FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/06/17 戦績

2016/06/17 金曜日 戦績

 


 

通貨ペア(06/17)
USDJPY      +181,000円
EURUSD      +207,099円
GBPUSD      +625,665円
AUDUSD      +110,419円
USDCAD      +136,507円
EURGBP      △31,483
TOTAL     +1,229,207円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +4,585,111円

 

月間戦績(06月)
TOTAL    +12,995,079円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +124,561,706円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +237,147,981円

 


 

 

 

bot更新による戦績数字だけだと寂しい感じなので、百人一首でも一歌づつ載せていきます。

 

小倉百人一首

24番歌

  このたびは     ぬさもとりあへず       たむけやま
このたびは 幣も取りあへず   手向山

もみぢのにしき     かみのまにまに
  紅葉の錦   神のまにまに

かんけ
菅家

 

 

百人一首では菅家さん、本名は菅原道真(すがわらのみちざね)さんです。以前にもコメント欄で登場したのですが、藤原時平さんに騙されまして、大宰府へ左遷され京に戻る事無くお亡くなりになられました。道真さんがお亡くなりになられた後で天変地異が多く起こり朝廷に祟りをもたらしたと言われ、天満大自在天神として祀られる事になりました。太宰府天満宮は学問の神様として有名ですが、この道真さんが神格化して神となっております。自在天神と言うだけあり、学問だけで無く非常に多くのご利益があると言われている少々欲張りなくらいの神様でして、これも朝廷に祟りをもたらしたと言う事から祀られたがゆえかもしれません。

まるで、免罪で火炙りに処され後に聖人として列聖された、ジャンヌ・ダルクさんのようです。

さて歌ですが「旅行く途中で道祖神にお供えする時に用いる幣(ぬさ)と言う布を用意する事が出来ないくらい慌てて出発したため、どうか手向山の見事な錦のような紅葉を幣の代わりにご勘弁下さい」と言う感じの、当時は常識であったはずの神様にお供えする「幣」の代わりになるほど手向山の紅葉が美しい様を詠んでおり、まるでその様子が目に浮かぶようです。

ちなみにこの「紅葉の錦」と言う慣用句は他の歌でも用いられておりまして、他にもございまして

「水のあやに 紅葉の錦 重ねつつ 河瀬に浪の たたぬ日ぞなき」
健守法師

「朝まだき 嵐の山の 寒ければ 紅葉の錦 着ぬ人ぞなき」
右衛門督公任(藤原公任)

「秋霧の 峰にも尾にも たつ山は 紅葉の錦 たまらざりけり」
大中臣能宣

など、古今和歌集だけでもいくつもあったります。割りと好きなんですよね、この「紅葉の錦」と言う言い回し。

 

 

botによる更新