FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2020/05/23 戦績

 2020/05/23 土曜日 戦績

USDJPY          +8,300円

EURUSD         +31,761円

GBPUSD         +23,649円

AUDUSD          +7,753円

NZDUSD          +2,341円

USDCAD         +12,273円

USDCHF          +5,463円

EURJPY         +46,500円

GBPJPY         +35,500円

AUDJPY         +11,100円

NZDJPY          +5,600円

CADJPY          +7,700円

CHFJPY         +22,900円

EURGBP          +1,446円

EURCHF          +6,105円

TOTAL         +228,391円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +6,429,012円

 

月間戦績(05月)

TOTAL      +20,248,772円

 

年間戦績(2020年)

TOTAL     +230,959,474円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +425,052,963円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,805,052,978円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

最近は、企業の倒産や整理の報道が非常に多くなってまして、昨日もアメリカの大手レンタカー会社ハーツが経営破綻したとの報道がありました。

www.nikkei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

アメリカで仕事をしていた頃、やたらアメリカ国内での出張があった職種だったため行った先々でよくこのハーツを利用しておりました。若干他社と比べて料金は高かったのですが、空港に着いてハーツの営業所に行きますとその場で一切の書類的な手続きをする事もなく、そのまま指定された車に乗って出かけられると言う便利なレンタカー会社です。料金高くても、そこは会社が払うので関係ありません(笑)。

アメリカのレンタカー会社は、料金が若干高くてもサービスを良くし、常に新車を入れ替えているハーツのようなところと、とにかく安くするためにサービスはそこそこでボロの車を貸しているところが両極端でして、ハーツの場合は料金高めでサービスと新車が売りのビジネスモデルだったところが、「法人の経費削減」やライドシェアやウーバーなど「新サービスの台頭」に加えて「新型コロナウイルス」の三重苦となったようです。

今はほとんどレンタカーなんて使う機会はありませんが、昔を懐かしむように「再建叶うといいなあ」とか思っているようですと、次々と新しいサービスや商品が生まれる現代では既に思考が時代遅れになっている証拠なのかもしれません。

 

企業の経営が思わしくない時、再建を頑張るのか倒産するのか選べる場合もありますが、国も場合には倒産と言うのは国民を解雇できないため事実上不可能でして、事実上と言ったのは、他国に併合あるいは国民の大多数が亡命と言う究極手段が無い事もないためですが、現代ではなかなか難しいと言えます。

アルゼンチンがデフォルトとか言い出してますが、どんなにデフォルトしようが国が無くなる事は無いと言うのは、国家が借金をする=国債を発行する上で非常に都合がいいわけでして、ロイター情報によりますと、アルゼンチンの場合はなんやかんや既に9回目のデフォルトようです。 

www.nikkei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

アルゼンチンのデフォルト報道を見て「この日本も他人事じゃない」とか言ってるメディアもあったようですが、日本の場合には、もし現状1,000兆円を超える国債を償還しちゃいたいのであれば円を(刷って)召喚してしまえばいいだけでして、それを言うと「そんな事したらハイパーインフレが~」とか言われる方もおられますが、だいたいそう言われる方は「日銀はインフレ目標を達成できてない」とかも言われているわけでして、いっそインフレを目指して円召喚しまくって国債償還まつりでも開催してもいいのかもしれませんよ?(笑)。

ちなみに、この手法を使えるのは自国通貨建てで国債発行を行った際に誰でも買い手がいるであろう先進国かつ、いつでも目的通貨に両替可能はハードカレンシー発券国である米国、日本、英国の3ヶ国に事実上限られてます。更に、米国は自国通貨が基軸通貨となっているため仮に国債償還まつりを行ってしまうと世界中の国(主に資本主義国)を道連れにする事になりますので、本当にやろうと思って可能なのは世界中で日本と英国の2ヶ国だけの限定となろうかと思われます。この考えを飛躍させますと、例の現代貨幣理論=MMTになってくるわけです。

過去に何度かMMTについて書いてますが、日本はだんだんとMMTの理論に近づいて来ていたわけで、しかも今回新型コロナウイルスの影響で一気に現金のバラマキも行い、遂に完成形に近づいてきました。

fxse.hatenablog.jp

GDPの2倍ある国債残高、ゼロベース金利、ヘリコプターマネー、どっからどう見ても立派にMMTを実践しているようにしか見えません。

100年後を考えたとき、「1000兆円を超える借金がどうなってるんだ?」とか思うかもしれませんし、「日本が無くなってるんじゃないか?」と心配する方もおられるかもしれませんが、今から約75年ほど前にはGDPの約280倍にあたる7600億円の資金を使って戦争をしていた日本がいまだに残ってますし、もしその時の借金がそのまま現代の日本国政府が払わないとならなくなったら、7600億円くらいポンっと払うでしょう。そのため、いくら借金をしてでもインフレを起こして行くことは重要とも言えます。いくら貨幣価値が変わろうと償還時には額面分の価値で払えばいい、なんとも都合がいいのが国債と紙幣です。


 

さあ、誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます。

 

IMMポジション(2020年05月19日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 52,038 24,568 +27,470 -467
EUR (099741) 167,756 95,194 +72,562 -5,578
GBP (096742) 35,810 54,799 -18,989 -5,301
CAD (090741) 23,142 58,198 -35,056 -2,810
CHF (092741) 13,678 4,950 +8,728 +2,080
AUD (232741) 25,301 64,859 -39,558 -4,133
NZD (112741) 10,742 26,609 -15,867 +11
RUB (089741) 9,079 3,569 +5,510 -948
VIX (1170E1) 54,648 89,680 -35,032 +4,694
金Gold (088691) 295,394 43,606 +251,788 +8,960
原油 (067651) 692,017 148,414 +543,603 +2,584

 

IMMポジション(2020年05月12日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 56,307 28,370 +27,937 +723
EUR (099741) 171,980 93,840 +78,140 +1,841
GBP (096742) 31,525 45,213 -13,688 -1,683
CAD (090741) 16,995 49,241 -32,246 -194
CHF (092741) 12,624 5,976 +6,648 -1,143
AUD (232741) 23,719 59,144 -35,425 -1,970
NZD (112741) 11,953 27,831 -15,878 -925
RUB (089741) 10,077 3,619 +6,458 +2,397
VIX (1170E1) 47,311 87,037 -39,726 -11,368
金Gold (088691) 277,771 34,943 +242,828 -7,176
原油 (067651) 709,557 168,538 +541,019 +10,407

 

過去のIMMポジション
fxse.hatenablog.jp

やっぱり金(Gold)と原油ですよね~、私でも買いたいと思いましたもん(笑)。じゃ買えよと言われそうなんですが、あのマイナス40ドル超えた原油とか見てると、恐ろしくて原油なんて買えたもんじゃありません。そう言えばVIXも30を切ってきまして、前回30を切ってから再度上昇したみたいに、今回もこのまま定位置の10台半ば程度まで落ちるとは思えません。S&P500の動きに惑わされながら、前週比で増えたり減ったりを今後もしばらくは繰り返すのでしょう。今週もIMMポジションに関しては、なんの解説にもなってない(笑)。


 

この一週間ほど体調が芳しくない感じが続いていたため、天候も悪かったため私の中で気圧と体調について注目しておりました。「注目しておりました」と過去形なのは、一応「言われるほどは関係無いんじゃなかろうか」と言う結論が出ていたんです。が、昨日くらいから体調が随分と回復しており、今日はなんか凄いいい天気なんです。やっぱり、なんか関係あるんでしょうか?

「体調と天候と気圧」を数学的に検証してみたところで、まず体調なんて言うゆらぎが多すぎる事象を扱うのが難しい上に、仮に検証したら「相関性なし」になるのは分かりきっているのでやりません(笑)。1人2人ではなく、あらゆる年代の男女から大量のサンプルを用意してまでやったら、なにか分かるのかもしれませんが、そう言うのは大学とかにやってもらわないと私には無理ですし。

 

今日の東京、久しぶりに雨を全く感じさせない一日になりそうです。 

tenki.jp

アーカイブ ⇨ 2020/05/24現在

明日25日には首都圏も非常事態宣言が解除されそうとかの報道もありますが、

www3.nhk.or.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

この最後に来て、「天気が良かったから外出してしまったために非常事態宣言の解除後に一気に新型コロナウイルスに感染者が増加してしまった」とかになりませんように、祈るような気持ちです。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら