FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2019/09/11 戦績

 2019/09/11 水曜日 戦績

USDJPY        +172,300円

EURUSD        +121,328円

GBPUSD         +72,106円

AUDUSD         +16,381円

USDCAD         +46,038円

USDCHF         +85,436円

EURJPY        +243,300円

GBPJPY        +190,600円

AUDJPY         +45,300円

CADJPY        +103,900円

CHFJPY         +88,700円

EURGBP         +12,236円

EURCHF         +31,662円

TOTAL       +1,229,287円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +2,769,003円

 

月間戦績(09月)

TOTAL      +10,207,357円

 

年間戦績(2019年)

TOTAL     +220,940,718円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL     +114,858,275円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,494,858,290円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

堅調な円売りにドル買いと続き、ドル円には上昇の追い風になっております。また、昨日は午後1時頃に中国共産党の機関紙、環球時報の編集長によるツイッター投稿で豪ドルの上昇のありました。

内容についてはブルームバーグ日本語版で報じられているようなものです⇩ 

中国は貿易戦争の悪影響を和らげるための措置を発表すると、共産党機関紙・人民日報系の新聞、環球時報の胡錫進編集長が11日、ツイッターに投稿した。
(中略)
「私の知るところでは、中国政府は貿易戦争の負の影響を緩和するための重要な措置を導入しようとしている」と、胡編集長が政策の内容には触れずに記した。「措置は、中国と米国双方の一部企業に利益をもたらすだろう」と説明した。

www.bloomberg.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

トランプ大統領も最近は若干ですが対中軟化姿勢を見せており、このまま事態が収束する方向へ舵を取れば、今の為替相場のバランスが一気に崩れる可能性もありますので、非常に重大な局面を迎えてきたとも言えます。 


 

いつもと同じように、既に作ってあります指標の結果だけは貼っておきます。

日本国第3四半期(7-9月)
0850JST
前回調査
現状判断
前回調査
見通し
結果
法人企業景気予測調査
現状判断(大企業・全産業)
 -3.7 +1.0 +1.1
法人企業景気予測調査
現状判断(大企業・製造業)
-10.4 +4.5  -0.2
法人企業景気予測調査
現状判断(大企業・非製造業)
 -0.4 +6.5 +1.8
オーストラリア9月
0930JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者信頼感指数 100.0  98.2
消費者信頼感指数(前比) +3.6  -1.7
米国8月
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
生産者物価指数
最終需要(前比)
+0.2% +0.1% +0.1%
生産者物価指数
最終需要(前比)
+1.7% +1.7% +1.8%
生産者物価指数
コア(前比)
 -0.1% +0.2% +0.3%
生産者物価指数
コア(前比)
+2.1% +2.2% +2.3%
カナダ第2四半期(4-6月)
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
設備稼働率 +81.1%
+80.9%
+81.8% +83.3%
米国7月
2300JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
卸売売上高(前比)   0.0% +0.2% +0.2%
卸売在庫(前比)  -0.3% +0.2% +0.3%

 

=別表= 米国 EIA週間燃油在庫集計

米国 EIA週間燃油在庫集計
(09/06分)

09/11 2330JST
前回値 結果
原油在庫(前比) -477.1万バレル   -691.2万バレル  
ガソリン在庫(前比) -239.6万バレル   -68.2万バレル  
中間留分在庫(前比) -253.8万バレル   +270.4万バレル  
クッシング原油在庫(前比) -23.0万バレル   -79.8万バレル  

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら