円

USDCAD         +19,838円

EURJPY        +213,200円

GBPJPY         +92,700円

AUDJPY         +20,900円

CADJPY         +14,500円

EURGBP          +4,666円

TOTAL         +833,994円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +8,292,997円

 

月間戦績(06月)

TOTAL      +18,036,088円

 

年間戦績(2018年)

TOTAL     +171,355,082円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,071,683,398円

 

【本日のこのエントリーは、予約更新となっております。】

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

様々な思惑が絡んだイベントが多かった週が終わりました。思惑と言っても、市場と言う大きなカジノで博打打ってる人たちの腹の中(はらのうち)ですが(笑)。

 

12日にありました米朝会談。日本のメディアやネット上では評価しないような報道や発言が多いですが、国家間での話し合いですから、あのトランプ大統領ですら気軽に発信できないと口を閉ざす事が多いでしょう。公式に発表されている内容だけで評価するのには時期尚早かと私は思います。今回は特に米朝と言う、西側最強国と共産圏暗部への実質的な裏門であろう北朝鮮との直接対話です。まずは直接対話できるチャンネルを作り、そのチャンネルをどうやって維持し、そしてバンド拡大していくのか。歴史を見れば分かるような長い年月で出来た西側諸国と共産圏の溝を、僅か1日の会談、数時間の元首同士の話し合いで解決出来ると期待する方(ほう)が無理と言うものでしょう。少なくても数十年後を期待しております。

 

FOMC・ECB政策理事会・日銀金融政策決定会合が三つ巴と言う週でもありました。米国は利上げこそしたものの、その米国のFOMCと日銀の発表はいつも通りのらりくらりでしたが、ECBだけは気合が入っておりました。「何もそこまで一気に決めなくても」「何もそこまで一気に発表しなくても」と言う感じ(笑)。若干心配なのは、量的緩和のテーパリングを優先させ利上げは凍結とも取れる発表だったため、ユーロ圏の中で最も利上げを望んでいるドイツが我慢出来るのかなと言う部分です。

それと、量的緩和の解除でテーパリングと言われる終結手法は、別に量的緩和が終了するまで利上げが並行して出来ないと言うわけではありません。市中銀行にとって、中央銀行の量的緩和政策が徐々に終了して行く事は政策金利の利上げと違わないかもしれませんが、政策金利と言うのは政策金利としてだけの意味では無く、その数字自体が一つの指標や基準として使われている以上、金利と言う数字自体が上がらないと困る方たちもいるわけです。当然、こんな事は十分話し合った上で、あるいは前提として出来上がっている土台の上での決定だと思いますので、経済学の博士も持ってないような私がいろいろ言うところでは無いんでしょうが *1


 

さあ、誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます(笑)。

 

IMMポジション(2018年06月12日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 60,609 55,557 +5,052 +8,489
EUR (099741) 236,617 148,392 +88,225 -1,011
GBP (096742) 69,254 58,285 +10,969 +3,624
RUB (089741) 12,875 775 +12,100 +454
BTC (1330E1) 2,873 4,818 -1,945 -19
金Gold (088691) 192,752 72,512 +120,240 +8,824
原油 (067651) 720,342 125,049 +595,293 +11,717

 

IMMポジション(2018年06月05日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 52,060 55,497 -3,437 +4,599
EUR (099741) 239,904 150,668 +89,236 -3,801
GBP (096742) 78,577 71,232 +7,345 -2,132
RUB (089741) 12,444 798 +11,646 +9
BTC (1330E1) 2,717 4,643 -1,926 -247
金Gold (088691) 185,321 73,905 +111,416 -3,714
原油 (067651) 709,364 125,788 +583,576 -24,252
(前週分を一見してわかりやすくしておくため、青字にしてあります)

 

過去のIMMポジション
fxse.hatenablog.jp

 

先週、ここでこんな事を書いたんです⇩

>今週は、IMMポジションから何かを発見するのでは無く、来週のIMMポジションを占う事になってしまいました(笑)。

何を占うと書いたのかと言えば「原油相場」の行き先でして、ようやく原油先物の状況が前週比増になりました。この週末にかけては、また原油価格が下落して終わった感じでもあるんですが、来週のOPEC総会を前にして短期的な整理に入った部分もあるかと思います。OPEC総会も無事に終わり、来週土曜日発表になる数字でもう1度前週比増であれば短期的な底値を狙って買うのもありなのかなと思ってます。原油価格自体が高い安いと言う判断は難しいのですが、値動きだけを見ますと、この短期間に下がり過ぎな部分があるような感じです。先物で買うと限月の関係やレバレッジが大きいとか色々ありますので、原油買うならCFDかなとは思います。超ド短期なら別ですが。いずれにしても、来週のOPEC総会次第ですね。


 

この時期、天気の話題ばかりになるのはリアルでもネットでも仕方ないですよね。明日からの東京の天気は、もうずっと雨、雨、雨。とにかく毎日雨、雨、雨。

https://stat.ameba.jp/user_images/20180617/08/fx-sengyo/dc/a3/p/o0630041014212518619.png

気象庁 | 週間天気予報: 東京都

しばらく雨模様が続くようなので、お天気の日にしか出来ないような事は今日やってしまいませんと後悔しそうです。とりあえず、先日から我が家で飼い始めましたメダカさんに、いつも以上に日光を当ててあげようと言う事で、朝教会へお出かけする前に、午前中から陽が当たるように少し水槽をズラしてきました。

今日は北海道と石垣島など一部の離島以外では概ね晴れる予報になってましたので、せっかく梅雨の晴れ間、我が家のメダカさんと一緒に、皆さんもどうか太陽さんをお楽しみください(笑)。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら

*1:経済学の博士持ってないどころか、学部は経済学部卒なので学士(経済)は持ってますが、経済学の修士(Master)すら持ってません(笑)。