FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2021/04/23 戦績

 2021/04/23 金曜日 戦績

USDJPY         +73,300円

EURUSD         +96,633円

GBPUSD        +121,506円

AUDUSD         +29,448円

NZDUSD         +27,476円

USDCAD         +31,222円

USDCHF         +23,949円

EURJPY         +73,600円

GBPJPY        +185,500円

AUDJPY         +29,400円

NZDJPY         +30,800円

CADJPY         +45,200円

CHFJPY         +36,600円

EURGBP         +46,962円

EURCHF                -

TOTAL         +851,596円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +4,675,320円

 

月間戦績(4月)

TOTAL      +17,627,830円

 

年間戦績(2021年)

TOTAL      +81,077,035円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +706,327,441円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +2,086,327,456円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

昨日、あまりいいネタ金融イベントも無い一日だったため期待せずにおりました。午前8時50分の日本の消費者物価指数(CPI)は値動きへの期待感としては全く無いですし、とりあえず午後3時の英国の小売売上高かな~と思っておりましたところ、素の数字もコアも、前月比も前年比も、

英国3月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比) +2.2%
+2.1%
+1.5% +5.4%
小売売上高(前比)  -3.6%
 -3.7%
+3.5% +7.2%
英国3月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
コア小売売上高(前比) +2.5%
+2.0%
+2.0% +4.9%
コア小売売上高(前比)  -1.0%
 -1.1%
+4.5% +7.9%

ぶっちぎりだった(笑)

 

ところが、なんと為替相場ではガン無視されまして⇩

その後ロンドン市場がオープンしますと、直前までFTSE100先物が低空飛行だったのに英株は上昇して開始、それに合わせてポンドも買われ急上昇する展開となりまして、ややモヤモヤ感が募ります。

昨日はドル円も東京株寄り付きで急落からの連れ安になってまして、その後は欧州時間序盤までずっと低空飛行でした⇩ 

午後9時になり、ニューヨーク証券取引所の時間外プレセッションが始まりますと、またしてもダウ先物につられ安の展開となりまして、「もう今日はそのパターンしか無いんだろう」と高をくくっておりましたところ、午後10時半にオープンしたニューヨーク株式市場では、なんと、ダウと逆行しやがった。

まあ、当初10分程度の逆行でしたから別にいいんですけど、そうやって裏切られた事が過去に何度も何度も何度も何度もあるんで若干のトラとか馬とかです(笑)。


 

昨日、日銀の黒田総裁が衆議院の査問委員会財務金融委員会での質問への答弁で、またコレ⇩言ってました。

jp.reuters.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

質問したのはいつもの前原誠司くんでして、まあ、忘れた頃に話題として掘り返してくれるのはありがたいと言ったところでしょうか(笑)。早く日銀が出口戦略を具体的に検討できる世の中になって欲しいと願うところです。 


 

3月の百貨店売上高が昨日公開されてました。昨年は3月から極端に売上が下がっていたため、前年比で見ると⇩こうなっちゃうんですよね~

日本国3月
1430JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
百貨店売上高(全国)既存店
年(2020年)
-10.7% +21.8%
百貨店売上高(東京)既存店
年(2020年)
-13.5% +18.5%

最近はスーパーマーケットの業界団体による売上高発表や、政府観光局の訪日客統計なんかでも、前年比だけではなく、前々年の2019年との対比が同時に発表になってまして、極端なイレギュラーが無い2019年との比較が今年も妥当な気がします。

日本百貨店協会が公表する数値としては前々年比は無かったんですが、公表されている売上から独自に計算しましたところ、こんな感じになりました⇩

日本国3月
1430JST
前回値
2019年対2020年
市場予想
(中心値)
結果
2019年対2021年
百貨店売上高(全国)全店ベース
々年(2019年)
-23.6% -20.8%
百貨店売上高(東京)全店ベース
々年(2019年)
-24.9% -22.6%

注意点としては、公表されている売上の数字が店舗調整を行った既存店だけの売上高が無いため、この前々年比も店舗調整前の全店ベース(新規店や大規模改装を行った店舗も含む)ところなんですが、こんだけのマイナスなので、その辺りはあまり気にしても仕方ないように思えます。

明日25日から東京や大阪など4都府県に非常事態宣言が発令される事になりまして、今回は百貨店や大型ショッピングセンターなどにも休業協力金が支払われる事なったそうですが、その額が百貨店や大型ショッピングセンターなどに20万円(笑)。いや、ほんと笑ってしまうんですが、要請無視で営業した方が遥かにマシでしょう。

www.sankei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

さすがに大企業ですら自助努力でなんとかできるレベルを超えてきてますし、新型コロナウイルスワクチンの接種が始まってる現状で、ワクチンの接種が国民の大多数まで完了するまでの道筋を示し、一気に支援する部分は支援して、ダラダラの連鎖倒産だけは防いで欲しいと切に願います。


 

いつもと同じように、昨日の指標結果を貼っておきます。

英国4月
0801JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
GfK消費者信頼感指数
速報値
-16 -12 -15
日本国3月
0830JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
全国消費者物価指数
(前比)
 -0.4%  -0.2%  -0.2%
全国消費者物価指数コア
(前比)
 -0.4%  -0.2%  -0.1%
全国消費者物価指数コアコア
(前比)
+0.2% +0.3% +0.3%
日本国3月
1430JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
百貨店売上高(全国)既存店
年(2020年)
-10.7% +21.8%
百貨店売上高(東京)既存店
年(2020年)
-13.5% +18.5%
日本国3月
1430JST
前回値
2019年対2020年
市場予想
(中心値)
結果
2019年対2021年
百貨店売上高(全国)全店ベース
々年(2019年)
-23.6% -20.8%
百貨店売上高(東京)全店ベース
々年(2019年)
-24.9% -22.6%
英国3月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比) +2.2%
+2.1%
+1.5% +5.4%
小売売上高(前比)  -3.6%
 -3.7%
+3.5% +7.2%
英国3月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
コア小売売上高(前比) +2.5%
+2.0%
+2.0% +4.9%
コア小売売上高(前比)  -1.0%
 -1.1%
+4.5% +7.9%
英国3月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
公共部門純必要額 +143.64億ポンド
+141.62億ポンド
+192.25億ポンド
公共部門純借入額 +153.12億ポンド
+184.13億ポンド
+272.71億ポンド
公共部門純借入額
(金融部門除く)
+160.46億ポンド
+191.47億ポンド
+280.05億ポンド
カナダ3月
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
卸売売上高(前比)
暫定発表
 -0.7% +0.9%
米国3月
2300JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
新築住宅販売件数(年換算)  84.6万件
 77.5万件
 88.6万件 102.1万件
新築住宅販売件数(前比)  -16.2%
 -18.2%
+12.0% +20.7%

 


=別表= 購買担当者景気指数・主要国速報値 最新04/23

オーストラリア4月
04/23 0800JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
57.0 56.8 59.6
製造業購買担当者景気指数
速報値(生産ベース)
56.0 55.9 59.8
サービス業購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
56.2 55.5 58.6
(複合)購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
56.2 55.5 58.8
日本国4月
04/23 0930JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
52.0 52.7 53.3
製造業購買担当者景気指数
速報値(生産ベース)
52.0 53.3 54.2
サービス業購買担当者景気指数
速報値
46.5 48.3 48.3
(複合)購買担当者景気指数
速報値
48.3 49.9 50.2
フランス4月
04/23 1715JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
58.8 59.3 59.2
製造業購買担当者景気指数
速報値(生産ベース)
57.6 58.3 57.6
サービス業購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
47.8 48.2 50.4
(複合)購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
49.5 50.0 51.7
ドイツ4月
04/23 1630JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
66.6 66.6 66.4
製造業購買担当者景気指数
速報値(生産ベース)
68.5 68.9 67.7
サービス業購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
50.8 51.5 50.1
(複合)購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
56.8 57.3 56.0
ユーロ圏4月
04/23 1700JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
62.4 62.5 63.3
製造業購買担当者景気指数
速報値(生産ベース)
63.0 63.3 63.4
サービス業購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
48.8 49.6 50.3
(複合)購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
52.5 53.2 53.7
英国4月
04/23 1730JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
57.9 58.9 60.7
製造業購買担当者景気指数
速報値(生産ベース)
55.6 56.6 59.1
サービス業購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
56.8 56.3 60.1
(複合)購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
56.6 56.4 60.0
米国4月
04/23 2245JST
前回値
(速報値)
前回値
(確定値)
結果
(速報値)
製造業購買担当者景気指数
速報値(加重平均ベース)
59.0 59.1 60.6
製造業購買担当者景気指数
速報値(生産ベース)
54.5 55.6 57.2
サービス業購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
60.0 60.4 63.1
(複合)購買担当者景気指数
速報値(IHS Markit発表)
59.1 59.7 62.2

 


=別表= 米国 ベーカーヒューズ社 採掘装置(リグ)稼働数

米国 採掘装置(リグ)稼働数
04/23 2600JST
(04/24 0200JST)
前回値 結果
米ベーカーヒューズ社
原油のみ
344 343
米ベーカーヒューズ社
原油・天然ガス
439 438

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら