FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2016/02/29 月曜日

27日の土曜日に無事閉幕しましたG20・財務相・中央銀行総裁会議におきまして、当り障りのない微妙な声明を発表してお茶を濁した感じです。これを持って、無事閉幕と言うのですから、私もまだ人がいい部類かもしれません(笑)。

一応、為替にとって一番重要そうな部分は、声明文の Chapter.3  第3段落冒頭でして、なんとなく原文を掲載してみます。

We reiterate the importance of raising actual output as well as the essential role of structural reforms in boosting productivity and potential output.
We will prioritize and put special emphasis in 2016 on the implementation of our adjusted national Growth Strategies with a view to achieving the objective of 2 percent additional output by 2018.

で、なんとなく意訳してみます。

我々は、経済成長を実現することの重要性及び、生産性と潜在成長を高めるため、構造改革が果たす重要な役割を再確認する。
2018年においてGDPを更に2%引き上げるとの目標を達成するため、2016年は国ごとにおける成長戦略の見直しの実施を特に重点とした優先課題とする。


難しい単語や言い回しは全く無いので、もかラテさん、Pippi さんは原文だけで意味は十分通じたかと思いますが、2行目の prioritize / 優先 と special emphasis / 特別重点 2つを重ねて言うほど強い信念は、2 percent additional output by 2018 / 2018年においてGDPを更に2%引き上げる と言う強い決意を表しているわけです。


逆に言えば「とりあえず2年先の事を今回も目標に掲げておいて、お茶濁しておこうぜ」とも取れるわけですが(笑)。




さて、こちらのブログまでアメブロさんから引っ張られてきた方は「この後は、どんな経済の講釈が続くんだ?」と期待されているかもしれませんが、申し訳ございません、経済の話しはここまでで、ここから先は昨日香港であった出来事です(笑)。


昨日は日本から来ていた人がおりまして、私やうちの両親と一緒にちょっと観光なんかも行ってきました。香港育ちとしてはちょっと恥ずかしいのですが、観光で来られた方は皆さん行かれる女人街とか、うちのお姉ちゃんが年末年始に香港へ来た時に行った黄大仙とかに行ってきました。

女人街では雑貨と言うか一山幾らで売ってるような怪しい小物を皆さんよく買われているようですが、正直言って香港人はあまり女人街に行ってもメインストリートの通菜街では買い物しません。だって怪しいんですもん(笑)。それでも、偽レスポ風の "Pro Sports" や "Pro Spec" は、小物入れに便利なので買うかな(笑)。結局買うんじゃんってのは置いておきまして、女人街で買い物をする時は聞き方で全然値段が違うんです。

日本語英語中国語広東語 この順番で安くなっていきます。まあ、当然と言えば当然なんですが、昨日は面白いので一緒に行った人に体験してもらいました。

日本語で「へ~これ幾らだろう?」と呟いておりますと、店員さんが寄ってきて電卓を叩き「80」と見せてくれました。次にうち父が英語で店員さんに値段を聞くと同じく電卓を叩いて「60」と見せてくれました。もうこの段階で80ドルから、60ドル、20ドル(約300円)安くなってます(笑)。で、次に私が中国語で聞くと「40」日本語の時の半額です(笑)。最後にうちの母が広東語で聞くと、電卓に叩かずに「サンサップ」30ドルです。2個で40ドルでいいか聞いたら45ドルだと言うので「じゃいらない」と母が言うと「40でいい」と言うので、1個20ドルになりました。

1個20ドル(約300円)で偽レスポ風の "Pro Sports" の化粧ポーチが買えました。買った偽レスポ風の化粧ポーチを、一緒に行った人に「はいよ~、これね~」ってうちの母が日本語で言いながら渡すと、商店のオバちゃん達が皆んなで苦笑いしてましたけど(笑)。

まあ、実際には日本人でも80ドルで買う人は多くないと思いますが、まさか80って電卓で提示された価格が、1/4でも買えるとは思わずに、50ドルくらいで買ってしまうのでは無いでしょうか。ちなみに同じ物は、中国本土側の深圳に行けば、多分1個10元≒12香港ドルしないと思われます。まあ、観光客の皆さんで持ってる商売ですので、多少はねえ……

黄大仙も行きまして、占いやってもらってました。折角ですのでちゃんと日本語が通じる先生の方がいいでしょうから、割りと有名な日本語が通じる先生に占って貰ってまして……、いや、私は占いとか非科学的な事はあまり信じないんですが、いつも不思議なのは、予備知識を全く与えて無いのにちゃんと色々分かってるんですよねえ。例えば「金銭運を占えばいいですか?」とか「結婚運を占えばいいですか?」とか、そこの掴みからちゃんと言い当てるんですよ。

小鳥占いとか言う超怪しいのに比べたら、黄大仙の占い師の先生はもしかしたら本物で、何か「持ってる」のかもしれません。

今日のエントリーも前半と後半、全然違うんですが、大丈夫かなあ(笑)。


まあそんな感じで、今週も一週間がんばりましょう。

 

※当ブログ閲覧上のご注意 ~投資は自己責任で~
このブログに書いてある事はブログ筆者の個人的な見解であり、投資を勧めるものでも投資判断の参考にするために提供しているものでもありません。また、このブログに書いてある事を元に取引を行った結果として損失が発生した場合でも、民事上の補償等名目の如何に関わらず一切応じる事は出来ません。この注意書きにご同意頂けない場合は、当ブログの閲覧を遠慮下さいますようにお願い申し上げます。

Disclaimer
All information and data on this blog site is for informational purposes only. I make no representations as to accuracy, completeness, suitability, or validity, of any information. I will not be liable for any errors, omissions, or any losses, injuries, or damages arising from its display or use. All information is provided AS IS with no warranties, and confers no rights.
Because the information on this blog are based on my personal opinion and experience, it should not be considered professional financial investment advice.
If you do not agree with this disclaimer please stop reading this blog.
Thank you

 

あっ、香港でのお買い物占いも、自己責任でお願いします(笑)。