FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/09/21 戦績

 2017/09/21 木曜日 戦績

USDJPY      +4,768,700円

EURUSD        +492,759円

GBPUSD        +377,606円

AUDUSD         +43,116円

USDCAD         +39,283円

EURJPY        +255,400円

GBPJPY        +214,600円

EURGBP         +37,982円

TOTAL       +6,229,446円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +8,023,046円

 

月間戦績(09月)

TOTAL      +27,464,120円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL     +281,130,156円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +824,288,083円

 

はい、FOMC終了後の結果公表では、久しぶりのバリバリでした(笑)。今日のこのブログで書くまで待ちきれずに、昨日のブログで書いてしまったくらいですから。上の数字に非常にバラつきがありますのは、FOMC結果公表の前に一旦全てのシステムトレードを中断しまして発表の瞬間を越えたため、あの午前3時から数分間の大きな流れはシステムトレードは行っていないためです。

いつものように、その後の裁量トレードで持ったポジションをシステムに付け替えた分が入っておりまして、エントリーを裁量(手動)で行ってますので純粋なシステムトレードと言う事だけで考えますと、上の数字から450万円くらい少なくなります。

 

今回のFOMCでの最大のポイント、バランスシートの縮小を10月に開始と明記したことと利上げ見通しの据え置きかと思われがちですが、私的には「全会一致での可決」の方が重要でした。バランスシートの縮小を宣言したところで、ここまで膨れ上がった4.5兆ドルを超える国債や住宅債(MBS)を一気に放出する事ができる筈が無く、利上げ見通しも維持せざるを得ない状況でした。万一、バランスシートの縮小開始と利上げ見通しの引き下げ(年内なし)を同時にした場合、MBSの急落を招いて官製フィナンシャルクライシスを誘発する可能性もありますから。

もちろん、利上げとバランスシート縮小を予定通りに行いますとWで住宅ローン金利上昇トリガーと言う問題がありますが、それはインフレ抑制とニラメッコで決める事なので、ある意味FRBの意図するところです。まっ、あくまでも全てが "可能性" なので、わかりませんけど(笑)。と言うことで、短期的に見たら各FOMC委員の方向性が揃った事の方が私としては重要でして、今後の決定に関して読みやすくなるかなあと言うわけです。

 

それに比べ、日銀金融政策決定会合の無反応ときたらもう(笑)。

今回の公表は12時16分といつもに比べても非常に早く、もう発表時間だけでスルー確定のようなものでした。全部現状維持ですので、2日間も審議する必要無いんじゃないかって思うんですよね。

いや、もしかしたら前日だけで審議は全て終わっており、2日目は日銀敷地内に出没するポケモンを、委員全員でスマホ持って狩っていたのかもしれません。って、こんな事を昨日ちょこっと、うちの弟くん(長男)の前で話してしまったところ「日銀の中の凄いポケモン、大人ばっかりズルいよ!」と拗ねてしまいました。うちの弟くん、私のこの話しから「日銀敷地内に凄いポケモンが居る」と信じてしまい、ちょっと今困った状況に陥っております。私、全然「凄いポケモン」とは言ってないのですが、今さらそんな事は通用せず、そのうち日銀貨幣博物館でも連れてって誤魔化さないとならないかもしれません(汗)。以前の「皇居でコイキング、ズルいよ!」よりマシっちゃマシですが。

 

久しぶりに随分と暴れたせいなのか、日本時間で夜9時半にありましたフィラデルフィア連銀製造業指数も非常に良い数字が出たのですが、若干反応する程度でこちらも軽くスルーでして、調整のために若干ドル売りに入っていた流れを変えるほどの力は無かったようです。

米国9月 前回値 市場予想(中心値) 結果
フィラデルフィア連銀
製造業指数
18.9 17.1 23.8

ねっ?前回18.9で市場予想が17.1、そこで23.8だから中々だと思うんですが。

これもまた、不運な発表時期だった指標と言う事になりますか。いや、一々発表の度に市場が過剰反応する方が間違ってるので、むしろスルーするくらいの余裕さが市場には必要なのかもしれません。 

 


 

さっ、今日は欧州市況が夕方に目白押しですが、それが終わりますとカナダの消費者物価指数で今週はおしまいです。

 

明日の23日、日本は秋分の日の祝日でお休みでして、土曜日が祝日ですと休日数が増えないと文句が多いようですが、世の中には土曜日が祝日になる事で学校がお休みになる子供や出勤日数が減らずに安堵する日給月給の方とかもおられます。

まっ、私としてはワザワザ赤字にしました子供の学校がお休みと言う方が重要でして、ここらへんで運動会とか入れられますと◯意を抱きます(笑)。いや、運動会とか子供に関する行事もいいのですが「それって別に祝日が入る連休にする事無えだろ?」って事でして・・・・・・

あれ?モンスターペアレントの素質ある?(汗)。

 

とりあえず⇩この2冊見て、秋をどう乗り切ろうか研究中です。 

秋ぴあ 首都圏版 (ぴあMOOK)

秋ぴあ 首都圏版 (ぴあMOOK)

 
秋Walker首都圏版2017 ウォーカームック

秋Walker首都圏版2017 ウォーカームック

 

【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら