FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/07/25 戦績

2016/07/25 月曜日 戦績

 


 

通貨ペア(07/25)
USDJPY       +72,600円
EURUSD       +55,283円
GBPUSD      +121,551円
EURJPY*      +79,100円
GBPJPY*     +133,400円
AUDUSD       +21,462円
USDCAD       +47,746円
EURGBP        +8,464円
TOTAL       +539,606円

 

週間戦績(当週)
TOTAL       +539,606円

 

月間戦績(07月)
TOTAL    +42,572,119円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +176,134,687円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +288,720,962円

 


 

え~、為替市場は比較的落ち着いてる日でした。日付変わってから多少のブレはあったようですが、ノイズ程度です。が、

 

昨日も、またドイツ南部の風光明媚な観光都市アンスバッハで自爆テロがあったかと思いましたら

www.afpbb.com

 

朝になって起きたら、お隣り神奈川県の相模原で、こんな非情な事件が深夜にあったと報道されております。

www.sankei.com

 

分かんない。全く持って、分からない世の中になってきてしまった。 

昨日、ちょっと用事がありまして教会に行きました。その時にも牧師さんと「日本だけ良ければいいと言うのではなく、せめて日本くらいは安心して暮らせる世の中であり続けて、世界の人に平和な国と言うのは理想論では無く実現可能なんだと思ってもらいたい」と言うお話しをして来たばかりです。 

刃物を使うだけで1人が19人を殺害なんて事件は、過去にあったでしょうか。元職員だったと言う報道もちらほらありますが、通り魔とちがい接点があっただけに、事前にどうにか出来なかったものか、多くの情報が伝わって来ない現時点でも悔やまれて仕方ありません。

 

ニュースサイトでは無いので、この手の報道を引用して悲しみを発信する事は、どこかで線を引かないとならないと思い、昨日はアンスバッハでのテロの件は心の中で被害者の方の回復を祈るだけでした。でも、さすがに日本のそれもお隣の県でこんな事がありますと黙っておられませんでした。

これ以上、怪我をされた方の中から死亡者が出ませんように、そして亡くなられた方のご冥福をお祈りする事しか今は出来ません。 

 


 

もう一点ニュースがあったのですが、事実上の米ヤフー終了のお知らせです。以前からずっと言われて居たのですが、近年は特に業績悪化が顕著で、いずれこの日が来るのは分かっていたと言うのが正直な気持ちです。

www.sankei.com

とくに個人的にどうのこうのは無いのですが、インターネットを黎明期から見てきた者としては、ちょっと寂しいかなって言う気もしないでもありません。

ヤフーの事業が大成功したと言えるのは日本だけでして、 やはり日本以外の国は米ヤフーが直接手を下しプラットフォームの共通化や事業の標準化を進めたために、進出先の国でもなかなか受け入れられず、米国本社での業績低迷も相まって最後にはこのような形になってしまったのだと思います。

日本で成功した理由は、やはりソフトバンクが日本に合わせたサービスのローカライゼーションに成功したから他無く、欧米の会社に多い標準化モデルの押し付けのようなビジネスは、今後はもっと厳しいのでは無いかと考えております。

インターネットの力で国境を簡単に超えられる世の中ですから、単に言語をチューニングしただけのモデルでは、別にどこでも用意出来るわけです。文化は言葉が分かる事ではありませんから、どこまで文化まで含めたローカライゼーションが出来るか、場合によっては全く違うサービスを展開出来るような権限譲渡を含んだ展開が、今後はもっとインターナショナル企業に求められている、求められていると言うより、そうしなければ生き残れないのではと思います。

思えば2000年を過ぎたくらいから、米国を中心とする大手投資銀行が、軒並み現地資本との協業を模索するようになったのも、頭のいい一部の人たちが既に10年以上先の今を見越していたなんでしょう。世の中でもてはやされるMBAホルダーは、過去の事例から高い確率でビジネスの成功を導く事が出来ると言われておりますが、その更に先を行く真の頭脳を持った方々には到底敵わないと言う事実を突きつけられてる気分です。

 


 

さて本日、英国の実家から父の姉の孫、私から見たら従兄弟の子ですので日本語では「従甥(じゅうせい)」又は「従兄弟違い」って言うんだそうですが、やって来ます。今年の10月からイングランドの大学に通うと言う事で、それまで日本で8月下旬まで過ごし、日本の事を学びたいと言う事のようです。

ええ、例のうちのお姉ちゃん(長女)が彼氏と称している男の子です。彼氏かどうかは知りませんが、お姉ちゃんが「彼氏」と称してる事だけは知っておりますが、本当は「はとこ」です。英国人ですから、ビザ免除で日本に6ヶ月まで滞在可能ですが、いいえ8月末まで約1ヶ月ちょっとでお帰りいただきます。

まあ、最初から喧嘩腰でも仕方ないので、とりあえず空港までは迎えに行かずに家で待ってる事にしました。どうせ、お姉ちゃんだけお迎えに来れば満足でしょうから、一緒に弟くんにも行かせました。ついでに、家政婦さんのお子さんも一緒に行きました。日本に着いて2人きりになれなくて、残念だったねえ~( ´,_ゝ`)

 

まあ、それは9割以上本気ですが、せっかく日本に来るんですから、日本の良い部分をいろいろ感じて、さっさとお帰り頂きたいと思っております。