FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2021/07/21 戦績

 2021/07/21 水曜日 戦績

USDJPY        +121,700円

EURUSD         +41,331円

GBPUSD        +139,210円

AUDUSD         +30,312円

NZDUSD         +33,194円

USDCAD        +111,653円

USDCHF         +17,231円

EURJPY        +133,600円

GBPJPY        +230,500円

AUDJPY         +42,200円

NZDJPY         +47,400円

CADJPY        +152,300円

CHFJPY         +77,300円

EURGBP         +28,016円

EURCHF                -

TOTAL       +1,205,947円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +3,780,537円

 

月間戦績(7月)

TOTAL      +16,349,009円

 

年間戦績(2021年)

TOTAL     +144,636,827円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +769,887,233円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +2,149,887,248円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

昨日午前8時50分、日銀が前々回6月17~18日に開催しました金融政策決定会合の議事要旨を公開しました。 

jp.reuters.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ 

もう、ほんと、最近どこの中銀も、目先の金融政策を除いたら気候・気候・気候のオンパレードでして、今回この日銀の議事要旨でも「気候」で検索したところ23回使われておりました(笑)。今後、日銀議事要旨で「気候」の登場回数を調べるのが私の中でトレンドとなりそうです。

昨日公開の議事要旨、参加者一覧や金融政策決定会合終了直後に既に公開されている声明文の再掲分を除きますと、実質19ページ中2ページ強が気候問題について討議した記述でした。

重要なのは、その冒頭部分、

何人かの委員は、気候変動問題は、中長期的に、経済・物価・金融情勢にきわめて大きな影響を及ぼし得るため、中央銀行の使命にも関係するとの認識

気候問題に日銀が絡むために大義名分を取得して

 

何人かの委員は、各国の中央銀行は、各々の使命のもとで、気候変動問題への対応を検討していると指摘

他の中銀は既にやってるから

 

多くの委員は、そうしたもとで、日本銀行としても、金融政策面からどのような貢献ができるか検討し、方向性を示す局面に来ているとの意見を述べた

じゃあ、うち(日銀)もやろう(笑)

 

さすが、我らの日銀(笑) 

日銀の議事要旨公表なんて受けても、いつも変動のない外国為替市場ですが、昨日は更に顕著でして、「意地でも動くものか!」と言った感じでした⇩

最近、為替が動くのは欧州序盤からロンドンフィキシングまでと言った状況でして、ニューヨク時間も実は動かしているのは欧州で残業している皆さんで、ニューヨーカーは既にオリンピック鑑賞の準備をしているのでしょうか(笑)。東京時間が動かないのは、半ば常識のようなものですが、これもまた動かなすぎるのは既に日本はオリンピック絡みで祝日になっていると思われているような気がしてなりません。

 

オリンピックと言えば、昨日のIOC総会で、2032年に開催するオリンピックの都市がオーストラリアのブリスベンに決まったようです。

www.cnn.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

最近、北半球の夏は非常に暑いんで、冬の南半球でやるのはいいんではないでしょうか。チリとかブラジルとか、南アフリカなんかもありますし、しばらく南半球シリーズを狙っていくのもアリかと思います。⇦ 都市が立候補してるのかどうかとか、候補になっているのかどうか一切考慮していない意見です(笑)。

それか、いっそ北極圏に到達するようなグリーンランドとか。でも、そうなると気候なんとかとか言い始めそうな感じもありますし、それ言うと世界中どこでやっても気候なんとかなですけど。


 

いつもと同じように、昨日の指標結果を貼っておきます。

日本国6月
0850JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
貿易統計(収支)・速報値
通関ベース・季節調整
-1893.63億円 
-1871.47億円 
+4844.00億円  +3831.80億円 
貿易統計(収支)・速報値
通関ベース・季節調整
+196.21億円 
+431.24億円 
+175.00億円  -901.93億円 
オーストラリア6月
0930JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者期待インフレ指数  -0.06%  -0.07%
オーストラリア6月
1030JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比)
速報値
+0.4%  -0.7%  -1.8%
日本国6月
1300JST
前回値 結果
(2020年)比
結果
々年(2019年)比
食品スーパーマーケット売上高
全店
 -2.4%
 -2.3%
  0.0% +6.2%
食品スーパーマーケット売上高
既存店
 -3.1%
 -3.0%
 -1.1% +3.7%
日本国6月
1400JST
前回値 結果
全国スーパーマーケット売上高
全店(前比)
+3.4% +2.2%
全国スーパーマーケット売上高
既存店(前比)
+2.9% +1.7%
英国6月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
公共部門純必要額 +217.03億ポンド
+217.10億ポンド
+112.54億ポンド
公共部門純借入額 +198.70億ポンド
+236.05億ポンド
+220.20億ポンド
公共部門純借入額
(金融部門除く)
+206.04億ポンド
+243.39億ポンド
+227.54億ポンド
イタリア5月
1700JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
製造業売上高(前比)   +3.3%    -1.0%
製造業売上高(前比) +105.1%  +40.2%
カナダ6月
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
新築住宅価格指数(前比)  +1.4%  +0.6%
新築住宅価格指数(前比) +11.3% +11.9%

 


=別表= 米国 EIA週間燃油在庫集計

米国 EIA週間燃油在庫集計
(07/16分)

2330JST
前回値 結果
原油在庫(前比) -789.6万バレル   +210.7万バレル  
ガソリン在庫(前比) +103.8万バレル   -12.1万バレル  
中間留分在庫(前比) +365.7万バレル   -134.9万バレル  
クッシング原油在庫(前比) -158.9万バレル   -134.7万バレル  
原油輸入量(前比) -105.1万バレル   +243.8万バレル  

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら