FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2021/05/21 戦績

 2021/05/21 金曜日 戦績

USDJPY         +88,800円

EURUSD        +159,029円

GBPUSD        +247,652円

AUDUSD         +30,977円

NZDUSD         +28,406円

USDCAD         +54,677円

USDCHF         +53,124円

EURJPY        +113,500円

GBPJPY        +191,000円

AUDJPY         +22,900円

NZDJPY         +25,200円

CADJPY         +41,400円

CHFJPY         +67,300円

EURGBP         +36,712円

EURCHF                -

TOTAL       +1,160,677円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +4,204,830円

 

月間戦績(5月)

TOTAL      +12,667,046円

 

年間戦績(2021年)

TOTAL      +99,175,751円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +724,426,157円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +2,104,426,172円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

昨日、指標は多い感じでしたが特に重要そうな指標も少なく、強いて言えば午後3時の英国と午後9時半のカナダの小売売上高くらいでしたので、適当に流しておくことにしました。「流しておく」すなわち、システムの中の小人さんたちに全てお任せで放置しておくと言う事です(笑)。

 これぞシステムトレードの真髄と言った感じではあるんですが、システムの中の小人さんたちは指示した事しかせず、あるいは、間違って指示すると間違った通りにやってくれるため、システムの中の小人さんたちを監視するためのシステムの中の小人さんを用意したり、更に、システムの中の小人さんを監視するシステムの中の小人さんを監視するシステムの中の小人さんまで用意したり(以下無限ループ)と、なかなか大変です。

だいたい、一度作り上げたアルゴリズムでのシステムトレードだけでず~っとプラス運用できるなら、「ヘッジファンドが破綻」とか言うニュースを聞く事は無いでしょうし、過去に LTCMやリーマンブラザーズのような事も無かったでしょう。LTCMなんて、究極言ったらマーチンゲールしていただけですから。⇦ 本当にワラエナイ

で、そんな事をブログに書くくらい何も無さそうな一日でしたので「放置でいいや」と決め込んでおりましたら、結果的に放置で良かったようです(笑)。

 

いくつか値が動いていたポイントがありまして、まず午後3時にありました英国の小売売上高が非常に良かった⇩

英国4月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比)  +5.1%
 +5.4%
 +4.5% +9.2%
小売売上高(前比)  +7.2% +36.8% +42.4%

で、どや~~~ってドヤ顔でポンドが上昇したのかと言えばそうでもなく、一瞬上がって30分くらいで元の位置までお戻りになられ⇩

その後、午後5時半にあったマークイット社の購買担当者景況指数(PMI)が良かったのを好感してかポンド買いの流れに。

英国5月
05/21 1730JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
60.7 60.9 66.1

ポンド以外、ユーロは?と言えば、午後4時半にありましたドイツのPMIで反応していたものの、ドイツは製造業の数値は前月比で下がってまして、サービス業と複合だけが若干の伸びだったため、なぜここまで反応したのか若干疑問ではあるんですが、恐らくは数字がなんでもいいから仕掛けていたのでしょう(笑)。

ドイツ5月
05/21 1630JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
66.4 66.2 64.0
サービス業購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
50.1 49.9 52.8
(複合)購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
56.0 55.8 56.2

その後、ジリジリとドイツのPMI発表前レベルまで戻りまして、午後9時前くらいにありましたECBラガルド総裁によるユーログループ終了後の会見で「金融緩和に慎重な姿勢」を示したところ、これ反応してユーロ売りが発生⇩

jp.reuters.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

ここ最近の流れを見ても当たり前な発言だとは思うんですが、他にやる事が無かったのでしょう(笑)。 

ところで、午後10時45分に発表になりましたアメリカのサービス業PMIと複合PMIが非常に良い、と言うより、ぶっ飛んじゃってる感じだったんですが、実は製造業も含めて3つとも過去最高値だったんです⇩

米国5月
05/21 2245JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
60.6 60.5 61.5
サービス業購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
63.1 64.7 70.1
(複合)購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
62.2 63.5 68.1

 

確かに発表を受けてドル買いが入っているようにも見えるんですが、「過去最高値を更新したほどドル買いが入ってるのか?」と言われると微妙な感じでして、そもそも「マークイット社の発表する民間指標だからこの程度の反応」とも思うんですが、じゃ逆に「なぜ民間指標なのに最近は反応する事が多いんだ?」と言う疑問につながり、ふと、巷(ちまた)で噂されている指標価値を高めるためのゴニョゴニョが頭を掠めるわけでして、果たして真相はどうなでしょう ⇦ 陰謀好き(笑)。 


