FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/10/17 月曜日

今日、東京は雨が降っております。1日中ずっと降る予報になってまして、随分と気温が低い1日になりそうです。

もう、秋ですねえ。そう言えば、秋の長雨と言う言葉もありますし、◯◯の秋と言う言葉は割りと多く思いつきます。何で秋だけ特別に「◯◯の秋」や「秋の◯◯」と言う言葉が多くあるんでしょうかね?

春、明らかに暖かくなって冬から目覚める感じが、息吹が感じられる。

夏、明らかに暑くなって夏だと疑う余地が無い。

冬、明らかに寒くなって場所によっては雪が降り、夏との違いを目でも肌でも感じられる。

秋って、意識して「今は秋」と考えないと、感じないと、夏から冬になる境目と言う分かりにくい季節なのかもしれません。だから昔の人は、あえて秋だけ特別に「◯◯の秋」や「秋の◯◯」と言う言葉を多く残したのかも。

 

 

百人一首は和歌ですので、俳句と違い季節を歌う必要はありません。恋の歌が多いのも和歌の性質上ごく普通の事で、それでも多くの歌に季節が散りばめられております。

春- 9首

夏- 4首 

秋-20

冬- 5首

秋の歌だけ突出して多いのは、春は恋の季節、夏は情熱の季節、冬は人恋しい季節、秋以外は全部色恋沙汰(笑)。秋は季節を意識する事で、色恋と言う人の性とは違った、人の知識や意識を刺激してくれる大切な季節なのかもしれません。

 

 

秋を一番感じられるのって、やっぱり紅葉ですよね。「◯◯狩り」と言われる中で、紅葉狩りだけが食べられない狩りです(笑)。

海外でも勿論紅葉はありまして、アメリカなんて特に凄い感じだったりします。 もう、それこそ山全部が燃え上がってるような、街全体が真っ赤に染まるような、そんな感じでして、ちょっとインターネットで画像を検索してもらえれば、圧倒されるような紅葉の写真が山ほどございます。

それに比べると、日本の紅葉は山や街を真っ赤に染め上げるような感じではありません。でも、とっても上品な紅葉で、「赤や黄色の、色さまざまに」と「紅葉(もみじ)」の歌にもありますように、色々な文字通り色が混ざった繊細な紅葉を見せてくれます。

一色で圧倒する( ・´ー・`)どやって言うような海外の紅葉も確かに見応えはあるのですが、紅葉の街を歩いても歩いても変わり行くグラデーションを楽しめる日本の紅葉の方が、見ていて飽きずに私は好きです。

 

 

こうやって、無理やりにでも日本人だって事を意識しておきませんと、ふと自分が何人だったのか忘れちゃう時があるんですよね。

ハーフ特有の悩みと言うのか、生まれ育った国と違う国に住む者の気持ちなのか、私の場合は良く言われるこの2つのどちらにも当てはまらないので分かりませんけど。後者の理由で言ったら、一番は香港人ですからね(笑)。

 


 

さあ、今週は月半ば過ぎまして、前月の各種数値が色々出てくる頃ですので指標が多いです。よく言う PPI CPI 週間です。19日水曜日には、英国版雇用統計である前月失業者数・失業率の発表がありまして、今回はいつも以上に注目されております。私が注目してるんですけど(笑)。

また、20日木曜日早朝には、今週の本丸である米地区連銀経済報告=ベージュブックが公開されまして、この内容が元になり「次回 FOMC どうすんべ」 と言う事になりますので、利上げ!利上げ!USA!USA! となっている現状からしますと、今回のベージュブックは相当な注目点です。期待していると言うより、ちょっと怖い感じ、ドキドキ感がある感じですかね。

 

そんな感じで、せっかくの秋ですから楽しみながら、今週もがんばってまいりましょう。