FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/03/22 戦績

2016/03/22 火曜日 戦績

 


 

通貨ペア(03/22)
USDJPY      +317,200円
EURUSD      +408,511円
GBPUSD      +729,140円
AUDUSD       +33,219円
USDCAD       +21,745円
EURGBP      +122,926円
TOTAL     +1,632,741円

 

週間戦績(当週)
TOTAL     +2,284,714円

 

月間戦績(03月)
TOTAL    +21,328,387円

 

年間戦績(2016年)
TOTAL    +62,663,038円

 

累計戦績(専業になってから)
TOTAL   +175,249,313円

 


 

いま中央欧州時間は日本から見て前日、3月22日午後11時を回ったところです。

 

日本時間で昨日の夕方4時頃、ベルギーの首都ブリュッセルで発生しました同時テロが引き金となりまして、一時的なユーロ売りが発生、米ドルや円が急騰する事になりました。有事の円買いと言うよりも、逃避先通貨に米ドルと円が選ばれただけでして、ハードカレンシーとしての力が機能したとも言えます。
昨日、値動きが大きかったので利益は確かに多かったのですが、あまり手放しで喜べるような内容では無く、微妙な気分です。

 

 

さて、本日はフランスで用事がありまして英国からフランスへ移動したわけですが、本来はそのままフランスで一泊してから、明日移動する予定でおりました。しかし、ベルギーでの今回のテロの犯行声明が既にあったりしました事を考慮しますと、ちょっとフランスが危険な感じもしまして、私一人ならともかく従業員も一緒だったりするので今日のうちに移動する事にしました。

 

以前勤務していたアメリカの会社では、さすがアメリカと言いいますか、世界中で狙われている事を自覚しているので(笑)。いや、笑うところじゃないんですが、えっと……、そうそう、以前勤務していた会社で非常事態の行動指針のような事を民間のセキュリティ専門会社の講師の方から指導されておりまして、こういう時は「現在より安全な国」「陸路を車で」「大都市を避け」「中級ホテル」へ避難するようにとの教えがありました。
「現在より安全な国」は当然として、「陸路を車で」は空路を使う事は空港が最も危険な場所であり航空機も危険、当然駅も列車も危険なため車での移動が最適、「大都市を避け」テロや攻撃は大都市を狙ってくる可能性が高く、「中級ホテル」外国人が多い高級ホテルは攻撃対象になる可能性が高く、安ホテルはそれ自体がリスクだからなんだそうです。
まあ、こんな事するくらいならフランスの用事をブッチしてしまえば良かったのですが、こちらに来てから次々と色々な情報が出てきたのでと言う事もありまして……、あのセキュリティ専門会社の講師の先生が聞いたら「それこそリスク認識が甘い」と言われそうですが(汗)。

 

 

何度もあちこちで書いておりますが、再度、今回のテロでお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りし、ケガをされた方の1日も早い回復、そしてもうテロの起こらない世の中になりますように祈っております。