 

いつもと同じように、昨日の指標結果を貼っておきます。

英国5月
0801JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
GfK消費者信頼感指数
速報値
-15 -12 -9
日本国4月
0830JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
全国消費者物価指数
(前比)
 -0.2%  -0.5%  -0.4%
全国消費者物価指数コア
(前比)
 -0.1%  -0.2%  -0.1%
全国消費者物価指数コアコア
(前比)
+0.3%  -0.1%  -0.2%
オーストラリア4月
1030JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比)
速報値
+1.3% +0.5% +1.1%
日本国4月
1300JST
前回値 結果
(2020年)比
結果
々年(2019年)比
食品スーパーマーケット売上高
全店
 -4.0%
 -3.7%
 -5.4% +5.5%
食品スーパーマーケット売上高
既存店
 -4.4%
 -4.1%
 -6.0% +4.4%
英国4月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比)  +5.1%
 +5.4%
 +4.5%  +9.2%
小売売上高(前比)  +7.2% +36.8% +42.4%
英国4月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
コア小売売上高(前比)  +4.6%
 +4.9%
 +4.4%  +9.0%
コア小売売上高(前比)  +7.9% +31.7% +37.7%
スイス第1四半期(1-3月)
1530JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
鉱工業生産
(前比)
 -1.9%
 -3.8%
+4.8%
イタリア3月
1700JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
製造業新規受注(前比) +0.7%   -0.8%
製造業新規受注(前比) +0.4%
+0.3%
 +2.3%
イタリア3月
1700JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
製造業売上高(前比) +0.2%  +1.6%
製造業売上高(前比) +0.8%
+0.9%
+38.1%
アイルランド4月
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
卸売物価指数(前比) +1.0% +0.4%
卸売物価指数(前比) -10.1%  -7.0%
カナダ3月
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比) +5.8%
+4.8%
+2.3% +3.6%
小売売上高コア(前比) +5.6%
+4.8%
+2.2% +4.3%
小売売上高(前比) +7.0%
+6.0%
+9.0% +23.7%
米国4月
2300JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
中古住宅販売件数(年換算) 601万件 609万件 585万件
中古住宅販売件数(前比)  -3.7% +2.0%  -2.7%
ユーロ圏5月
2300JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者信頼感指数
速報値
 -8.1  -6.7  -5.1

 


=別表= 購買担当者景気指数・主要国速報値 最新05/21

オーストラリア5月
05/21 0800JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
59.6 59.7 59.9
製造業購買担当者景気指数
速報値(生産ベース)
59.8 59.7 57.5
サービス業購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
58.6 58.8 58.2
(複合)購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
58.8 58.9 58.1
日本国5月
05/21 0930JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
53.3 53.6 52.5
製造業購買担当者景気指数
速報値(生産ベース)
54.2 54.3 53.1
サービス業購買担当者景気指数
速報値
48.3 49.5 45.7
(複合)購買担当者景気指数
速報値
50.2 51.0 48.1
フランス5月
05/21 1615JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
59.2 58.9 59.2
製造業購買担当者景気指数
速報値(生産ベース)
57.6 57.7 58.5
サービス業購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
50.4 50.3 56.6
(複合)購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
51.7 51.6 57.0
ドイツ5月
05/21 1630JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
66.4 66.2 64.0
製造業購買担当者景気指数
速報値(生産ベース)
67.7 67.6 62.7
サービス業購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
50.1 49.9 52.8
(複合)購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
56.0 55.8 56.2
ユーロ圏5月
05/21 1700JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
63.3 62.9 62.8
製造業購買担当者景気指数
速報値(生産ベース)
63.4 63.2 61.9
サービス業購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
50.3 50.5 55.1
(複合)購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
53.7 53.8 56.9
英国5月
05/21 1730JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
60.7 60.9 66.1
製造業購買担当者景気指数
速報値(生産ベース)
59.1 59.2 63.2
サービス業購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
60.1 61.0 61.8
(複合)購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
60.0 60.7 62.0
米国5月
05/21 2245JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
60.6 60.5 61.5
製造業購買担当者景気指数
速報値(生産ベース)
57.2 57.2 58.1
サービス業購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
63.1 64.7 70.1
(複合)購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
62.2 63.5 68.1

 


=別表= 米国 ベーカーヒューズ社 採掘装置(リグ)稼働数

米国 採掘装置(リグ)稼働数
05/21 2600JST
(05/22 0200JST)
前回値 結果
米ベーカーヒューズ社
原油のみ
352 356
米ベーカーヒューズ社
原油・天然ガス
453 455

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら