FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2019/07/02 戦績

 2019/07/02 火曜日 戦績

USDJPY         +76,600円

EURUSD         +63,007円

GBPUSD        +133,942円

AUDUSD         +34,218円

USDCAD         +40,634円

USDCHF         +96,943円

EURJPY        +158,900円

GBPJPY        +239,300円

AUDJPY         +15,500円

CADJPY         +34,600円

CHFJPY        +204,200円

EURGBP         +19,289円

EURCHF         +75,082円

TOTAL       +1,192,215円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +1,798,153円

 

月間戦績(07月)

TOTAL       +1,798,153円

 

年間戦績(2019年)

TOTAL     +160,534,494円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL      +54,452,051円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,434,452,066円

 

膠着状態が続くかと思った昨日の外国為替市場ですが、徐々にではありますが方向感のある展開となる通貨ペアも多く、雇用統計前の月曜日に動きを見せなかった翌火曜日としては珍しい展開だったように思えます。まあ、主に動いていたのは対円とポンド絡みでしたが。

 

昨日は、豪州中銀RBAが今後の金融政策と政策金利を発表しまして、政策金利は事前の市場予想通り 1.25%から 25bp(ベーシスポイント)引き下げの 1.00%とする事が発表されました。 

オーストラリア準備銀行
(中央銀行)

07/02 1330JST
現状 市場予想 結果
キャッシュターゲット
(政策金利)
1.25% 1.00% 1.00%

今回の利下げは確実であったことと、引き下げされる事が事前に確実視された段階ですでに豪ドルの大相場を一旦形成していたため、今回は特に大きな混乱もなく通過した状況でした。直前の20~30pipsの売り込み程度は、仕方ないでしょう。

 

昨日は指標が少なく、しかも、どれをとっても大きく市場を動かすような力には欠けるようなものばかりでした。 とりあえず、ブログのスペースを埋めるのには役立ってもらえて結構です(笑)。

日本国6月
0850JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
マネタリーベース(前比) 3.6 3.4 4.0
マネタリーベース(月末残高) 511兆8113億円 508兆0000億円 523兆2198億円
英国6月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
全国住宅価格指数
(前比)
 -0.2% +0.1% +0.2%
全国住宅価格指数
(前比)
+0.6% +0.5% +0.5%
ドイツ5月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
小売売上高(前比)  -2.0% +0.5%  -0.6%
小売売上高(前比) +4.0% +2.7% +4.0%
英国6月
07/02 1730JST
前回値 結果
建設業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
48.6 43.1
ユーロ圏5月
1800JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
生産者物価指数(前比)  -0.3%  -0.1%  -0.1%
生産者物価指数(前比) +2.6% +1.7% +1.6%

 

あと、ほとんどの発表が7月1日の月曜日にありました、IHSマークイット社が発表する製造業購買担当者景気指数(PMI)なんですが、発表元を確認しながら手作業で更新しているため、昨日貼り付けられませんでした。数が多いのでいつもと同じように閉じてありますが、展開すると昨日2日火曜日の分と合わせて37カ国・地域分が出てきますので非常に長くなります。興味ある方だけ、「続きを展開」押して展開してみてください。まあ、これ見たところで何にも面白くありませんけど。

=別表= 購買担当者景気指数(製造業)

オーストラリア6月
07/01 0800JST
前回値 結果
製造業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
51.0 52.0
アイルランド6月
07/01 0901JST
前回値 結果
製造業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
50.4 49.8
日本国6月
07/01 0930JST
前回値 結果
製造業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
49.8 49.3
中華民国(台湾)6月
07/01 0930JST
前回値 結果
製造業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
48.4 45.5
購買担当者景気指数(製造業) -続きを展開⇩- 合計37ヶ国・地域

グローバル(全世界)6月
07/01 2400JST
前回値 結果
製造業購買担当者景気指数
(IHS Markit発表)
49.8 49.4

 


 

予定通り、昨日で実績だけのブログ更新を終わりにする事ができまして、本日から以前と同じ感じでコメント入りでの更新にしたいと思います。まだ若干、本調子では無い感じもあるので激しい物言いはありませんが(笑)。

 

台風が接近しているようで、九州地方を中心に今日明日は警戒が必要だと言う事です。大雨予報の地域にお住まいの方は、十分に注意して頂きたいと思います。九州で大雨と言うと、どうしても昨年水没したイオンが思い浮かんで仕方ありません。ちなみに、先月は成田のイオンも水没しており、イオンが水没に祟られているのか、あるいは水没するような場所だと出店費用が安いからなのかとか・・・・・・

更に、新しい台風が発生したりとか。新しい台風は4号で「ムーン」とか言うそうでして、日本の方には来ない感じですが、中国の海南島直撃です。海南島がお好きな方を知っているので、微妙な気分ではあります。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら