FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2017/01/25 戦績

 2017/01/25 水曜日 戦績

USDJPY        +191,300円

EURUSD         +82,993円

GBPUSD        +315,083円

AUDUSD         +35,411円

USDCAD         +62,974円

EURJPY        +118,100円

GBPJPY        +381,700円

EURGBP         +55,453円

TOTAL       +1,243,014円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +2,645,178円

 

月間戦績(01月)

TOTAL      +17,049,687円

 

年間戦績(2017年)

TOTAL      +17,049,687円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL     +576,606,536円

 

まず、やっぱりこの話題ですかね。ダウ工業株30種平均、ダウ平均が遂に2万ドルの大台を突破しました。あれだけ行く行く詐欺をしていた割には一向に行かずモヤモヤしていたのですが、昨日は別に何か頑張っている感も無いまま、あっけなく2万ドルを突破してしまいました。まあ、先物主導では無く、現物の上昇による積み上げだったんでしょうね。これこそ、本来は株価指数の王道なわけです。

人がせっかく「2万ドル突破おめでとう」を準備していた頃は行かず、昨晩はどこにも書いてあげませんでした(笑)。それをある方に話しましたら「ひねくれもの」と言われたんですけど、いいんです(笑)。

 

東京時間から欧州中盤までは、正直言って特筆する事がございませんでした。ほぼ一昨日からの大きな流れの中に値動きを委ねているだけの状態でして、若干発表のありました指標関係も大きく予測からズレている物も無く、概ね大きな値動きにつながらずにやり過ごしたようでした。豪ドルが若干CPIで動いておりましたが、それでも 40pips 程度と最近ボラが小さかったので大きく感じますが、そのまま行く様子も無く単に指標が動き始めのスイッチになっただけのような感じでした。

 

日本時間で午後9時くらいから、若干の円買い仕掛けがあったようでして、どうやら113円にあった実需のリミット(買い)オーダーと、113.00にトリガー設定されていたノータッチオプションの両方を狙ったようです。なぜ、一般的に狙われやすい「ストップロスとノータッチオプションの組み合わせ」の、ヒットしたら値が走るような時を狙わなかったのかと言いますと、日本時間の朝8時半から9時ごろにかけて114円を狙って失敗した値動きと組み合わせて、113-114円のダブルノータッチオプションが仕掛けられていたのでは無いかと思うんです。

もし、まだこの114円のワンタッチも狙っているのであれば、円を徹底的に買い113.00を切って112円台にタッチした時に、円高に値が走るよりも押し返して欲しいはずです。今回、言われていたように113円前後に実需の買いが大量にあれば、目論見どおりに一気に上げ戻すでしょうから、今度はそこに便乗してドテンで円を売り114円を目指せば自己資金は、より少なく上昇へ転じられるでしょう。

まあ、この手の話しはほとんどが噂ですので真実は確かめられませんが、噂話であれば昨日のこの失敗で少なくても5千万、多く見積もって1億弱は失ったところがあるとか、あるとか、あるとか(笑)。5千万ですと日本円換算で約57億ですか、まあ奴らにとったら屁でも無い金額でしょうけど、肥やしになって勿体無いなあ。

 

そして原油。為替やシステムトレードとは別なので、日付変わって今日の早朝の件ですがまあいいでしょう。0時半に発表になりました米エネルギー省発表の週間原油在庫が2週連続で積み増しになりました。

実は昨日、久しぶりにフランス在住エリックが「へい、今日は原油行くぜ!」と言って原油先物を欧州時間から気合い入れて買ってたんですよね。いや、買ったら下がってまた買っての、まるでナンピン状態一進一退でしたので「大丈夫け?」と思っておりましたところ、この指標です。「誰でも失敗はあるし、誰でもババ情報を掴まされる事はある。俺は大きな心で……」とか言って慰めようと、フランス語の臭いセリフで良さそうなのどこかに無いか調達を始めようと思った矢先、原油先物価格がどんどん上昇しまして一瞬で今週の高値近辺まで行き、その辺で手仕舞いで終了。あれね、原油ってあれね?そうそう、あれあれ、あれですよね?あれ。

ちなみにエリックの原油先物取引も、情報が無い時には大負けこそ無いものの普通によく負けております。いや、やはり商品先物は為替以上に素人が手を出してはいけないし、よもやテクニカル分析でどうのこうのなる代物じゃ無いと痛感します。せいぜい金くらいでしょうかね。長期間ホールドするために純金積立のようなドルコスト平均での買い付けは有効ですが、先物はだめでしょう(汗)。

 


 

昨年のブレグジット騒動の時に69円台で買ったニュージーランド・ドル、若干は率が下がっては来たのですが最近もまだ毎日毎日500円前後のスワップポイントが付いておりまして、可愛くて仕方がありません。

ただ、既にNZドルも82円台後半まで突入しておりまして、そろそろ巣立つ(決済)の時期かなと言う思いも無いことも無いんですよね。既にポジション持ったところから 1,300pips ほど値を上げておりまして、10万NZドルの 1,300pips なので大した事は無いのですが、スワップの付くメリットと決済益を比べなければなりません。

このままスワップポイントの受け取りが1日500円で続いたとしたら、年間約18万円ですので今の決済益はスワップ約7年分と言う事になります。更に、ずっと証拠金を使ってしまっている事も考えますと、あまり効率はよくありません。ただ、毎日毎日スワップポイントが付いているのを見て楽しめると言う、プライスレスな精神的な満足度も考慮しなければなりません。お金がかかるのに、あえて飼っているペットと同じようなものです(笑)。

それにしても、なんで10万通貨しかあの時に買わなかったのだろう。本当は現引きするつもりで買ったので、10万通貨もあればいいところだったのですが、全部現引きしなくてもいいからとりあえず1本買って多すぎる分は差金決済すればと、あの時に思い浮かばなかったのが残念です。何回も書いてますけど、非常に残念です。

もう、このニュージーランド・ドル、いっそ決済せずに一生持ってるか。それが可能かどうかは、このポジション持ってる業者次第ですけど。