FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2020/08/06 戦績

 2020/08/06 木曜日 戦績

USDJPY         +41,000円

EURUSD        +190,493円

GBPUSD        +121,428円

AUDUSD         +30,319円

NZDUSD         +22,362円

USDCAD         +84,786円

USDCHF        +113,432円

EURJPY         +96,100円

GBPJPY        +134,700円

AUDJPY         +26,300円

NZDJPY         +14,100円

CADJPY         +30,800円

CHFJPY         +54,200円

EURGBP         +18,781円

EURCHF         +27,574円

TOTAL       +1,006,375円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +4,352,525円

 

月間戦績(08月)

TOTAL       +4,768,155円

 

年間戦績(2020年)

TOTAL     +301,594,437円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +495,687,926円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,875,687,941円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

昨日、日本時間で午後3時、現地英国では午前7時と言う早朝から英中銀イングランド銀行が今後の金融政策を発表しました。別に夜通し徹夜で会議をしたわけでもあるまいし、わざわざ早朝から公開することもないように思えるんですが、法律で決まっている金融政策公開日を変更する事なく、また、場中の株式市場にインパクトを与える事もなく発表したかったのでしょう。

発表された内容的には特に驚くような事もなく、政策金利や資産購入枠(QE枠)は事前の市場予想通りに据え置きとなりました。

www.bloomberg.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ 

イングランド銀行
(中央銀行)

08/06 1500JST
現状 市場予想 結果
政策金利 0.10% 0.10% 0.10%
資産購入枠 7450億ポンド 7450億ポンド 7450億ポンド

金融政策についても、リスクの下振れ懸念はあるものの、当面はマイナス金利は導入予定なしとの従来の見解を変更せず、新型コロナウイルスの影響で緩和緩和を続けてきた現状では妥当なところなんでしょう。

www.bloomberg.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

これの発表を受け、近いうちにマイナス金利が発動される可能性が遠のいたと言う観測から若干ポンドが買われるような動きがありましたが、ここ最近のドル売りの流れと、雇用統計を前にした動きなのかボラの低下も併せ、あまり大きな動きにはなりませんでした。

対ドルとかは、こんなにグッチャグチャな動き⇧になってしまうなら、スルーしてもらってよかったのに(笑)。ただ、対ユーロだけは今週に入ってからの下落分を帳消しにするポンド高進行となってまして⇩

もしかしたら、発表時間を英国時間の午前7時にした甲斐が若干でもあったのかもしれないと思うと、朝から頑張ったBOEの皆さんの苦労が報われたかな~みたいな。⇦ どうしても、欧州株式市場対策で早くした陰謀説推奨(笑)。

 

あと、なんか一部のBOEの発表したサマリーを読み違ったのか勘違いしたのか「資産買い入れを年内で終了」とか言う速報を入れていたところがあったようですが、これ、別に今回の決定とかでは無く、「現在のペースで国債等を買い入れて行ったら、7450億ポンドの資産買い入れ枠を年明けには消化しちゃうよ」ってだけの話しでして、逆に「必要があれば買い入れペースを早めますから」と言う前座として書かれていただけでして、アナリストの皆さんの間では「資産買い入れ枠は拡大する可能性が高いのではないか」と言う予想が若干大きくなってきている感じです。

the Committee continued to expect the UK government bond asset purchase programme to be completed, and the total stock of purchases to reach £745 billion, around the turn of the year.

委員会は、英国国債資産購入プログラムが年明け頃には購入の総額7,450億ポンドに達すると予想していた。

なぜ、わざわざこんな記載をしたのかと言えば、上のブルームバーグの記事にもあるんですが「MPCは資産購入プログラムの規模を7450億ポンド(約103兆円)のまま維持し、政策金利を過去最低の0.1%で据え置くことを全会一致で決めた。購入ペースは11日から、週44億ポンドに減速する。」と、購入ペースを減速させるため、それに対して過剰な反応をしないようにするためなんでしょう。

いずれにせよ、我々情報を利用する者も、情報を発信するメディアの皆さんも「公式発表をよく読もう」って事です。

 

さあ、本日は米雇用統計です。発表される数字はどうでもいいので、値動きだけはよろしくおねがいします(笑)。


 

いつもと同じように、昨日の指標結果を貼っておきます。

ドイツ6月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
製造業新規受注(前比) +10.4% +10.1% +27.9%
製造業新規受注(前比)  -29.3%  -18.5%  -11.3%
イタリア6月
1700JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
鉱工業生産
(前比)
+41.6%
+42.1%
 +5.1%  +8.2%
鉱工業生産
(前比)
 -20.5%
 -20.3%
 -16.8%  -13.7%
米国7月
2030JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
企業人員削減数(前比)
(チャレンジャー社)
+305.5% +576.1%
企業人員削減人数
(チャレンジャー社)
170,219人 262,649人
米国 週次
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
新規失業保険申請件数  143.5万件
 143.4万件
 140.0万件  118.6万件
失業保険継続受給件数 1695.1万件
 1701.8万件
1690.0万件 1610.7万件

 


=別表= 米国 EIA週間天然ガス在庫集計

米国 EIA週間天然ガス在庫集計
(07/31分)

2330JST
前回値 市場予想 結果
天然ガス在庫(前比)   +26Bcf   +30Bcf   +33Bcf

 


=別表= 購買担当者景気指数(建設業) 最新08/06

ドイツ7月
08/06 1630JST
前回値 結果
建設業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
41.3 47.1
フランス7月
08/06 1630JST
前回値 結果
建設業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
53.8 49.4
イタリア7月
08/06 1630JST
前回値 結果
建設業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
51.6 51.0
ユーロ圏7月
08/06 1630JST
前回値 結果
建設業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
48.3 48.9
英国7月
08/06 1730JST
前回値 結果
建設業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
55.3 58.1

 


=別表= 購買担当者景気指数(サービス業・複合) 最新08/06 Updated

アイルランド7月
08/06 0901JST
前回値 結果
サービス業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
39.7 51.9
(複合)購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
44.3 55.9
購買担当者景気指数 -続き(前日までの発表)を展開⇩- 合計17ヶ国・地域

 


=別表= 購買担当者景気指数(全産業) 最新08/06 Updated

ザンビア7月
08/06 1730JST
前回値 結果
(全産業)購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
42.3 44.6
ガーナ7月
08/06 1800JST
前回値 結果
(全産業)購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
49.7 49.7
購買担当者景気指数(全産業) -続き(前日までの発表)を展開⇩- 合計12ヶ国・地域

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら