FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2019/10/22 戦績

 2019/10/22 火曜日 戦績

USDJPY         +56,600円

EURUSD         +48,272円

GBPUSD        +111,643円

AUDUSD          +8,737円

USDCAD         +60,498円

USDCHF         +44,351円

EURJPY         +71,300円

GBPJPY        +164,700円

AUDJPY         +20,900円

CADJPY         +74,100円

CHFJPY         +85,400円

EURGBP         +22,324円

EURCHF         +18,089円

TOTAL         +786,914円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +1,673,726円

 

月間戦績(10月)

TOTAL      +22,755,315円

 

年間戦績(2019年)

TOTAL     +258,524,639円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +152,442,196円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,532,442,211円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

システムトレーダーとしては基本的に日々の市場の動きは気にしない方針なのですが、値動きが悪いと取引数が少なく、取引数が少ないと数字も悪いので、正直イラッとします残念です。商売をしていると「売上と利益」そのバランスが重要なのは言うまでも無いかと思います。システムトレードで、売上にあたるのが取引回数、利益はそのまま同じく利益になりまして、売上さえあれば利益を出す戦略は色々と考えることができますが、売上が下がると商売自体が厳しくなってきます。

狭義の取引回数には、実際にエントリーしたものだけとなりますが、広義の取引回数には、エントリーするに値するかどうか判定したものも含みます。エントリー判定ロジックの中で、そのエントリーをした場合のリスクを評価し、損失となる可能性が高いと判断した場合に見送るのも一つの取引と言えまして、なんでもかんでもエントリーすればいいわけでは無いのは当たり前です。なんでもかんでもエントリーして、暴力的な数の力技で押し切るシステムは、私とか、北陸のほうで日々宴会と戦ってる方の作るシステムだけです(笑)。

なんでこんな話題なのかと言いますと、昨日は全然動きもしない、ネタもない、指標結果で文字数を誤魔化そうにも指標も少ない、そんな日だったためです(笑)。

 

そう言えば、カナダの庶民院(下院)の選挙結果が発表になりまして、政権与党であった自由党がなんとか第一党を維持できたようです。前評価ほどは結果が野党保守党と接戦ではなかったのには、情報操作と言うのか、伝わっていた情報に恣意が入っていたような気がしてなりません。

jp.reuters.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

自由党は議席が過半数を割り、どこかの政党と連立を模索することになるでしょうが、それでも政権を取り続けることになった事に対して外国為替市場的にはカナダドル買いと言う評価を下しました。いつも通りの読みやすいカナダドルの値動きに早く戻ってくれる事を期待しております。


 

いつもと同じように、既に作ってあります指標の結果だけは貼っておきます。

英国9月
1730JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
公共部門純必要額  +63.87億ポンド
 +63.99億ポンド
 +26.55億ポンド
公共部門純借入額  +49.18億ポンド
 +57.66億ポンド
 +87.34億ポンド
公共部門純借入額
(金融部門除く)
 +55.70億ポンド
 +64.18億ポンド
 +93.86億ポンド
英国10月
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
CBI製造業受注指数 -28 -28 -37
CBI製造業販売価格指数 +12  +2  -3
英国第4四半期(10-12月)
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
CBI事業楽観(見通し)指数  -32  -38  -44
カナダ8月
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比) +0.6%
+0.4%
+0.4%  -0.1%
小売売上高コア(前比)  -0.1% +0.1%  -0.2%
米国10月
2300JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
リッチモンド連邦準備銀行
製造業景況指数
 -9  -7 +8
米国9月
2300JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
中古住宅販売件数(年換算) 550万件
549万件
545万件 538万件
中古住宅販売件数(前比) +1.5%
+1.3%
 -0.7%  -2.2%

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら