FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2021/05/08 戦績

 2021/05/08 土曜日 戦績

USDJPY          +4,600円

EURUSD         +35,762円

GBPUSD         +11,906円

AUDUSD         +13,243円

NZDUSD          +9,693円

USDCAD          +7,554円

USDCHF         +16,198円

EURJPY         +40,600円

GBPJPY         +11,500円

AUDJPY         +10,800円

NZDJPY          +7,500円

CADJPY          +4,900円

CHFJPY          +8,800円

EURGBP          +2,466円

EURCHF                -

TOTAL         +185,522円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +3,826,001円

 

月間戦績(5月)

TOTAL       +4,109,504円

 

年間戦績(2021年)

TOTAL      +90,618,209円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +715,868,615円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +2,095,868,630円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

金曜日の米雇用統計は散々な結果だったわけですが、もとは「事前の市場予想」が高かった事からの失楽園失望で、この事前予想は誰がしているのかと言えば、大手金融機関などが発表した値を金融系通信社などが取りまとめたものでして、どこかの公的機関が予想しているわけではありません。ある意味「勝手に予想して、勝手に失望してるだけ」とも言えます。

最近は、指標結果が悪いと「利上げ時期後退」とやらで株価が上昇・通貨が下落と言うのが流行ってます。先日の豪州もそうでしたし、今回のアメリカでも同じような事が起こってます。

jp.reuters.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

だいたい、中銀が「いつまでは政策金利変更しない」と明言している現状で、今月来月再来月に利上げが発生するわけがなく、長くても半年スパンの決算睨みながら取引をしないとならない株価に対して、もともと更にその先まで利上げしないと明言されているのに「利上げ時期後退」とやらで大騒ぎするのが滑稽なんですが、 どうせお祭りなんで凝り固まった理論に固執し参加しない方(ほう)が損しそうです。

こう言うパターン過去に何度も何度も見ておりますが、必ず最後はハシゴ外されて終わる感じになるため、そこだけ注意しながら、しばらくはお祭り騒ぎに乗っかっておいたらいいのかな?と思うところです。


 

さあ、誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます。

 

IMMポジション(2021年05月04日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 31,208 72,700 -41,492 +7,017
EUR (099741) 206,472 121,643 +84,829 +3,862
GBP (096742) 52,262 32,414 +19,848 -9,370
CAD (090741) 74,280 48,333 +25,947 +10,225
CHF (092741) 10,276 10,220 +56 +742
AUD (232741) 58,385 56,909 +1,476 +2,886
NZD (112741) 26,371 17,783 +8,588 +1,609
RUB (089741) 9,702 4,193 +5,509 -869
VIX (1170E1) 66,733 163,431 -96,698 -2,669
金Gold (088691) 270,194 99,453 +170,741 +122
パラジウム(075651) 6,039 2,954 +3,085 +81
原油 (067651) 658,677 158,664 +500,013 +10,302

 

IMMポジション(2021年04月27日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 29,673 78,182 -48,509 +11,310
EUR (099741) 200,415 119,448 +80,967 +159
GBP (096742) 59,917 30,699 +29,218 +4,040
CAD (090741) 56,675 40,953 +15,722 +2,476
CHF (092741) 11,116 11,802 -686 +956
AUD (232741) 59,735 61,145 -1,410 +396
NZD (112741) 25,852 18,873 +6,979 +2,657
RUB (089741) 9,472 3,094 +6,378 -474
VIX (1170E1) 63,091 157,120 -94,029 +8,478
金Gold (088691) 270,717 100,098 +170,619 -10,879
パラジウム(075651) 5,997 2,993 +3,004 +309
原油 (067651) 650,300 160,589 +489,711 -10,272
過去のIMMポジション
fxse.hatenablog.jp

今回の発表では、私が観測している通貨の中ではポンドだけが売買差し引きの前週比でマイナスになっておりまして、これ火曜日現在(5月4日)の集計なんですが、あれ?そんなにマイナスになるような感じありましたっけ???5月4日までの一週間の外国為替市場での値動きからすると、正直言って何も分からないという感じなんですが、買いポジションが極端に減っている事からすると、どこかのファンドが現金を必要として処分したとかなんでしょうか。

私としたら、原油と金(Gold)が随分と上値を伸ばして来てくれ、かつIMMポジション残もいい流れになってきているので、次の一週間もどうかこのままよろしくお願いしたいところです。特に金!そろそろ1900ドル復活し、2000ドルを目指す流れを見せて欲しいところです。原油は60ドル切らないでもらえたらそれでいいです(笑)。


 

最近は気温が上がり、昼間は汗ばむような日も多くなってきました。気温が低いままでしたら、また農作物への影響も大きくなってくるところでしたでしょうし、気温が上がってきて少し安堵しております。

非常事態宣言が発令さている地域も多く、また、非常事態宣言が発令されていなくても新型コロナウイルスの感染者が急増している地域も多いかと思います。どんな事を言っても、結局は罹ってしまったら苦しむのは自分であり、家族であり、近親者の皆さんです。気温が上がって外出したい気持ち、抑圧されていた鬱憤を晴らしたい気持ちも分からないでもないんですが、その結果「自分が新型コロナウイルスに感染してしまう可能性」がトレードオフであるのは以前と変わっていないと言うのを再度考えて、行動したいところです。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら