読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/10/05 戦績

2016/10/05 水曜日 戦績

 


 

通貨ペア(10/05)
USDJPY      +493,000円
JPYUSD*     +538,227円
EURUSD       +69,219円
USDEUR*      +46,503円
GBPUSD      +108,743円
USDGBP*      +98,077円
AUDUSD       +41,883円
USDCAD       +51,658円
EURGBP       +67,930円
TOTAL     +1,515,240円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +3,144,995円

 

月間戦績(10月)
TOTAL     +3,499,527円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +270,324,533円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +382,910,808円

 


 

さあ、ドル円が一昨日に引き続き昨日も来ました。この一方通行な値動き、大好きです(笑)。今回のドル円の上昇と言いますか、円売り、いつくらいから来ているのかと言いますと、

f:id:fxse:20161006064836p:plain

日付の縦ラインが消えてしまっているので分かりにくいかもしれませんが、26日と28日のちょうど真ん中、27日が大きく底になっているのが分かるかと思います。27日は火曜日でして、火曜日と言うのは、米商品先物取引委員会(CFTC)が先物のポジションを集計する日になっており、火曜日に集計した分をまとめまして金曜日の午後3時半(米東部時間)に発表します。

ドル円に関しましても、通貨先物と言う取引が積極的に行われておりまして、あの先物取引で有名なシカゴのマーカンタイル取引所、よく私が日経先物や最近では原油の話しの時にCMEと言うあれでして、特にCMEにて非常に活発に取引されております。

先週の火曜日現在の通貨先物ドル円のポジションですが、何でもいいので金融情報屋さんの端末を叩くと出てきまして、

f:id:fxse:20161006064848p:plain

赤枠の NON-COMMERCIAL と言うのは投機筋の事を言っており、その投機筋のロング(円売りドル買い)が 97,432枚 前週増減 +12,315枚、ショート(円買いドル売り)が 28,540枚 前週増減 +2,208枚、と言う事でして、トータルで 68,892枚のドル円ロングポジション、前週増減 10,107枚ロングポジションが増となります。

投機筋は非常に大きな金額を動かすため、逆張りと言う行為はあまりせずに順張りメインです。その投機筋がガンガン順張りでドル円ロングポジションを入れてきておりまして、この発表があった金曜日の段階で「こりゃ、来週あたり来るかな?」となるわけです。

ちなみに、ある程度まで行きますと投機筋は急にゲームを降りますので、今回もよく行って104円台後半から、もしかしたらオプション攻防が絡んで105円台に一瞬乗ったら崩落するような値動きになるような気がしますし、雇用統計で悪い数字が出れば、この積み上がったポジションも一気に放出されるでしょうから、私としたら嬉しい大きな値動きになるかもしれません(日本株的には最悪でしょうけど)。

 

まあ、こう言う数字を見て判断するのも話半分くらいにしておきませんと、何をするにも市場の反応と言うのは表裏一体ですので、見る角度によって天使にも悪魔にも見えるわけです。為替をやってて一番嬉しいのは天使が微笑んでくれた時ですが、一番怖いのは天使にそっぽ向かれた時でも、悪魔に笑われた時でも無く、悪魔に微笑まれた時です。悪魔が微笑むとはどんな時なのか……

例えば2015年のスイスフランショックの際、あの状況で普通は持たないであろうスイスフランロングポジションを持っていたため、20分でユーロに対して40%もの上昇をしたスイスフランで、家が建つほど利益を出してしまうとか、そんな感じを指します。

もし、逆のポジションを持っていた事を想像しますと、安易に喜んでおられません。悪魔は天使と違って浅はかな入れ知恵もしてきますので、その口車に乗らないようにも気をつけなければなりません。悪魔に微笑まれた人は、いずれ悪魔が入れ知恵してくる可能性も高いですから。

 

さて、ドル円も上値をかさ上げし、日経平均先物も上昇し、ダウも高くなり、英国と欧州は放置するとして、原油ねえ…… いや、最近はあまり触れないようにしていたのですが、エリックの原油劇場がいよいよクライマックスなのか、それとも第二弾発射準備完了なのか分かりませんが、どうなっちゃってんのかね~ \(^o^)/\(  .)/\(^o^)/ ← 1回転

エリックの場合は悪魔の入れ知恵と言うよりも、 السعودية  الشرق الأوسط の、お友達の入れ知恵と言う感じでしょうから、別にいいんですけど、いいんですけど、もうシステムトレードとかそう言うのは若干無視になっちゃってますけど(汗)。でも、しこしこと新しい理論(ロジック)を書いてはくれてるんで、それでいいです。文句言いません(ブログでは除く)。

 


 

突然なんですが、私、Wimax とか MVNO(格安SIM)とか大好きでして、Wimax は行き着いた先が So-net だったんですが、MVNO はそろそろ mineo で結論が付きそうです。安定度とか通信速度とか、使い勝手とか色々バランスを考えまして選んでおりまして、最終的に IIJmio と mineo が残っておりましたが、今は mineo で統一しようかなと言う気分になってきております。

とは言っても、色々なアクセス回線を準備しておくのは重要なので、IIJmio も解約はしませんが回線数はある程度あれば十分かな。ちなみに、あまりにもクソ過ぎて途中で解約したのは u-m◯bile と言う伏せ字になっているのかなっていないのか微妙なところですが、こいつはクソです。クソと言う字を伏せ字にする気にもなりません。

au 系の回線が使える MVNO が少ないので、IIJmio と mineo は重要なんですよね。足回り回線であるキャリアがコケると全部コケるので、まず足回りを au と docomo の2つを使い、キャリア直のデーター通信契約と MVNO を更に複数にする事で冗長性を高めます。

ちょっと話しが混ざってしまってるんですが、私や家族がお遊びで使うSIMとしては、mineo に統一しようと言う事でして、それ以外にも仕事で使っているインターネットに関しても、固定回線が仮に工事断線などで一気に全滅したときのために、移動通信網でのネットワークも準備が必要ですから、そちらに関しては1社に絞る事無く複数準備しております。でも、u-m◯bile は入っておりません。

 

固定回線も冗長性を持たせるために、複数のキャリアと契約はしているのですが、光ファイバーは全てNTT敷設のファイバーを用いているでしょうから、仮にマンホール内での火災や誤って全部切断祭りとかされてしまったら、どうにも対処できません。光回線以外にも ADSL や ISDN も残してありますが、こちらも一気に全滅する事も考えられます。

まあ、サーバー自体はデーターセンターに収容されてますので、最悪はタイの監視部隊に電話して強制シャットダウンでしたら可能は可能なんで、そこは衛星携帯を用意してあるので大丈夫かなと。ええ、そこまでしないと大切な資金を運用しているわけですから、安心出来ません。

たまに、VPS1台で自動取引されてる方がおられますが、何かあったらどうするつもりなんだろうと、他人事ながら心配になってしまいます。せめて、そこは専用サーバーだろうと思うんですよね。月額1万円もしないで専用サーバーありますんで、そこに Windows 7 でも 8 でも入れて使えばいいのにって。

 

最近、うちの近くでマンホール開けて工事してるんで、ちょっと不安です(笑)。