FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2021/02/13 戦績

 2021/02/13 土曜日 戦績

USDJPY         +25,600円

EURUSD         +18,463円

GBPUSD         +33,936円

AUDUSD          +4,802円

NZDUSD          +4,216円

USDCAD          +7,371円

USDCHF          +6,065円

EURJPY          +4,500円

GBPJPY         +42,200円

AUDJPY          +2,200円

NZDJPY          +6,100円

CADJPY          +8,100円

CHFJPY           700

EURGBP          +8,644円

EURCHF                -

TOTAL         +171,497円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +3,814,677円

 

月間戦績(2月)

TOTAL       +8,109,788円

 

年間戦績(2021年)

TOTAL      +28,406,774円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +653,657,180円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +2,033,657,195円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

この一週間の外国為替市場は、週前半なだらかにドル売りに傾斜したものの、中盤以降はほとんど動かず、通貨によってはドル買いに転じるなど、積極的な売買が見られない週となりました。大きな動きでなくても、せめて前週のように週の頭と尻尾まで一方通行で動いてくれますと嬉しいのですが、なかなかこちらの都合のいいようには動いてくれないようです。

金曜日、G7財務相中央銀行総裁会議がオンラインで開催されまして、思っていた以上に各国の財務相・長官から強いメッセージが発信されました⇩

www.nikkei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

特にアメリカのイエレン財務長官からは、財務相・長官レベルの枠を超えた「新政権の国際協調路線を強調」するような発言もありまして、就任後初の国際会議の場において、金融当局者としてだけではなく政府高官としての自らの立ち位置を諸外国に示せたようです。もともとFRB長官としてG7に出席しておりましたから、立場の違いを明確にする事も重要でしょう。また、日本ではあまり報じられておりませんが、我らが麻生太郎副総理も、新型コロナウイルスによる景気低迷など諸問題に関しての発言や、デジタル課税問題での米欧歩み寄りに期待感を示すなど大きな存在感があった今回のG7だったと思われます。

来週、緊急でG7首脳会談を計画しているとの報道もありました⇩

www.sankei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

少し前ならこの日程での調整など不可能でしたでしょうが、この新型コロナウイルが蔓延する状況の中、オンライン会議が当たり前に行えるようになり、また各国首脳も自国で最前線に立っている事で外遊や休暇中である事も少なく、割とスムーズに実施できるのではないでしょうか。

話し合う内容自体、新型コロナウイルスが原因である事項が多いでしょうから、G7が緊急で開催可能なご時世が新型コロナウイルスのもたらした数少ないメリットの一つだったとしても、「だったら新型コロナウイルスが無かったら会議自体必要無かった」と言う事になるため、メリットと言うには微妙なところではあるんですけど。

その後G20も控えておりますし、G7各国にはここで世界のリーダーたる強い意思と行動を示してもらいたいと思います。そして、その強い意思と行動で、月曜日以降の外国為替市場に動きを与えてくれる事を期待します。⇦ ワラワナイ


 

さあ、誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます。

 

IMMポジション(2021年02月09日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 60,719 26,101 +34,618 -10,011
EUR (099741) 220,943 80,721 +140,222 +3,219
GBP (096742) 60,513 39,395 +21,118 +11,502
CAD (090741) 44,274 34,746 +9,528 -6,568
CHF (092741) 18,778 7,370 +11,408 -3,233
AUD (232741) 55,931 56,147 -216 +1,251
NZD (112741) 29,133 17,589 +11,544 -103
RUB (089741) 7,851 8,041 -190 +428
VIX (1170E1) 48,501 186,818 -138,317 -21,807
金Gold (088691) 309,326 57,919 +251,407 -5,719
パラジウム(075651) 4,122 3,385 +737 +38
原油 (067651) 694,842 180,584 +514,258 +15,084

 

IMMポジション(2021年02月02日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 69,602 24,973 +44,629 -363
EUR (099741) 216,887 79,884 +137,003 -28,341
GBP (096742) 53,658 44,042 +9,616 +1,651
CAD (090741) 46,645 30,549 +16,096 +2,326
CHF (092741) 22,159 7,518 +14,641 +4,549
AUD (232741) 55,768 57,235 -1,467 -2,238
NZD (112741) 30,501 18,854 +11,647 -3,111
RUB (089741) 6,213 6,831 -618 -134
VIX (1170E1) 38,683 155,193 -116,510 +20,138
金Gold (088691) 314,352 57,226 +257,126 -420
パラジウム(075651) 4,119 3,420 +699 -1,442
原油 (067651) 675,461 176,287 +499,174 -5,438

 

過去のIMMポジション
fxse.hatenablog.jp

さすが円キャリー週間だけありまして円が売られてました(笑)。それでも売買差引を見ますとプラスですので、本格的な円キャリートレードになればマイナス20万でも30万でもイケるところからしますと、まだまだ本格的な円キャリートレードには程遠い感じです。あれだけ日本銀行が円の大廉売中ですので、ドル円やユーロ円、それとこのIMMポジションの動きを注意して見ながら、ブルームバーグやロイターが「円キャリー」騒ぎ始めるのを待ちたいと思ってます(笑)。これで円キャリーのお祭り来たら、日経平均は4万円乗り越えられる試練になると思うんですよね~


 

昨晩、ちょうどこのブログを書きながら「今週、書くこと無えな~」と思っておりましたところ、午後11時08分の地震が来ました。地震発生直後に、tenki.jp の地震情報の震度マップの画像をコピーしたり、アーカイブしてみたり。

初期発表時点⇩午後11時10分ころ

f:id:fxse:20210213231035p:plain

earthquake.tenki.jp

アーカイブ ⇨ 2021/02/14 23:11現在

うちのマンションのある地域ですと、公式発表は震度4だったんですが、部屋に設置してある地震計(気象庁が設置して管理する物以外は震度計とは言ってはいけないそうです)では震度5弱の表示が出ておりました。食器棚などに設置してある、地震発生時に扉が開かなくなる耐震ラッチもロック状態になっておりましたので、恐らく震度4以上はあったかと思われます。

高層マンションがゆえに揺れが大きくなる事もありますので、発表される震度より大きくなるのでしょう。あと、制振装置が設置されているため揺れが長くなるため、地震が発生すると船に乗っているような感じはあります。

揺れが大きかった地域では、火災が発生したり怪我をされた方がいるとのニュースもありました。これ以上大きな被害がありませんように、また、今後大きな余震などが発生しませんように、祈りたいと思います。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら