読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。 日々の生活での出来事や、突然ぶっ飛んだ話しを持ち出す事もあるかもしれません。

2016/10/19 戦績

2016/10/19 水曜日 戦績

 


 

通貨ペア(10/19)
USDJPY      +144,900円
JPYUSD*     +151,906円
EURUSD       +49,226円
USDEUR*      +47,397円
GBPUSD       +78,543円
USDGBP*      +66,707円
AUDUSD       +12,083円
USDCAD       +42,232円
EURGBP       +20,592円
TOTAL       +613,496円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +1,420,293円

 

月間戦績(10月)
TOTAL    +29,886,676円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +296,711,682円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +409,297,957円

 


 

ドル買いなのか欧州売りなのか、あるいは単に円買いなのか、イマイチ判断し難い相場でして、円が買われたのは追加緩和が無いような発言説とか言われてますが、その割には対欧州通貨での円買いはさほど大きく無いような雰囲気でして、ドルに対して売られた分だけクロスで下がっているだけの感じを受けます。まあ、今現在は裁量取引には一切資金が入ってないので、その辺りはどうでもいいのですが。

一方、明らかに元気なのは資源国通貨でした。完璧に原油高に乗じて買われている感じでして、原油価格に関しては OPEC 減産合意の意味が徐々に現れて来ており、原油先物のような値動きが極端に大きく危険な匂いのする取引よりも、資源国に少し分散して通貨買った方がリスクヘッジ的にはいいんじゃ無いかと言うような気もしたり。もちろん、リスク取らないと利益にはなりませんが、そこは専門の方にお任せします。原油劇場に関しては支配人として、舞台に上がるエリックを見守るしかできませんので。

 

あの英国EU離脱を問う国民投票後の混乱で、6月後半もそうなんですが、7月中はもうずっとシステムが高負荷になる時が多く、随分と amazon さんのクラウドコンピューティングサービス AWS を使ってしまいました。

私自身の使っているシステムもそうなんですが、元同僚の皆さんにお貸ししてお金頂いている方のシステムこそ落とすわけにいかないので、AWSを起動させるまでのしきい値を若干低目にしてあるせいもあり、目ン玉飛び出るような請求が来ております。「どこのリッチコンテンツ配信業者の請求書と間違えてるんだ?」ってくらい来ております。それでも、回線使用は極端に少ないので一番高額なデータ転送料金が雀の涙ほどしか来てないのが、せめてもの救いなんでしょうけど・・・

これ、AWSで高負荷分散させるより、自前でサーバー用意した方が年間通して見たら安くなるかもしれません。当然それに対応する人員も必要ですが、タイの監視チームの皆さんが随分と成長してまして、日頃からサーバー で遊ばせて を評価させて おいた甲斐がありました。ほんと、WIndows Server や SQL Server の Evaluation License が 180日なの助かる。

 

本日のエントリー、後半はほとんどの方に意味不明になってしまったかと思いますが、考えてみたら、もともとそう言う方向性も趣旨の一つであったはずのブログだったって、忘れてました。