FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2019/06/15 戦績

 2019/06/15 土曜日 戦績

USDJPY         +42,500円

EURUSD         +63,629円

GBPUSD        +131,473円

AUDUSD          +9,058円

USDCAD         +45,439円

USDCHF         +22,557円

EURJPY         +84,200円

GBPJPY        +170,300円

AUDJPY         +13,200円

CADJPY          +7,300円

CHFJPY         +28,400円

EURGBP          +3,166円

EURCHF          +6,013円

TOTAL         +627,235円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +5,104,090円

 

月間戦績(06月)

TOTAL      +10,938,243円

 

年間戦績(2019年)

TOTAL     +148,372,840円

 

累計戦績(令和になってから)

TOTAL      +42,290,397円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,422,290,412円

 

イラン問題が変な方向に傾いてきておりまして、日本は一気に準主役まで引き上げられた感じです。トランプ大統領は連日の発言で、イランがやった、イランがやったイランがいらんことしたと言っており、発言からは小学生の「◯◯ちゃんがやった」バリの一方的主張を感じる気もしております。

ブルームバーグも、このような分析をしており⇩ 

トランプ氏の「イランがやった」発言、証拠と次の展開に疑問残す

www.bloomberg.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

記事中、ロンドン大学LSEのゲルゲス教授による「まだ明確な証拠はない。指紋もない。米軍が不確かな証拠を提示しているにもかかわらずだ」が全てのように思えます。ちなみにこのゲルゲス教授むちゃくちゃ中東の専門家でして、英語圏の権威あるニュースで中東専門家の意見として、必ず登場するくらいのお方です。

 

同じく記事中に「米国はイラン革命防衛隊がタンカーから不発の機雷を除去した様子が映像に示されていると主張。しかし、同タンカーを所有する日本の国華産業の社長は、タンカーに向かってきた「飛来物」が海面よりの部分にダメージを与えたため、魚雷による攻撃との見方は考えられないと述べている。」との記載があります。

今回の事件、発生直後から地理的な近さゆえイラン軍などイランによる船員救出や消火活動などが行われておりました。その一環で、船体に不発の機雷(または別の爆発物)を発見したら、突如活性化して爆発すると船体を破壊して沈没など海峡を封鎖されるような事態に発展することも十分考えられるので、危険を犯してまでも不発弾を処理したと考えるのは自然だと思うのですが。アメリカとしては、これはマッチポンプだと言う主張でしょう。

 

発生してしまったことは発生してしまったことですので、無かったことには出来ません。今後の処理は、小学校の学級会のような弾劾のし合いになりませんように、客観的かつ証拠に基づいたものになりますようにと願っております。 


 

さあ、誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます(笑)。

 

IMMポジション(2019年06月11日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 20,786 65,951 -45,165 -776
EUR (099741) 149,661 236,453 -86,792 +759
GBP (096742) 33,761 78,562 -44,801 +2,961
CAD (090741) 25,597 58,437 -32,840 +8,919
CHF (092741) 4,466 29,254 -24,788 +11,277
RUB (089741) 38,268 5,094 +33,174 -1,240
VIX (1170E1) 84,391 175,573 -91,182 -5,672
金Gold (088691) 250,114 65,876 +184,238 +28,123
原油 (067651) 515,457 163,802 +351,655 -48,513

 

IMMポジション(2019年06月04日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 27,437 71,826 -44,389 +11,188
EUR (099741) 155,771 243,322 -87,551 +12,140
GBP (096742) 41,998 89,760 -47,762 -15,766
CAD (090741) 15,330 57,089 -41,759 -2,336
CHF (092741) 4,541 40,606 -36,065 -1,390
RUB (089741) 40,570 6,156 +34,414 +913
VIX (1170E1) 92,573 178,083 -85,510 +20,317
金Gold (088691) 240,477 84,362 +158,115 +69,427
原油 (067651) 538,947 138,779 +400,168 -38,770

 

過去のIMMポジション
fxse.hatenablog.jp

 

ほとんどの銘柄がロングもショートも取り組み自体が減っておりまして、特にスイスフランのショートの減り方が半端ないです。ただ大口がまとめてショートを落としたのか、あるいは最近の世の中を分析した結果として多くの参加者がショートを清算したのか。金(GOLD)のネットロングも増えておりますが、同じようにショートが減ったための結果でして、大口の皆さんも現在の市場環境でどのように動いていいのか判断がつかず、リスクから退避させたい=リルクオフへ傾いているのかもしれません。


 

今日、東京は朝から非常に晴れております。天気予報通りになり、北陸から東北より上の地域では雨のようなので心苦しいのですが、せっかくの梅雨の晴れ間ですので、お出かけなど楽しんできたいと思っております。

皆さんも、よい日曜日をお過ごし下さい。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら