FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2019/04/11 戦績[追記あり]

 2019/04/11 木曜日 戦績

USDJPY         +86,200円

EURUSD         +61,178円

GBPUSD        +150,622円

AUDUSD         +36,992円

USDCAD        +114,235円

USDCHF         +71,082円

EURJPY        +154,500円

GBPJPY         +96,300円

AUDJPY          +4,200円

CADJPY         +37,100円

CHFJPY         +60,200円

EURGBP          +9,209円

EURCHF         +46,479円

TOTAL         +928,297円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +3,045,847円

 

月間戦績(04月)

TOTAL       +8,267,185円

 

年間戦績(2019年)

TOTAL      +92,332,164円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,366,249,736円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

このブログの更新より約31時間半前の昨日4月11日木曜日早朝3時、前回分のFOMC議事要旨が公開となりまして、内容的には市場が予想していた通りであったため、発表時としてはほぼ動意なしの展開でした。

www.nikkei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

 

日本語の記事が見つからなかったんですが、こんなニュースがありました⇩ 

“He’s a fine person,” Kudlow said of Powell. “I think he’s going to turn into a good Fed chairman.”
「彼は素晴らしい人です」(また)「彼が素晴らしいFRBの議長になるだろうと思う」とクドロー氏はパウエル議長について語った。

www.reuters.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

つまり、国家経済会議(NEC)委員長クドロー氏は、FRBのパウエル議長を「人としては素晴らしいが、FRB議長としては素晴らしくない」と言っております。

ここで言う「good」は「素晴らしい」と訳してますが、実態としたら「都合いい」と言う捉え方でしょうね。この手の発言の際、本当に「素晴らしい」と言う意味で話すなら、「think = 思う」ではなく「believe = 確信する」をこの手の皆さんは好んで用います。私は好きじゃないんですけどね、後で上げ足取られる事がるんで(笑)。

 

とりあえず、いつもと同じように、既に作ってあります指標の表だけは貼っておきまして、後ほど何か追記しましたらタイトルに追記と入れておきます。 


2019/04/12 14:27 追記
いつもは末尾に追記するのですが、昨日は指標が多かったため、指標結果の下に追記しますと追記が分からなくなる可能性があったので指標結果の上に追記します。

 

昨日の早朝に公開されましたFOMC議事要旨に関しては、いつもと同じくらいの14ページだったんですが、とにかく現状報告と確認に終始しており、読んでて飽きてくるような内容となってます。

えっ?見ます?長期展望(Projection Materials)を含んでるので全部で30ページありますが、サイズ的には311KBしかありません。見ても大して面白いものではありませんが、飲み会の席で「前回のFOMC議事要旨、直接確認したんだけどさ~」とか言う小ネタにお使いいただければ(笑)。

2019年3月 FOMC議事要旨PDFファイル ⇨ fomcminutes20190320.pdf

 

読んでいて、ちょっとツッコみ入れておきたかったところがありまして、6ページ目の赤線入れた「Staff Review of the Economic Situation 経済情勢に関するスタッフレビュー」のこちら⇩

Increases in total nonfarm payroll employment remained solid, on average, in recent months;

非農業部門雇用者数(雇用統計)の雇用増加は、平均するとここ数カ月間、堅調に推移していた。

ほ~、おもしれえよ! FRBスタッフ、おもしれえよ(笑)。 

赤線引いた続きには、2月に減少している件も書いてあるんですが、普通はそっち先に書いて最終結論として「統計のゆらぎを考慮すると、平均して堅調であると予想する」的に書きませんかね?

アメリカのタブロイド紙は日本の週刊誌と違って統計にツッコみ入れても売れなさそうなんでスルーですが、これがもし日銀の発表文章であったら、文春も新潮も激しく喰らいついているでしょう。これも大したネタではありませんが、飲み会の席で「前回のFOMC議事要旨、直接確認したんだけどさ、あのスタッフレビューは~」とか言う小ネタにお使いいただければ(笑)。

 

ブリグジットは混迷を極め、EU側の離脱交渉担当者のフェルホフスタット元ベルギー首相が「もう、英国は離脱やめたら?」とか言い出したり⇩

jp.reuters.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

それね、誰しも思ってても、ここまで来たらEU側としては言っちゃダメって事になってた暗黙の了解的な感じだったんで、果たしてこんな発言まで出始めている状況は、EU議会の中でも一体どんな事になっているのか。

離脱延長が何度も何度も認められているうちに、いつまで経っても離脱できず「英国はEUを離脱する事にはなっているが、事実上EUにずっと加盟している」なんて社会の教科書に書かれる時代が来るのではないかと思い始めてみたり。

 

なんでもいいので、せめて為替相場だけは動いて下さい。



 

米国3月
0300JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
連邦予算収支 -2340億ドル -1800億ドル -1470億ドル
英国3月
0801JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
RICS住宅価格指数
(前比)
-27
-28
-30 -24
日本国3月
0850JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
マネーストックM2(速報値)
季節調整前(前比)
+2.4% +2.4% +2.4%
マネーストックM2(速報値)
季節調整済(前比年率)
+2.7%
+3.1%
+2.7%
マネーストックM3(速報値)
季節調整前(前比)
+2.1% +2.1% +2.1%
マネーストックM3(速報値)
季節調整済(前比年率)
+2.4%
+2.7%
+2.5%
マネーストックCD(速報値)
(前比)
 -4.0%
 -4.8%
 -7.4%
オーストラリア4月
1000JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者期待インフレ指数 4.1% 3.9%
中国3月
1030JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比) +1.5% +2.3% +2.3%
中国3月
1030JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
生産者物価指数(前比) +0.1% +0.4% +0.4%
ドイツ3月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
+0.4% +0.4% +0.4%
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
+1.3% +1.3% +1.3%
ドイツ3月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
+0.5% +0.5% +0.5%
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
+1.4% +1.4% +1.4%
フランス3月
1545JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
+0.8% +0.8% +0.8%
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
+1.1% +1.1% +1.1%
フランス3月
1545JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
+0.9% +0.9% +0.9%
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
+1.3% +1.3% +1.3%
カナダ2月
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
新築住宅価格指数  -0.1%   0.0%   0.0%
米国3月
2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
生産者物価指数
最終需要(前比)
+0.1% +0.3% +0.6%
生産者物価指数
最終需要(前比)
+1.9% +1.9% +2.2%
生産者物価指数
コア(前比)
+0.1% +0.2% +0.3%
生産者物価指数
コア(前比)
+2.5% +2.4% +2.4%
米国 週次
04/11 2130JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
新規失業保険申請件数 20.4万件
20.2万件
21.1万件 19.6万件
失業保険継続受給件数 172.6万件
171.7万件
173.5万件 171.3万件

  

=別表= 米国 EIA週間燃油在庫集計

米国 EIA週間燃油在庫集計
04/10 2330JST
前回値 結果
原油在庫(前比)  +723.8万バレル  +702.9万バレル
ガソリン在庫(前比)   -178.1万バレル   -771.0万バレル
中間留分在庫(前比)   -199.8万バレル    -11.6万バレル
クッシング原油在庫(前比)   +20.1万バレル   -113.3万バレル

 

=別表= 米国 EIA週間天然ガス在庫集計

米国 EIA週間天然ガス在庫集計
04/11 2330JST
前回値 市場予想 結果
天然ガス在庫(前比) +23Bcf +29Bcf +25Bcf

 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら