FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2019/11/06 戦績

 2019/11/06 水曜日 戦績

USDJPY         +80,900円

EURUSD         +65,169円

GBPUSD         +27,216円

AUDUSD          +3,696円

USDCAD         +39,434円

USDCHF         +72,603円

EURJPY         +55,900円

GBPJPY         +97,600円

AUDJPY         +13,300円

CADJPY         +33,800円

CHFJPY         +18,100円

EURGBP         +23,499円

EURCHF         +36,773円

TOTAL         +567,990円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +1,552,493円

 

月間戦績(11月)

TOTAL       +2,456,911円

 

年間戦績(2019年)

TOTAL     +267,343,212円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +161,260,769円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,541,260,784円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

英中銀の金融政策委員会の結果を待っている「待ち状態」で市場全体が萎縮してるのか、あるいは行き着くところまで一旦行き着いてしまったのか分かりませんが、昨日は最近よくある全然動かない状態でしたが、そんな事を言っても、動かないものは仕方ありません。あえて某ツイッター大統領に波風立てろとも言えませんし(笑)。

 

さて、皆さんご存知のように昨日英国庶民院(下院)が解散しました。

www.nikkei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

もっとも、解散自体はすでに決定していたことで、単に期日が来たに過ぎません。

www.bbc.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

ですが、ポンドドルで大きめに見ても上下40pipsくらいの値動きしかなく、もうちょっと反応があってもいいような気もします(笑)。

さあ、今日は英中銀イングランド銀行の金融政策発表がありますが、ブリグジットで経済先行き不安が残る現状、なにか手を打って市場にサプライズを与えてくれることを願っております。

私のおすすめとしては、資産買取プログラム規模の拡大でしょう。250億ポンド拡大して、現状の4350億ポンドから4600億ポンドとかどうでしょうか。このご時世でQE(量的緩和)の拡大来たら利下げより効果ありそうです。効果と言うのは、実際の金融的な効果ではなく心理的な方ですけど。


 

いつもと同じように、既に作ってあります指標の結果だけは貼っておきます。

NZ第3四半期(7-9月)
0645JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
失業率 +3.9% +4.1% +4.2%
就業者数(前期比) +0.7%
+0.8%
+0.3% +0.2%
就業者数(前年比) +1.4%
+1.7%
+0.9% +0.9%
労働参加率 70.3%
70.4%
70.3% 70.4%
ドイツ9月
1600JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
製造業新規受注(前比)  -0.4%
 -0.6%
+0.1% +1.3%
製造業新規受注(前比)  -6.5%
 -6.7%
 -6.3%  -5.4%
ユーロ圏9月
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比) +0.6%
+0.3%
+0.1% +0.1%
小売売上高(前比) +2.7%
+2.1%
+2.5% +3.1%
米国第3四半期(7-9月)
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
非農業部門生産性
速報値(前比)
+2.5%
+2.3%
+0.9%  -0.3%
単位労働コスト
速報値(前比)
+2.4%
+2.6%
+2.2% +3.6%
カナダ10月
2400JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
Ivey購買担当者指数 48.7 49.3 48.2

 

=別表= 購買担当者景気指数(サービス業・複合) 最新11/06 Updated

オーストラリア10月
11/05 0800JST
前回値 結果
サービス業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
52.4 50.1
(複合)購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
52.0 50.0
日本国10月
11/06 0930JST
前回値 結果
サービス業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
52.8 49.7
(複合)購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
51.5 49.1
購買担当者景気指数 -続きを展開⇩- 合計14ヶ国・地域

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら