FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2019/11/04 戦績

 2019/11/04 月曜日 戦績

USDJPY          +4,400円

EURUSD         +12,701円

GBPUSD         +40,533円

AUDUSD          +5,948円

USDCAD         1,479

USDCHF         +28,633円

EURJPY         +33,600円

GBPJPY          +6,700円

AUDJPY          +3,000円

CADJPY               0円

CHFJPY         +17,700円

EURGBP          +1,288円

EURCHF          +9,506円

TOTAL         +162,530円

 

週間戦績(当週)

TOTAL         +162,530円

 

月間戦績(11月)

TOTAL       +1,066,948円

 

年間戦績(2019年)

TOTAL     +265,953,249円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +159,870,806円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,539,870,821円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

連休は楽しまないと、ですよね~(笑)。
為替なんてやってる場合じゃ、ないですよね~(笑)。
ボラ無いんだから仕方ないじゃないか!わら~

  (笑)。

 

近年、アジア地域での外国為替取扱高は、東京を抜いてシンガポールが一番だとか、二番も香港だとか色々言われております。

昨日アジア地域では日本だけが祝日で金融市場が休場だったわけでして、東京なんて目じゃないシンガポールや香港が大絶賛営業中であれば、東京市場が開いてなくても全く問題なく為替はレート形成する、ハズですよね?

これが、よく私が言ってる「シンガポールや香港はテクニカル的に取引するのに都合がいいだけ」と言う結果で、それでも日本のマスコミさんたちは「シンガポールに抜かれた~、東京はもうだめだ~」と、いつまでも言ってるんでしょう。 

私も「日本がナンバーワン!」と言いたいのではなく、ただ現時点での「税制上有利なヘッドクォーター(本社)所在地」ではなく、実際の活動拠点がどこにあるのかと言う事実を言いたいだけで、今後いつまでも東京がナンバーワンでいつづけられると言っているわけではありません。

ちょこっと税制とか単語使いましたが、日本の税制、特に納税者と課税側の「見解の相違」による追徴に関しては外資系の金融機関から強く不満が出ており、また、個人に対する課税もキツイので外資系に勤務するお給料の多い管理職が日本勤務を嫌がる事も多くなってきてまして、さらに、仮に日本駐在中に不慮の事故でおなくなりになったりしますと、世界中で現在では少数派となっている「相続税」が、外国人であろうと容赦なくかかってきます。

日本から脱出しているお金持ちの方だけではなく、日本に来るハズだった企業や投資も遠ざけている間接的な損失も大きくなっており、いずれ日本の祝日でも関係なく、東京時間に普通に値動きが発生するときがやって来るのかもしれません。もう、その時には東京時間と呼ばれなくなるのでしょうか。そうなってからでは遅いんです。

全員が納得する税制は不可能ですが、いや全員が納得する税制は「税金ゼロ」しかありえないのですが不可能です。消費税が上がって1ヶ月ちょっと経ち、既に「次に消費税アップするときには~」のようなニュースもありますが、トータルとして国力が最大限となるような税制を目指してほしいと思います。

ボラが無いだけで、随分と話しが飛躍した(笑)。


 

いつもと同じように、既に作ってあります指標の結果だけは貼っておきます。

オーストラリア9月
0930JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比) +0.4% +0.5% +0.2%
スイス10月
1545JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者信頼感指数
確定値
  -8.0   -8.0  -10.4
スイス 週次(11/01分)
11/04 1800JST
前回値 結果
当座預金残高(国内銀行のみ) 4兆8794.9億スイスフラン 4兆9375.8億スイスフラン
当座預金残高(外国銀行含む) 5兆9237.4億スイスフラン 5兆9189.1億スイスフラン
英国10月
11/04 1830JST
前回値 結果
建設業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
43.3 44.2
米国9月
2400JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
製造業受注(前比)  -0.1%  -0.5%  -0.6%
製造業受注・輸送機器除く
(前比)
  0.0%  -0.1%  -0.1%
米国9月
2400JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
耐久財受注
(前比)確定値
 -1.1%  -1.1%  -1.2%
耐久財受注・輸送機器除く
(前比)確定値
 -0.3%  -0.3%  -0.4%
米国9月
2400JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
非軍事資本財受注
航空機除く(前比)確定値
 -0.5%  -0.6%
非軍事資本財出荷
航空機除く(前比)確定値
 -0.7%  -0.7%

 

=別表= 購買担当者景気指数(製造業) 最新11/04 Updated

オーストラリア10月
11/01 0800JST
前回値 結果
製造業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
50.3 50.0
日本国10月
11/01 0930JST
前回値 結果
製造業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
48.9 48.4
中華民国(台湾)10月
11/01 0930JST
前回値 結果
製造業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
50.0 49.8
購買担当者景気指数(製造業) -続きを展開⇩- 合計37ヶ国・地域

グローバル(全世界)10月
11/04 2500JST
(11/05 0100JST)
前回値 結果
製造業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
49.7 49.8

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら