FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2019/07/08 月曜日

月初恒例の雇用統計も終わり月曜日を迎え、第二週の相場が始まります。先週は、雇用統計雇用統計と雇用統計を連発していたため、少し雇用統計の過剰摂取感があり、そろそろ次の事へ向けて頭を切り替えたいと思います。

本日早朝のオセアニア時間では、若干ポンドが怪しい動きをしていたものの、概ね先週末の終了と同じ程度の価格から始まり、目立った乖離は無く一週間がスタートした感じです。あまり落ち着かれて値動き(ボラ)が小さい週の始まりになっても困るのですが、あまりにも激しく動かれますとそれもまた困ります。実にわがままなお願いなのですが、相場には適度な値動きをしてもらいたいかなと(笑)。 


 

さあ今週の予定ですが、いつも通り純粋な数字の発表以外の金融イベントからです。

日本時間(以下全ての発表時間は日本時間)で7月10日水曜日午後11時に、カナダ中銀のカナダ銀行が今後の金融政策の発表午後11時15分からポロズ総裁が記者会見を行います。政策金利については、現状の 1.75%を維持すると市場では見られておりますので、注目されるのは政策金利よりも、他の中銀が懸念するような世界的な経済状況の変化をカナダもどのように見ていて受け入れようとしているのかと言う部分でしょう。「カナダはインフレ目標をクリアしているからいいや」と言うスタンスでは、今後の経済状況変化で即足元をすくわれる事になるでしょう。特にアメリカへの依存度が高いカナダの中銀には、早急に問題意識を持つことと、考えうる問題へのあらゆるパターンシュミレーションが要求され、そこまでやってはじめて国民からの最低限の信託が得られると思われます。まあ、国家間のバランスで動く為替相場で生きている者としては、値さえ動けば「やれ中銀の国民からの信託やら」は、どっちでもいいんですけど(笑)。

11日木曜日早朝3時、前回分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が公開されます。いつもはFOMC議事要旨公開では、言うほど力を入れて期待はしていないのですが、前回のFOMC終了時の声明文と同時に公開された長期展望(Projection Materials)にありましたドットチャートにて利下げが示唆されており、また声明文にて「先行きの不確実性が増加しており、成長維持のため適切な行動をとる」と利下げスタンスへの転換を示唆している事から、その点に関して更に多くの情報を求め、市場の皆さんは議事要旨の公開に期待している雰囲気です。

このFOMC議事要旨公開直前の10日午後11時から米下院金融委員会にて、FRBのパウエル議長が半期に一度の大決算セール議会証言を行います。もしかしたら、下院での議会証言の中で議事要旨に含まれるヒントが出てくる可能性もあり、先取りして値が動いてしまい議事要旨公開時には一相場終わっている可能性も(笑)。むしろそうなった場合には、議会証言を噂として買い、議事要旨公開にて事実を見て売ると言う二段構成で値が動いてくれることを期待しております。

また11日午後11時からは米上院銀行委員会にて、FRBのパウエル議長が議会証言を行います。上院下院の強い独立性のために両院の委員会において議会証言があるわけでして、こう言うところは「同じ事を2度やって無駄」とか「効率が悪い」とか言ってはダメな部分なんでしょうね。

11日木曜日午後8時半には、欧州中銀(ECB)における前回分の理事会議事要旨が公開予定です。おそらく、こちらは大きくなにか市場に影響がある事は無いかと思われますが、とりあえず注意だけはしておいた方がいいかと思われます。突然、貸出条件付き長期資金供給オペ(TLTRO)とかに付いて書かれたりする事もありますし。

 

直接、金融政策とは関係しない政治絡みのイベントとしては、今週は大きなものは特に予定が無いかと思いますが、英国の次期保守統一党(保守党)党首の党員による選挙を行ってる最中でして、そのまま保守党の党首が次期首相となるのは間違いありませんので、その動向が伝わる事に英ポンドやユーロが影響を受ける可能性があります。

また特に何も無い時に、トランプ大統領はツイッターで何か難癖つけてくる事が多く、今でしたら北朝鮮やイランなんかより、比較的友好的な日本なんかに対日赤字や自動車の市場開放など突如言ってくる可能性も考えておいた方がいいかもしれません。また、雇用統計が良かった事でFRBの利下げ見送り観測から週末に株価が下落した事で、雇用統計の結果は自分(トランプ大統領)の手柄、そしてFRBは高金利維持で自分がしたことを台無しにしようとしているくらいの事は言いそうです。

 

トランプ大統領と言えば、アメリカに駐在している英国の大使が本国(英国)へ、トランプ大統領を酷評する電文を発信していたとニュースになっております⇩

英国の駐米大使が本国への通信で、トランプ米大統領を「無能」で「自信に欠け」、「適任でない」などと指摘していたことが分かった。

www.cnn.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

ん?無能で適任でないと言う指摘をしたくなるのは分からないでも無いですが、「自信に欠け」と言う指摘は、トランプ大統領に対してどうなんでしょう?私が思うには、トランプ大統領くらい全ての事に対して自信満々な人物は、他に見たことがありませんけど(笑)。これ、英語版の元になった記事を見ますと、

the United Kingdom's ambassador to the United States back to London describe President Donald Trump as "inept," "insecure" and "incompetent,"

edition.cnn.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

日本語の「自信に欠け」とされていた部分は「 insecure 」で、確かにその意味もあるんですが、この前後の文章と言うか単語の羅列からすると、不安とか頼りにならないとかの意味で in- から始まる単語を並べて強調したかっただけでしょう。

 

英国と言えば、英国の中銀であるイングランド銀行カーニー総裁が、国際通貨基金(IMF)の次期専務理事候補に挙がっているそうです。

www.bloomberg.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

先日は欧州中銀ECB次期総裁に現IMF専務理事のラガルド女史が内定したと言う話しもありましたし、IMFとしても優秀な人材を抜かれた穴は埋めないとなりません。それにしてもカーニー氏をIMF総裁ですか。私としては、日本通で日本の金融政策にも非常に精通し、日本語も僅かですが理解できるカーニー氏に日銀総裁をして欲しいと思っておりました(過去記事 2011/11/02エントリー 参照)ので IMFに取られるようで癪なんですが、カナダ中銀総裁、英中銀総裁を経験し、その上でIMF専務理事をした後に日銀総裁をして頂いてもいいでしょう。

 

適度に話しがぶっ飛んだところで、次に純粋な数字だけの指標です。第二週と言う事で、大した指標も無い感じではありますので、若干レベルを落としながら羅列していきます。本日7月8日月曜日、午後3時にドイツの鉱工業生産がありますが赤字で強調するほどでは無く、ぶっちゃけ書くだけ書いただけです(笑)。

明日9日火曜日も微妙なところなんですが、一般世間様では注目度が低いカナダの住宅関連指標がありまして、午後9時15分に住宅着工件数、午後9時半に住宅建築許可件数の発表です。先週の金曜日に発表されたカナダの雇用関連指標もIvey購買部協会PMIも非常に悪い結果となっておりまして、ここで挽回できるのかどうか。

10日水曜日、午後5時半に英国の集中指標発表で5月度国内総生産(GDP)が予定されております。午後11時にはカナダ中銀の金融政策発表、午後11時からパウエルFRB議長の議会証言も予定されております。午後11時半に米エネルギ省エネルギー情報局(EIA)が週次燃油在庫集計を毎週発表しており、原油価格だけで無く米株式や資源国通貨へ最近は影響を与えておりますので、ここも注意しておいた方が良さそうです。

11日木曜日、午前3時に前回分のFOMC議事要旨が公開、午後8時半には欧州中銀(ECB)の理事会議事要旨が公開、午後9時半に米消費者物価指数の発表があり、この日も午後11時からパウエルFRB議長の議会証言も予定されております。

最後12日金曜日、注目する指標がほとんど無い中であえて上げると、午後6時のユーロ圏鉱工業生産、午後9時半の米生産者物価指数くらいでしょうか。

以上、今週は赤字で強調しました注目の指標が極端に少なくなってますが、こう言う時には普段はあまり意識されない指標で急に反応する事もあり、かえって多くの指標を注意しないとならない時でもあったりします。市場関係者とまとめられる人たちが、どんな指標を急に意識するのか分かりませんので、急変相場に慌てないように、いつも言う事ですがポジション持ったらストップロスだけは忘れませんように。


 

昨日はせっかくの七夕でしたが、関東はあいにくの空模様となりました。先週、大雨で大変だった九州地方でしたが昨日は晴れ間があったようで、一年に1回しか会えない織姫と彦星は、今年は福岡の中洲で密会して、とんこつラーメン食べていたと言う事に我が家ではなっております(笑)。

tenki.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

今週は晴れの日も多くなり、 関東でも降水確率が100%の日はまだ無いようです。随分と雨が降ったように思える今年の梅雨ですが、このまま明けてしまい夏場に水不足や秋の収穫にもし影響が出るようなら、もう少し雨が降って頂いても構いません。何の神様にお願いしたらいいのか分かりませんが、どっかの神様、その点どうかよろしくおねがいします。

人の叡智ではどうにもできない、神頼みでしか解決できない天気の事は神様にお願いし、自助努力で多少はどうにか期待値を上げられる、投資と言う名の切った張った丁半博打には全力で立ち向かい、夏休みに向けて財布を厚く出来るように今週も頑張ってまいりましょう。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら