FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2019/03/23 戦績

 2019/03/23 土曜日 戦績

USDJPY         +57,200円

EURUSD        +137,428円

GBPUSD         +94,033円

AUDUSD          +7,919円

USDCAD         +26,446円

USDCHF          +1,793円

EURJPY        +180,300円

GBPJPY         +65,500円

AUDJPY         +11,500円

CADJPY         +59,500円

CHFJPY         +47,900円

EURGBP         +18,607円

EURCHF         +26,262円

TOTAL         +734,388円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +7,537,157円

 

月間戦績(03月)

TOTAL      +26,553,083円

 

年間戦績(2019年)

TOTAL      +78,294,500円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,352,212,072円

 

【本日のこのエントリーは、予約更新となっております。】

毎週の事ですが、土曜日の戦績は、日本時間で金曜日から土曜日に日付が変わり早朝まで、ニューヨーク時間で金曜日の夕方市場終了までの取引です。


 

日本時間で土曜日早朝、ニューヨーク株式市場におきまして株価が急落しまして、ダウ工業株30種平均いわゆるダウが前日比 -1.77%のマイナス460ドル、ナスダック総合指数なんて前日比 -2.5%のマイナス196.29ポイント、CMEでの円建て日経平均先物も木曜日後場大引け対比で650円以上の下げとなっておりました。

土曜日早朝の株価下げが凄かったので書いてみましたが、だから何?と言う事もございません(笑)。いや、笑い事じゃない方もおられるでしょう。ただ、この下げですが、どの経済系ニュースを見てもラバースタンプのように「FRBが年内利上げ停止を受けた景気懸念」「欧州PMIの下落を受けた世界的景気懸念」と書かれてますが、果たしてそうなのでしょうか?

実際のところは分かりませんけど。ほら、なんとなくロイターブルームバーグに噛み付いておいたら、問題意識持ってるように見えるでしょ?(笑)。 

 


さあ、誰が待っているのか分かりませんが、お待ちかねと言う事になっておりますCFTC の IMMポジションです。毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションです。書くことが少ない日曜日の更新に、ブログのスペースを埋めるのに非常に役立ちます(笑)。

 

IMMポジション(2019年03月19日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 20,081 79,302 -59,221 -440
EUR (099741) 141,700 219,404 -77,704 -1,959
GBP (096742) 30,157 43,931 -13,774 +22,922
CAD (090741) 16,267 64,041 -47,774 -6,721
CHF (092741) 7,626 34,815 -27,189 -3,884
RUB (089741) 38,189 8,055 +30,134 +7,557
BTC (1330E1) 1,780 3,066 -1,286 +45
金Gold (088691) 204,325 115,929 +88,396 +9,577
原油 (067651) 534,563 119,817 +414,746 +52,481

 

IMMポジション(2019年03月12日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 22,144 80,925 -58,781 -7,475
EUR (099741) 151,857 227,602 -75,745 +2,421
GBP (096742) 29,927 66,623 -36,696 -1,767
CAD (090741) 20,276 61,329 -41,053 -609
CHF (092741) 12,174 35,479 -23,305 +799
RUB (089741) 35,636 13,059 +22,577 +3,041
BTC (1330E1) 1,952 3,283 -1,331 +107
金Gold (088691) 205,250 126,431 +78,819 -9,199
原油 (067651) 500,169 137,904 +362,265 +13,464

 

過去のIMMポジション
fxse.hatenablog.jp

 

ポンド原油ゴールド、この3つが買われているのはおよそ見当がついておりました。それにしても、原油が動くときの量はえげつないですね。前週比52,481ロットですので、1ロットは1,000バレル、1バレル59ドルとして30億9637.9万ドル、およそ3,400億円分の原油が前週比でプラスに動いたわけです。そんだけ金突っ込んでも、実需に翻弄されることも多いわけで、商品先物は怖いですね~


 

イタリアが、中国の進める一帯一路に協力するとのニュースがありました⇩

www.nikkei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

中国の一帯一路構想自体についてはとりあえず置いておきまして、この⇧日経の記事中にあります「イタリアのディマイオ副首相はここ数カ月間で2回も訪中し、一帯一路の参加に向け準備を入念に進めてきた。」このディマイオ副首相ですが、先日ありましたフランスが駐イタリア大使を召還した際に問題を起こした当事者です。

www.bloomberg.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

fxse.hatenablog.jp

上の日経の記事に写ります習近平主席と握手するのはイタリアのマッタレッラ大統領でして、イタリアの大統領はほとんど日本の天皇陛下と同じような象徴大統領です。それでも日本の天皇陛下よりは権限があり、現在の首相が組閣で入れようとした大臣を拒否したりとかありまして、政治に揺れるイタリアっぽい感じではあるのですが。ちなみにマッタレッラ大統領は、親EU路線です。

気になるのは、現在のイタリアの首相コンテ氏はEU懐疑派である例の五つ星運動(イタリア政党)と同盟(イタリア政党)が首相に担ぎ出した大学教授で、このコンテ首相が組閣案を大統領に出したところ、バリバリのEU懐疑派である元産業大臣であるサボナ氏の就任を拒否。その後サボナ氏はEU担当大臣として現在内閣におりまして、そんなEU懐疑派の政党が中国と結んだ一帯一路の覚書なわけです。

読売新聞の記事ですと、習近平主席が握手しているのはイタリアの首相コンテ氏となっておりまして、日経の写真に写る大統領の神妙な顔つきとは違い、非常に笑顔で写っております。

www.yomiuri.co.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

財政問題を抱えると言われるイタリアですが、それでもG7を構成する国の一つとして、よく言われる一帯一路問題が簡単に発生するとも無いと思われますし、中国が意図してそのように仕向ける事も難しいでしょう。今後の様子を注意深く見守りたいと思っております。


 

あんなに暖かかったのに、昨晩は急激に気温が下がり、今日の東京は15度程度しか気温が上がらないようです。こうやって、気温の上下を繰り返しながら、春になるんでしょう。

桜はまだですが、既にいろいろな花が咲き始めており、目でも春が近いのを感じられるようになってきました。早く本当の春がやってきてくれるのが待ち遠しいです。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら