FX専業 システムトレード日々の戦績

FXシステムトレードでの戦績(成績)の公表や、為替・金融市場での出来事を紹介したり講評したり。

2018/12/11 戦績

 2018/12/11 火曜日 戦績

USDJPY        +142,600円

EURUSD        +107,447円

GBPUSD        +247,089円

AUDUSD          +4,202円

USDCAD         +50,639円

USDCHF         +35,493円

EURJPY        +210,300円

GBPJPY        +328,600円

AUDJPY         +23,600円

CADJPY         +11,100円

CHFJPY         +78,200円

EURGBP         +35,068円

EURCHF         +79,219円

TOTAL       +1,353,557円

 

週間戦績(当週)

TOTAL       +2,162,123円

 

月間戦績(12月)

TOTAL       +9,695,177円

 

年間戦績(2018年)

TOTAL     +353,337,516円

 

累計戦績(専業になってから)

TOTAL   +1,253,665,832円

  

随分と為替相場は軋んで(きしんで)まして、悲鳴が聞こえてくるような気分です。とりあえず、昨日の為替相場は基本的には前日からのドル高偏移でして、比較的狭いレンジの範囲内の値動きで終始しました。上の戦績も、その半分以上は前日からの持ち越したポジションの清算でして、昨日の値動きから取れた方が少なくなってます。

と、

特に書く事が無い日でした。- 完 - 

 

-完- で終わりにしてもいいのですが、もうちょっとだけ文字数を稼いでおきたいと思います(笑)。

個別には細かい事がいろいろあったわけですが、ブリグジットにしても、米中協議にしても、市場的には段々と冷めてきている感じでして、トランプ大統領がいつもの公式発表ツールである Twitter で「中国と非常に前向きに話し合ってる!重大発表を待ってろ!」との書き込みにも為替にはそう大きな反応が無い感じでした。ダウは上がってましたけどね、ダウは。

欧州通貨はこの書き込みくらいからドル高方向に落ち込んでましたが、米中協議とは関係ない欧州や英国の事情ですし。

 

どうせ木曜日の欧州中銀ECBの金融政策発表にも反応薄でしょうし、市場は一体何を待っているのか、何に反応したらいいのか、その誰かに答えを導き出して欲しいんでしょうね。私には、ブルームバーグとロイター見てるしか出来ませんけど(笑)。


 

指標ですが、ズラズラっと表だけは豪勢になっておりまして、ただ指標のお題目自体はそう多くありません。日本や中国のマネーストック・マネーサプライも発表になってましたが、日本のステルステーパリングの様子や、中国のお金じゃぶじゃぶの様子が分かっただけで、そんなもんは市場で既に織り込まれているので反応なし。

英国の雇用関連指標に関しても、平均時給が上がっただけのような感じでして、雇用者側から見た場合には消費拡大のメリットがあるかもしれませんが、今はブリグジット後の企業存続に関して注目が集まってる中で、雇用側からするとコスト増になっているとも言えますので、失業率の低下とセットでも無い限り大きく動けないと言う事なのでしょう。ですかね?(笑)。アメリカの生産者物価指数(PPI)も、反応したんだかしないんだか。

日本国11月
0850JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
マネーストックM2
季節調整前(前比)
+2.7% +2.6% +2.3%
マネーストックM2
季節調整済(前比年率)
+1.7%
+1.6%
-0.1%
マネーストックM3
季節調整前(前比)
+2.3% +2.3% +2.1%
マネーストックM3
季節調整済(前比年率)
+1.6%
+1.7%
+0.5%
マネーストックCD
(前比)
 -2.5%
 -3.3%
 -3.9%
広義流動性
季節調整前(前比)
+2.1%
+2.2%
+1.8%
広義流動性
季節調整済(前比年率)
+1.6%
+2.0%
-0.4%
日本国第4四半期(10-12月)
0850JST
前回調査
現状判断
前回調査
見通し
結果
法人企業景気予測調査
大企業・全産業
+3.8 +7.6 +4.3
法人企業景気予測調査
大企業・製造業
+6.5 +9.9 +5.5
法人企業景気予測調査
大企業・非製造業
+2.4 +6.5 +3.7
豪州第3四半期(7-9月)
0930JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
住宅価格指数(前比) -0.7% -1.5% -1.5%
住宅価格指数(前比) -0.6% -2.0% -1.9%
オーストラリア11月
0930JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
NAB企業景況感(先行判断) 12 11
NAB企業信頼感(現況判断) 4 3
中国11月
1801JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
マネーサプライM0(前比) +2.8% +3.0% +2.8%
マネーサプライM1(前比) +2.7% +3.0% +1.5%
マネーサプライM2(前比) +8.0% +8.0% +8.0%
中国11月
1801JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
人民元新規貸出   6970億元 1兆1150億元 1兆2500億元
英国11月
1830JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
失業保険受給者数増減 +23,200人
 +20,200人
+13,200人 +21,900人
失業率 2.7% 2.7% 2.8%
英国10月
1830JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
ILO方式失業率 4.1% 4.1% 4.1%
英国10月
1830JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
週当たり平均賃金
前年比(手当込み)
+3.1%
+3.0%
+3.0% +3.3%
週当たり平均賃金
前年比(手当なし)
+3.2% +3.2% +3.3%
ドイツ12月
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
ZEW景況感指数 -24.1 -25.0 -17.5
ユーロ圏12月
1900JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
ZEW景況感指数 -22.0 -23.2 -21.0
米国11月
2230JST
前回値 市場予想
(中心値)
結果
生産者物価指数
最終需要(前比)
+0.6%   0.0% +0.1%
生産者物価指数
最終需要(前比)
+2.9% +2.5% +2.5%
生産者物価指数
コア(前比)
+0.5% +0.1% +0.3%
生産者物価指数
コア(前比)
+2.6% +2.5% +2.7%

 

毎週火曜日現在の数字を集計して米商品先物取引委員会(CFTC)が週末に公表しております「シカゴIMM」ポジションですが、通常は日本時間の土曜日に発表されるため、日曜日のブログ更新で書いております。今回は先日12月5日に行われましたブッシュシニアの国葬に伴う国民の休日の関係で発表が延期になっておりまして、日本時間で昨日早朝の発表となりました。 

IMMポジション(2018年12月04日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 32,717 142,483 -109,766 -5,442
EUR (099741) 144,859 205,635 -60,776 -5,705
GBP (096742) 43,935 83,685 -39,750 -600
CAD (090741) 38,736 51,672 -12,936 -4,306
CHF (092741) 17,913 37,708 -19,795 +1,273
RUB (089741) 21,001 10,643 +10,358 +146
BTC (1330E1) 1,898 2,874 -976 +2
金Gold (088691) 173,019 124,018 +49,001 +47,130
原油 (067651) 505,292 175,146 +330,146 -17,975

 

IMMポジション(2018年11月27日現在)
通貨/商品 Long(買建て) Short(売建て) Net(売買差引) 前週比
JPY (097741) 35,817 140,141 -104,324 -4,259
EUR (099741) 149,719 204,790 -55,071 -7,842
GBP (096742) 37,930 77,080 -39,150 +4,328
CAD (090741) 41,427 50,057 -8,630 -2,341
CHF (092741) 16,871 37,939 -21,068 -1,443
RUB (089741) 21,081 10,869 +10,212 +496
BTC (1330E1) 1,852 2,831 -979 +220
金Gold (088691) 156,779 154,908 +1,871 -7,025
原油 (067651) 511,679 163,558 +348,121 -19,066
(前週分を一見してわかりやすくしておくため、青字にしてあります)

 

過去のIMMポジション
fxse.hatenablog.jp

 

はい、来た!金(Gold)の前週比急上昇です。昨今の不安定な経済状況を考えますと、金が買われるのは時間の問題だと思っておりました。そんな私も9月中旬から買い支えておりました(笑)。

歴史を振り返ると、いつでも金は重要な資産です。想像もつかないほどの有事の際は円やスイスフランも信用できず、現物と流動性資産を兼ねる金に集中するのは今度も変わらないかと思います。いつ、そんな有事が発生するのか分かりませんが、金はやっぱり先物ではなく現物ですかね。CFTCのIMMポジションの話しなのに、現物の話しになってしまいました。

その金価格を上昇させる一つの要因として、最近の金採掘量の低下も少なからずあるわけでして、ちょっと前にも書いたのですが、金生産の主要国の一つである南アフリカでは、最近はもうずっと前年比割れの金生産となっております。その南アフリカの金生産の指標が昨日発表になっておりました。

南アフリカ10月
1830JST
前回値 結果
金生産
(前比)
-19.7%
-19.0%
-15.1%

やっぱ、金(Gold)買っとこ。

※金を買うと言う意見は、非常に個人的な見解です。


 

東京、非常に寒いです。遂に昨日、関東で今年初雪が降ったと言う事です。

そりゃ寒いわ!

https://archive.is/12cg9/21612570802a8a81d39bfa7941b3054eb5fecacd.jpg

tenki.jp

リンク切れ時 ⇨ アーカイブ

今日はお昼くらいから晴れるそうで、今日明日と用事がある私としては、是非晴れて欲しいと願っております。

そんな感じなので、明日のブログは淡白になる予定です。 


【おなじみさん限定】つづきは ⇨ こちら