FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/05/30 戦績

2016/05/30 月曜日 戦績

 


 

通貨ペア(05/30)
USDJPY      +135,700円
EURUSD       +59,672円
GBPUSD       +27,149円
AUDUSD        +4,919円
USDCAD       +42,844円
EURGBP         △553
TOTAL       +269,731円

 

週間戦績(当週)
TOTAL       +269,731円

 

月間戦績(05月)
TOTAL    +16,930,431円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL   +110,855,333円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +223,441,608円

 


 

 

 

bot更新による戦績数字だけだと寂しい感じなので、百人一首でも一歌づつ載せていきます。

 

小倉百人一首

56番歌

   あらざらむ      このよのほかの       おもひでに
あらざらむ この世のほかの 思ひ出に

   いまひとたびの        あふこともがな
いまひとたびの 逢ふこともがな

いずみしきぶ
和泉式部

 

 

平安歌人の中で、特に私が好きなこの方。和泉式部さんです。

非常に浮いた話が多い方ですが、それが故なのか詠う和歌は恋愛模様が眼前に広がるがの如くきらびやかで、かと思うと繊細に読み手を魅了してくれるように思います。

彼女が詠った歌、多くが恋の歌でして百人一首に選ばれているのは、もう晩年の作ですがやはり恋の歌でした。病床の和泉式部が「この世の思いでに、あなたともう一度逢いたい」そう懇願する歌です。亡くなる怖さよりも、愛した男性との逢瀬を願う和泉式部らしい歌です。

 

そんな和泉式部が、名前の由来ともなる和泉守であった橘道貞との間にもうけた一人娘の小式部内侍は、まだ20代の若さで母より先に亡くなりました。その後で詠んだ歌は、母が子を愛す歌として知られております「とどめおきて誰をあはれと思ふらむ 子はまさるらむ子はまさりけり」小式部内侍が遺した子、和泉式部自身の孫を見ながら「あの子は誰の事を心残りに亡くなったのだろうか?私が子を思うように、きっとあの子もこの世に残す自分の子思っているのだろう」壮絶な母の心を詠んだ歌です。字余りが嫌いな私が唯一、字余りをよしとする歌でもあります。

botによる更新

追記 <2016-05-31 19:25>
この和歌を読むと、いつも「オレンジレンジ」の「花」を思い出します。


花  ORANGE RANGE

ほんと、新幹線の中のネット遅い(汗)。