FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2019/01/28 戦績

 2019/01/28 月曜日 戦績

USDJPY         +21,500円

EURUSD          +4,990円

GBPUSD         +33,263円

AUDUSD          +2,919円

USDCAD         +35,162円

USDCHF               0円

EURJPY          +4,000円

GBPJPY         +74,600円

AUDJPY         2,900

CADJPY         +27,700円

CHFJPY          +9,600円

EURGBP          +7,558円

EURCHF               0円

TOTAL         +218,392円

 

週間戦績(当週)

TOTAL         +218,392円

 

月間戦績(01月)

TOTAL      +22,652,436円

 

年間戦績(2019年)

TOTAL      +22,652,436円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,296,570,008円

 

神様、大負けせずに済ませて下さって、心から感謝申し上げます。と、神様に感謝したくなるほど動かない一日でした。今週はイベントが多い週と言われ、そのイベントの多さがかえって昨日動けなくなってしまった原因なのでしょう。

朝8時50分には、12月19日~20日に開催されました日銀金融政策決定会合の議事要旨が公開されまして事前の予想通り特に目立った記述は無く、マスコミの皆さんも委員が発言した個々の意見のうち反対意見だけを抜き出して伝えているところは平壌(へいじょう)平常運転です。

 

指標もあったのですが、特に目立って重要な指標と言うものも無く、面白いのはユーロ圏のマネーサプライM3が伸びているんですが実はM1は伸びていないと言うこと。欧州の集計ですとM3には、M1とM2の広義の現金に加えて、現先取引(買い又は売り戻し条件付きの債券取引)とMMF(債券組入ファンド)、2年以内の短期債が算入されるので、この辺りが伸びているのが面白いです。

同じM3でも日本のマネーストックM3には債券は含まれておらず、M3を更に拡大した「広義流動性」と言われる指標でMMFや国債・社債が含まれてきます。ただし、集計対象がM3までと変わったりして単純に比較できないようになっており、この辺りは中銀間であえて不揃いにして比較するのを難しくしているようにも思えます。失業率なんかと違い、本来でしたらローカライゼーションする必要が無い部分ですし。

日本国12月
0850JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
企業向けサービス価格指数
(前比)
+1.2% +1.2% +1.1%
中国12月
1030JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
企業収益(前年比) -1.8% -1.9%
ユーロ圏12月
1800JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
マネーサプライM3
(前比)
+3.7% +3.8% +4.1%
マネーサプライM1
(前比)
+6.7% +6.6%
ユーロ圏12月
1800JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
新規民間部門ローン貸出
(前比)
+3.3% +3.4% +3.3%
スイス 週次
1800JST
前回値 結果
当座預金残高(国内銀行のみ) 4兆8230.2億スイスフラン 4兆8169.1億スイスフラン
当座預金残高(外国銀行含む) 5兆7632.9億スイスフラン 5兆7668.6億スイスフラン
米国12月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
シカゴ連銀全米活動指数 0.21
0.22
0.27

 


 

南米ベネズエラを巡る情勢が随分と危険な感じになってきまして、トランプ大統領が軍事介入をほのめかす事態になってきております。ベネズエラへの軍事介入示唆するの、もう何度目なんだろう。⇦ さすがに笑えない。

www.nikkei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ 

現政権に反発する野党側代表者が暫定大統領を宣言しますと、周辺国のコロンビアやアルゼンチン、それにアメリカやイスラエルが承認、当然のようにロシアと中国は現政権を支持しておりますので、またしてもキューバ危機再燃になるのでしょうか。

www.nikkei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

このご時世で米露中が代理戦争としてでも派手にドンパチする事は考えにくいのですが、それにしても大きな混乱は避けて欲しいと願っております。

 

ところで、デノミした新しい通貨と仮想通貨ペトロはどうなった?

新しい通貨は、ベネズエラ政府が既に発行する仮想通貨のペトロとペッグ(連動)してるんだそうでして、仮想通貨のペトロは原油価格に連動してますので、世界初の原油価格にペッグする恐ろしい通貨が登場したわけです。 

fxse.hatenablog.jp

以前のブログで「登場した」とか書いたのに、その新通貨の裏付けになっている仮想通貨ペトロすらどうなってるのか不明で、しかもそのペトロの裏付けになってる原油埋蔵されていると言われている油田の開発も中断しているようで、徳川埋蔵金のようになってきました(笑)。

ロイター⇩には「幻の仮想通貨」とか書かれてますし、こうなると架空通貨です。

jp.reuters.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

 


 

そして、

アジアカップ決勝進出おめでとう ヽ(=´▽`=)ノ 日本

www.nikkei.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

昨晩は、寝ずにリアルタイムで見られて良かった。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら