FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2019/01/15 戦績[追記あり]

 2019/01/15 火曜日 戦績

USDJPY        +111,300円

EURUSD        +170,026円

GBPUSD         +48,497円

AUDUSD         +23,328円

USDCAD         +61,771円

USDCHF         +80,966円

EURJPY        +260,400円

GBPJPY        +131,600円

AUDJPY         +48,500円

CADJPY         +96,100円

CHFJPY        +176,900円

EURGBP         8,225

EURCHF         +18,714円

TOTAL       +1,219,877円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +1,676,506円

 

月間戦績(01月)

TOTAL       +7,907,484円

 

年間戦績(2019年)

TOTAL       +7,907,484円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,281,825,056円

 

※ 本日の更新は昨日の為替取引実績のみとなっております。後ほど追記いたします。
  追記した際には、ブログタイトルに「追記あり」の表記にてお知らせいたします。

 

この時を待っていた!と言う感じの、ポンドお祭りデーがやってまいりました。昨晩は寝ずにポンド売りまくり、その後大慌てで買い戻ししまくりしていたため、本日の更新は追記対応となります。最近、追記するすると言いながらしない事も多いのですが、多分今日はします(笑)。 

昨日はECB関係者からどんどん出てくる見通し弱気発言で、ポンドと一緒になって売られていたユーロですが、あれって「ポンド!お前だけブリグジットにかこつけ値崩れして安くなろうなんてズルいぞ!」と言う事で、ユーロも同時に安くしとこうって事なんでしょうかね?(笑)。スイス中銀の反応が気になるところです。

 

とりあえず、いつもと同じように、既に作ってあります指標の表だけは表示しておきまして、後ほど何か追記しましたらタイトルに追記と入れておきます。   


 

日本国12月
0850JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
マネーストックM2(速報値)
季節調整前(前比)
+2.3% +2.4% +2.4%
マネーストックM2(速報値)
季節調整済(前比年率)
 -0.1% +1.4%
マネーストックM3(速報値)
季節調整前(前比)
+2.1% +2.1% +2.1%
マネーストックM3(速報値)
季節調整済(前比年率)
+0.5% +0.9%
マネーストックCD(速報値)
(前比)
 -3.3%
 -3.9%
 -5.5%
日本国12月
1330JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
倒産件数
(前比)
+6.05% -10.63%
日本国11月
1500JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
工作機械受注・速報値
(前比)
 -17.0%
 -16.8%
 -18.3%
フランス12月
1645JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
  0.0%   0.0%   0.0%
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
+1.9%
+1.6%
+1.6% +1.6%
フランス12月
1645JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
 -0.1%
+0.2%
+0.1% +0.1%
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
+2.2%
+1.9%
+1.9% +1.9%
スペイン12月
1700JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
 -0.1%
 -0.4%
 -0.4%  -0.4%
消費者物価指数(前比)
CPI・確定値
+1.7%
+1.2%
+1.2% +1.2%
スペイン12月
1700JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
 -0.2%
 -0.5%
 -0.5%  -0.5%
消費者物価指数(前比)
HICP(EU基準)・確定値
+1.2% +1.2% +1.2%
ドイツ2018年
1800JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
年間国内総生産(GDP)
(前比)
+2.2% +1.5% +1.5%
ユーロ圏11月
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
貿易収支 +135億ユーロ
+125億ユーロ
+128億ユーロ +151億ユーロ
貿易収支(ユーロ圏) +140億ユーロ +137億ユーロ +190億ユーロ
米国1月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
NY連銀製造業景況指数 10.90 10.75  3.90
米国12月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
生産者物価指数
最終需要(前比)
+0.1%  -0.1%  -0.2%
生産者物価指数
最終需要(前比)
+2.5% +2.5% +2.5%
生産者物価指数
コア(前比)
+0.3% +0.2%  -0.1%
生産者物価指数
コア(前比)
+2.7% +3.0% +2.7%

 

最近、ずっと注目の金に関する指標、世界有数の金産出国である南アフリカの金生産量前年比です。もうずっと減産なのか、出てこないのか知りませんが、前年比マイナス推移を維持しております。

南アフリカ11月
1830JST
前回値 結果
金生産
(前比)
 -14.8%
 -15.1%
 -14.0%

原油ほど産出量での価格変動はありませんが、それでも金(きん)に目がくらんでる私としては、注目せざるを得ない指標と言えます(笑)。 


2019/01/16 17:48 追記

 

もうこの時間ですし、昨日の事をどうのこうの言っても仕方ないような気もしますが、追記すると言ってしまった以上何か書きたいと思います(笑)。

 

昨日、こんなニュースがありました⇩

jp.reuters.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

難しい日本語のタイトルですが、英語版の方の記事を見ても難しいタイトルでして、簡単に言えば「先日の米中通商協議、ぶっちゃけ、あんま進んでないわ」って事です。ええ、それ皆んな知ってます(笑)。トランプ大統領が「うまく行ってる」なんて言ってるの誰も信じてませんでしたから、何を今さらってところです。

 

そのトランプ大統領、前日の晩には米大学フットボールで優勝したクレムソン大学のメンバーをホワイトハウスに招待しまして、そのディナーでハンバーガーを振る舞ったんだそうです。

mainichi.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

なぜハンバーガーなのか?とかの理由は記事をご覧頂くとしまして、このハンバーガーの数が、メディアによって1000個のところと、300個のところがあるんです。

www.bbc.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

最初、いつものように公式発表とトランプ大統領の発表の違いかと思ったんですが、どうやら300個と言ったのも1000個と言ったのも、両方ともトランプ大統領自身のようなんです。本国アメリカでも疑問に思った記者がいたようでして、

www.abcfoxmontana.com

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ 

 CNNのアンダーソン・クーパー氏は、「トランプ大統領が出したって言うハンバーガーの数が、一晩で300個から1000個に増えてんぞ!おい、どうなってんだ?」と、わざわざテレビ番組で疑問を呈しておりました(笑)。

 

ちなみに、こんな感じで配膳(?)されており、

f:id:fxse:20190116174137j:plain

 

こんな様子だったと言う事で、

f:id:fxse:20190116174142j:plain


パッと見た感じでは、

1000個は無さそうです(笑)。

ちなみに、トランプ大統領が一晩経ってから1000個と言ったのは「いっぱい」の意味で「サウザンド」と言ったのでしょう(たぶん)。

 

そんな記事を眺めながらポンドを売り、売り、売りまくり。朝が来たので買い直したのが今朝までの出来事でした。ほんと、まだ眠くしてしょうがない。 


 

本当はなんて言ってるんだろうと、トランプ大統領のツイッターをいま見てきたら「 over 1000 hamburgers etc 1,000個以上のハンバーガーなど 」ちゃんと「など」って言ってますやん。

ハンバーガー1,000個とは言ってませんでした。


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら